Missing road -ミッシング・ロード-

Missing road -ミッシング・ロード-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
2
得点
1
評価数
3件
平均
1.3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
ミリオンコミックス B'sANIMA Series(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784813050292

あらすじ

罪人たちで構成された傭兵部隊。その一員として召集されたレオ=ブリードは、軍のやり方に懸念を抱きつつ仲間達と演習漬けの毎日を送る。そんなレオを密かに監視する冷徹な上司・ブリンストン。ある日、レオは格納庫で男のものを咥えるアイオンを目撃する。そして全てが仕組まれたものだと感じたレオは・・・。

表題作Missing road -ミッシング・ロード-

罪人の傭兵 レオ
上司 ブリンストン

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ぎゃぐ?

ぎゃくじゃないしゅしゅしゅさんの作品です。

SFファンタジーものっ

膨大なストーリーです。

ついていくのがやっとで、もう一回読み直しておお、そうだったのかぁとやっと納得できました。
シリアスでファンタジーで軍服です。

自分が理解力がないため、読むのが大変でした。

好きな人は好きな作品なんじゃないかなと思います。

ファンタジーもの好きな人は、是非読んでみてください。

2

なんか

ギャグ分野で名作を排出する櫻井先生。この作品は、ひとつのチャレンジだったと思います。
未来宇宙時代。人間ロボトミー的な、ジョージ・オーウェル「1984」的な怖いSF世界が舞台です。母星に非道の限りをつくされた指揮官ブリンストンが、傭兵レオを新兵器のパイロットにしたて、母星攻撃を試みる。パイロット養成の課程は、ほどSMプレイ。あと一歩で死ぬところまでレオを苦しめます。BLとしてあるまじき、救いようのない展開なのです。別にこれはこれとしてよいのですが、
別にBLでなくても…という気がしてなりません。
途中までは、そこそこよかったと思いますが、最後あっさりテンプレ的な終わり方は納得できません。せっかくここまでやるなら、もっと救いようなくするとか。うぅん、なんだか作者のひとりHというか。自分の好みの世界を強く出す過ぎてしまいましたね。
気持ち的にはよくわかるんですよ。ホント。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ