赤い呪縛

akai jubaku

赤い呪縛
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神14
  • 萌×27
  • 萌13
  • 中立7
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
23
得点
144
評価数
47件
平均
3.3 / 5
神率
29.8%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813011279

あらすじ

自分の魅力を知り尽くしている高校生・加藤日向は、ふたりの兄に甘やかされて育った。だが、日向の平穏で勝手気儘な生活は、次兄龍昇によって壊される。「俺はもうお前を、弟として見んのはやめたから」兄の龍昇がそう宣言した日から恋愛において、これまでずっと勝者だった日向の立場は逆転する。いけないことだと思いながら快感に流される。好きじゃないと思いながら龍昇のことが気になって仕方がない。安寧を得るはずの空間は危険極まりない空間になってゆき!?

表題作赤い呪縛

加藤龍昇,父違いの兄,23歳
加藤日向,父違いの弟,高校生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数23

苦手な要素が多いんだけど

紙の本の挿絵が気になるなー……の、電子書籍。Kindleアンリミテッドはどうも気のせいか兄弟モノを読むことが多くて、食傷気味な中での異色作。萌というのは違う気がするので神。長兄に言いつける場面が好き。もはや告白。ああ、あっさり信じるんだ。末っ子の性格からして長兄にばらされるのは予測してただろうに普通に会わせちゃうし、殴られてる最中も薄ら笑ってる真ん中。それを他人事みたいにみてる末っ子。なんだこの横からかっ攫われた感。必死なさくらちゃんの部外者っぷりが際立ってる所以は、こんなど修羅場の中でも阿吽な空気があるからで、なんかこう、兄弟だな。言葉やモノローグで説明するシーンが少ないので行動で心情をみるのが面白かった。

2

不思議と惹かれる作品。

評価が分かれる作品みたいですね〜。面白いなぁ。わたしは好きでした。湖水きよ先生が松田先生による原作をコミカライズした作品が結構好きな感じだったので、コミックだと少々物足りなく感じられた部分が小説だったらどう描かれているんだろうと思い、先生の作品に興味を持ちました。残念ながらその作品自体は小説版の刊行はされていないようですけど…。

異父兄弟もので舞台はほぼ二人の自宅っていう…。ドラマだったら超低コストですよね。その分、二人の関係性に魅力を感じられなければ苦痛以外の何物でもないってのは明白ですが。主人公は男三人兄弟の末っ子で高校生の日向(ひなた)。長兄で優秀な龍慶は大手企業の会社員で家を出て寮暮らし。次兄の龍昇は地元の建設会社勤務でガテン系。龍慶を除き、夜遅くまでパートで働く母親と三人で暮らしている。

ストーリーの性格上ネタバレせざるを得ないんですけど、まぁ、半分血の繋がった兄と弟の間で身体から始まってしまうパターンのお話で、理不尽ながら関係を重ねるうちに兄弟としての親密さを超えてしまうわけなのですが、わたしは作家さまが最終的に二人をどういうふうな関係に持っていくのかが気になっ続きて最後まで読み進めてしまったという感じです。予測できたエンディングではあったものの、個人的には好ましい投げ方だったので、これはこれでテーマ上モヤモヤしてた方がいいんだろうなと。

この兄弟達、結局のところすごく結束力が強くて、メインの二人は純粋に恋情で結ばれているように感じたんですよね。そのせいか近親ものなのにあまり嫌悪感を感じず、ツンデレ具合にも萌えられたんじゃないかなと思います。ただ、女性が絡んでくるので苦手な方は避けた方がイイかもしれませんね。。

2

愛情を感じ取れない…

んんんんー(;´Д`A
奈良さんの挿絵買いで兄弟モノが大好きなので、ワクワクしながら開いたのですが、想像とは全く違う兄弟モノでした。もうチョイ甘いのかと思ってた…。萌えた部分もあれば、趣味じゃないって投げたい部分も有り、モヤモヤします(´×ω×`)

受けの性格がホンット生意気なクソガキ系の高校生で、まず萎えました。苦手なタイプです。

序盤はお兄ちゃんの理性の限界に触れちゃってやらしいコトをされるようになって、弟は最初は嫌悪感いっぱい。家から逃げたくて、おつき合い中の年上彼女の優しさや癒しを求めてます。彼女に会いたい会いたいって言う受け。うーん。BLで見たくなかったような、新鮮なような。。。

んで、お兄ちゃん。弟がずっと好きだったのをとうとう我慢出来なくなって襲っちゃうのですが、最中に「可愛い」って零すのは愛情が滲んでて良いなーと思うものの、基本は愛情があるようには思えません。押し倒すのに、まず張り手して殴ってから上に乗っかってヤり始めて、タダのDVでしょ?っていう。(その描写2〜3回ぐらいあった)

そんで弟が快楽に引っ張られるようにお兄ちゃんに恋心を匂わすよう続きになったら、突然「実は3年前から付き合ってまーす♡」な彼女が登場してね…。弟への想いを断つ為に女作ってたんだろうけど、じゃあ殴ってまで弟襲うなよ!女で我慢しとけよ!!と萎えました。

そんなこんなでモヤモヤしながら読んでたのですが、個人的にキャラクターが傷ついたり悩んだりする姿に萌え属性があるので、兄ちゃんの彼女登場以降の受けがガッツリ傷ついてショックをうけてる様とか、弟を愛するコトを止めたいのに止められないお兄ちゃんの苦悩が見られて、後半は萌えました\(^o^)/あと、他の家族が居る家で隠れてエッチするシチュも良かった。

とはいえ、萎えたり萌えたり疲労感が…。
評価は趣味じゃない寄りの中立で。
読み返すのはキツイです。

2

甘くない

電子書籍、挿絵なし。
ガチ兄弟は嫌いじゃないけれど、龍昇兄ちゃんが弟の日向に暴力を振るいながら無理矢理手篭めにするのがどうも駄目でした。
弟が自分の思い通りにならないと、殴る蹴るですよ…
なぜ好きな相手にこんな容赦ない暴力を振るうことができるのか、全くもって理解不能でした。
そうこうしているうちに、弟の日向が龍昇兄ちゃんのことを好きになってしまったら、龍昇兄ちゃんは彼女と仲良くして日向を突き離しにかかる。
もう本当に酷いです。
相思相愛なのに、ラストまで行っても全然甘くない。
もっと二人の甘々な所が見たかったです。
でも、龍慶兄ちゃんが日向のために龍昇兄ちゃんをボコボコにするシーンは胸がスッとしました。

2

兄と弟の背徳世界

種違いの兄弟BLです。
兄に甘やかされ周りの人間にはちやほやされ蝶よ花よと愛でられて育った高校生の可愛い顔した弟受けと、受けとは似てもにつかない強面のお兄ちゃん攻め。
この弟はとにかく自分の魅力を自覚していて身もふたもない言い方をすると自分の容姿にあぐらをかいて割と調子に乗っているんですけど、その小生意気な弟が兄によって壊されほだされていくところがとても良いですね。ただ自分は好きでしたが、他の方も仰られているように暴力シーンもあるし近親相姦モノなのでひとを選ぶ作品だと思います。

1

暴力BL

暴力BLはこれが初めてでした。

半分しか血が繋がってない兄弟で余計に背徳的です。
そこに暴力が加わって萌えた……。

弟の日向は兄二人に甘やかされて育ちました。わがままで自分は可愛いと自覚してます。
そして、プレイボーイ(っていうのか?)人妻と付き合ったり、先生と付き合ったりと忙しい。

別れる度のゴタゴタは次兄の龍昇に助けてもらい、そのゴタゴタ解決がめんどくさい龍昇は先生と別れなきゃ兄弟の縁を切ると言います。
日向も反論して兄弟喧嘩になり、ある日龍昇から「弟として見るのやめたから」と言います。
そこから、二人の関係が傾いていくんです。

龍昇はずっと弟である日向に欲望を抱いて、それが暴走してしまう。
龍昇が乱暴だけど、何だかんだで日向にベタ惚れです。

龍昇とのセックスに溺れていく日向がエロくて好きです。
日向がわがままで甘ったれだけど、兄二人にそうなるべく育てられた感じなんで、嫌な感じはしない。
日向のわがままも兄二人だけにだし。(ほぼ、龍昇)

2

HP減ったー(汗

うーん、松田さん初読みなのですが、痛くてキツかったです。
たくさんレビューが上がっていたのも驚きでした。
デビュー作なのに、皆さん注目されていらしたんですね。すごい!
イラストが奈良さんという辺りも大きいのでしょうか。
この奈良さんのイラストは本当素晴らしいです。

********************
攻めは次男の龍昇、23歳。
長年日向に想いを寄せて(なんて小綺麗なもんじゃないですが)いました。

受けは三男の日向、高校生。
遊びまくり、問題おこしまくりの甘ったれ。
龍昇に手を出され、今までの価値観がひっくり返ってしまいます。
********************

種(父)違いでも兄弟。
うーん、読んでいてあまりに救いがなくて。
とにかく、序盤にはやくも日向は龍昇に襲われてしまっております。
殴るし、もう、ここでへこたれそうでした。

まあ長男はマトモでしたが、他の登場人物はいずれも…
龍昇の倫理観はいまさらなのですが、日向自身も潔白な子ではないのでいまいち同情や共感しづらくて。
簡単に楽な方、楽な方へと流れて行きます。
かと続きいって日向と対局になる龍昇の彼女、さくらもなあ…すんごい女の嫌な部分を見せつけられた感じで、普段は女性の出る作品は別に嫌ではないのですがひっじょーに!モヤモヤしました。
日頃から女性の出る作品が苦手な方は、よけいお勧めできません。

そして序盤の勢いはどこへやら、だんだん日向のベクトルが龍昇へと向かっていくのとは対照的に、龍昇の方は心情が読めなくなっていきます。
さくらを家に入れたりね。
葛藤などで情けなく悩む攻めってふだんは大好きなのですが、ここまで弟の道を捻じ曲げたのだから逃げるな!と言いたかったです。

とにかく、暴力的なシーンが多すぎてまったく萌えられませんでした(汗
よく調教などの作品で、最中は痛くても実は隠れた愛があった!というものなどは許容範囲なのですが、殴ってレイプ、その後も暴力的となると…
愛は確かにあったんでしょうけれど、そこに暴力がイコールされるのは理解できませんでした。
結局わたしは一番出番が少なかった長男、龍慶が好きだったということです(苦笑

3

人物の倫理観のなさが面白い

松田美優さんのデビュー作です。

デビュー作がほのぼのハートフルな作家さんだと、
「フーン」で終わり、その後チェックしないことが多いのですが、
この作品は違いました。なかなかの衝撃があります☆

義兄弟近親相姦モノです。
屈強ガテン系の龍昇(兄)×小悪魔チャラ系の日向(末っ子)です。

読み手が、まだキャラの人物像を完全に把握しきれていないような段階で、
龍昇に無理矢理体を奪われてしまう日向が、可哀想で可愛い。
頁数を見たら、まだ30頁台でした(はやっ)
心情描写を二の次にした序盤のスピーディさ、展開の早さはお見事で
つかみはOK感がすごかったです。

龍昇は迷いがなく、
ウサギを狩る虎のような目で、日向を常に視姦。
日向はぐるぐるしながらも結局陥落する、という王道展開ですが、
珍しいのは、攻めの龍昇に彼女がいるという部分でしょうか。
この人物がまた一筋縄ではなく、物語のスパイスになっています。

日向に執着しながら、なぜ彼女がいるのか?
なぜ、中盤以降は日向と徐々に距離を置こうとしているのか?
その理由は後半で一気に明らかになります。
続き
また、他の登場人物の倫理観のなさが面白さに繋がっています。
日向の不良仲間は、ヤるためだけに「女を調達」し、
その女子もアバズレで穴兄弟になってしまったり。
そして日向の元カノの女教師は、
日向に振られたとたんに他の教師と出来婚するなど、
脇役のエピソードは、ワイドショーを見ているようなリアル感があって、
(共感は出来ませんでしたが)面白みがありました。

でも、日向が、男性教師の財布を本人がいないところであさって、
得た秘密を面白半分に暴露するエピソードは嫌だったな。
主人公にこういうことをさせると、作品の価値が下がると思います。

最後に、奈良千春さんの「泣きべそをかいて龍昇を見上げる日向」の
カラーイラストは一見の価値があります。
この絵をいつでも見たいがために、この作品は手放せないと思います(笑)

中立と萌えの中間でしたが、奈良さんのイラストで萌×1評価☆

3

好みがはっきりしている作品です。

小悪魔末っ子・・・・。
どこからこの過ちははじまったのか。
母が一度目の結婚で失敗したせいなのか・・・。それとも二度目の男と子供を作ったところからはじまったのか。
末っ子を甘やかしてしまった家族の過ちなのか。
種違いの末っ子を愛してしまった次男坊と突然兄から性的な行為をされ戸惑う末っ子。
なんともリアルな末っ子魂に好き嫌い別れる受けだと思います。

女遊びの激しい末っ子は見た目も中身も甘ったれ。次男でる龍昇がその尻ぬぐいをするはめになることもしばしば。
学校の女教師と付き合いだした日向(末っ子)にキレる龍昇は「女教師と別れなければ兄弟の縁を切る」といいはなつ。
そんなことで別れるつもりもなくそのままにしたらある日突然龍昇に性的行為を無理やらされてしまう。
困惑しながらも体が甘い誘惑には勝てず龍昇に女にされてゆく。女教師のことなど想える立場などなくなってしまい別れることに。
そんな時アルバイト先に客としてやってきた女が龍昇の彼女だとしり呆然とする。
行為の最中は「好きだ」と繰り返し愛をささやくのに終わるとそんなこと嘘かのように冷たい龍昇。
龍昇を嫌いになれない自続き分と彼女に嫉妬している自分に気づき嫉妬のあまり龍昇との行為を彼女に見せつけようとする。

この彼女もすごい。龍昇の彼女なだけあって近親相姦目にしても「あんたが龍昇をそそのかしたんでしょ?」とビッチ呼ばわりで別れないと言い放ちます。

龍昇も日向を好きとかいいつつ家に彼女をあげ母親と仲良くさせたりと意味不明な行動・・・。
どうにも日向は振り回され気味でこの攻めも何がしたいの??と最後の最後で「あぁ」となります。
血がつながっていたからこその愛憎。
長男にいいつける日向には唖然ですけどねぇ。小悪魔末っ子は拗ねるとなにするかわからん。
次男もですけど(笑)
ん~。ちょっとリアルな人間像にぞぞぞっとしてしまいました。

2

なんじゃこりゃ

ガチ兄弟。
近親相姦です。
すごく大好きなテーマですがダメでした。
まず兄弟でSEXしているのにもかかわらず
彼女ができちゃいます。
女が出てくる作品がダメな人は評価が分かれます。
私は合わなかったです。
変態チックなSEXは読み応えがありましたが
彼女の気持ちを考えると複雑です。 
兄弟で堂々と盛っている所を見せられたら
おかしくもなりますよね~。
なんかすごい心に残る話でした。
いろんなBLがあっていい。
松田先生の作品はぶっ飛んだBLを読みたい方にお勧めです。


3

口絵に萌え

本編を読む前に、口絵の時点でとても萌えました。
涙目の可愛い子がガタイの良い男を見上げてるのがたまりません。

この作品は異父兄弟の近親相姦ものです。
いや~面白かった!受攻共にキャラが素敵です。
受けの日向はとにかく可愛い。我儘で女性にだらしないけどどこか憎めない。
攻めの龍昇は強引さが良いですね。日向が好きすぎて我慢できなくて無理やりやっちゃうんですよ。最中にちょっと余裕なさそうなたまらん!
長男の龍慶が実家に帰省していたときのエッチシーンがお気に入りです。中途半端なところで投げ出されて涙目の日向に萌え。その後の3ショットが奈良先生の挿絵もあってさらに萌え倍増!

龍昇の彼女が出てからはちょっとモヤモヤ。当て馬として付き合ってるわけでもないんですよね。自分から日向に手を出しておいて、日向の気持ちが自分に向いてきたら避け始めるなんて。龍昇ずるいな~。
でも龍昇の方が片思い歴長いですしね。日向もこのぐらい悶々して丁度良いのかも。

強引攻め、体格差萌えの方におすすめです!

2

何もかもがツボりました。

わぁ、面白かったー!
ふらりと手に取ってみて、あらすじと奈良さんのイラストが綺麗だったので購入したのですが。
なかなか好みのお話でしたー。

龍昇と日向は異父兄弟。
もう1人龍慶という長兄がいるが、家を出てて。
三男ということで何かと甘ったれに育ってしまった日向は女関係とかいざこざの度に龍昇に泣きつく始末。
そんなある日、龍昇が豹変して…。

はじまりは一歩的な有無を言わせぬ暴行。
そして、暴行に次ぐ狂行。
日向の意思もないままに繰り広げられる龍昇の行為。
怯えながらも徐々に馴らされていく躰。
馴染んだ頃になって突き離されて。
日向の中に残ったやり場のない感情。
その先を思い苦渋の決断をする龍昇。

何もかもがツボりました。
絆されるように堕ちていって、結果的に必死に縋るようにまでなってしまう日向。
龍昇が必死の抑えようとしている気も知らずに、若さだけで、その若さゆえの狡さで相手が苦しむことになろうとも自分の気持ちを優先させてしまうワガママ。
なんとか破綻しないように押し留まろうと必死の龍昇。
暴行に対しての言い訳?もなんというか断ち切るための続き1つの手段でしかなくて。
決して、続けようなんて思ってのことではなく。
全てを終わらせるための行為で。
しかし、そこで芽生えたものや、断ち消せないものが残って。
全てを犠牲にしても、結局は、甘やかし続けた可愛い弟の言葉に乗ってしまうんだなぁ。
この先は龍昇にとっても幸せな日々であればいいなと思いました。

3

お兄ちゃん、なんで?

奈良千春さんの表紙ということで読みました。
この作家さんも初めて読みました。
決して嫌いという程ではないのですが・・・、私の萌えのツボにはちょっとズレてた感じです。
攻めが長年弟が好きで、弟に対する感情を抑えていてという所はとても好きなシュチュエーションなんですが、どうしても好きになれない所が多かったです。
例えば、事に及ぶに至っていうことをきかすために殴ったりとか、彼女を家に連れてきて(まあ彼女が押しかけるんですが、それを結局許してる)弟に見せ付けるように二人でよろしくやってるところとか、彼女と同居すると言い出して弟を苦しめてるところとか。
これは弟の気を引くための兄の作戦なんだろうかという気もしたんですが、そうでもなさそうだし。まだそうだったらこの作品をもっと好きになれたかもしれません。
禁忌を犯して嫌がる弟を抱いたくせに、なに、この扱いは?彼女を選ぶならなぜ弟を抱いたんだ?という疑問がついて回ってしまいました。
兄の葛藤や気持ちが余り書かれていないので、その辺りをもっと読みたかったなという気がします。

4

主人公がちょっと・・・

異父兄弟ものの本作。
近親ものではモラルや背徳感で悩むのが多いですが本作はあんまりモラル感が感じられません。モラルが欠如している高校生(三男 日向)とガテン系次男、龍昇のお話です。三男の日向視点で描かれていて彼が主人公だと思いますが、モラル感のなさにはあまり共感できませんでした。
悩んでいても解決方法を考えても、なんとも自己中心的な感じで私は好きになれませんでした。
話はおもしろくないわけではないですが、読後感はイラっとしました。

2

後半の面白さが半端ない

すごいパワーのある作品だなと思いました。強烈。
近親相姦モノです。
兄攻めで弟受け。
キャラクターの性格づけと前半の王道的な展開、後半になってからの王道を裏切る超展開に、ハートを鷲掴みにされました。
正直私は凌辱的なエロ描写の多い小説は後半になると飽きてきて流し読みになっちゃうんですが、この作品は最後の最後までゾクゾクしながら読みました。
どのセックス描写にもストーリー上の必然性があるのですよ。

ボカスカ殴られる受けっていうのも新鮮で良かったw「過ぎた快楽」とやらで従わせるより、こんなふうに圧倒的な力の差で押さえつけて従わせるほうが、私は好きです。
また、弟くんのほうも、やられっぱなしの性格じゃないっていうのがいい。
男同士はこうじゃなきゃねーw
兄が力づくなら、弟は力技というのでしょうか。
後半になって揺れはじめた兄を繋ぎ止めるために弟が取った行動の数々が、私、大好きです。なりふり構わないんだけど、ちゃんとギリギリの場所でこずるい計算もしてるのだ。モラルという意味では最低ですがw

終わらせ方も良かったです。
この先にも色んな修羅場が待ってるのが見えるラスト。
いろんな問題を解決し続きてしまないところが良かった。

3

イラストにイチコロです

小説を選ぶのね、作者でなくイラストで選ぶ私の、ツボです奈良先生は本当にカッコイイ二人に、胸がドキドキです。
日向の純粋な所と小悪魔みたいにひとに媚てるところ、かまってあげたい、兄弟ならなおさらかな?
それに、年が離れていて、片親だけの血のつながり、アイテムはバッチリですね。つい兄がほだされる、アリですね。
また、兄の龍昇はワイルドをきどって、乱暴に接するが裏腹かわいくてたまらないという、なかなか気持ちの消化ができない男ではないかな?
初めての、交渉のときのチェーンの絡まったうで、開かれた足・・・・・ふふ!
とにかく、読んでよかったでも、ちょと現実きついお話ですな。

1

ギャー近視相姦!

「つーか俺はもうおまえを弟として見んのやめたから」
やめないでくださいお兄さん。
BLってだけでも禁断なのに大混乱です。
日向、なついてた分いきなり豹変?したお兄さんに逆らいきれないじゃないすか。
次兄の龍昇の積年の狂おしい想いなんか全く知らないから「なんでだよっ」て
しかもこんな時にはストッパーにいて欲しい長兄は地元にいないし
日向は女の子にモテタイプのイマドキな17の男の子ですよ。
なんでそこまで!?な特別なエピソードがいちいち無い分もう理屈じゃないんだろうな・・
身も心も奪われていく日向の心の変化
キャラが一人一人丁寧に描かれて様々な角度からの人間ドラマがスゴイです。
日向が大事に思っていた年上の女性。
日向を抱いても続く龍昇と彼女の関係。
大事な弟を犯されたと憤る長兄。それに対し兄としても日向を思う龍昇の告白が痛々しいです。
しかし既に心傾いた日向の龍昇への気持ち。
愛の言葉がこんなにも残酷で極上に感じたのは初めてです。

間違いなく松田さんは著作品こそ少ないけどBLという枠を超える作家さんです。
重い!暗い!のに目が離せません。
文章力もか続きなり高いと思われ、一つ一つの情景が映画のワンシーンを見ているかのよう。
放心してる日向が縁側でアイス食べながら無意識にしているところとか好き。

そして作品のイメージぶち壊すようで申し訳ないですが
日向の「兄ちゃん!」呼びに萌えた~!!
スイマセン・・・

2

タイトルとラストが秀逸

登場人物の誰にも共感や好感が持てなかったのですが。
作品の荒廃した雰囲気や力強さには心惹かれた作品です。

主人公・日向の平穏な日常生活が、
兄・龍昇に襲い掛かられ一転する。

恐らく龍昇は長い時間をかけて、
美しい弟への禁断の思いを育ててきたのでしょうが。
日向目線で描かれている物語なので、
その辺りが全く描かれていなかったせいか。
龍昇の行動、倫理観のなさ(苦悩の素振りのない)が、
不気味で仕方がありませんでした。

そんな龍昇から逃れようとしつつも、
次第に兄の事しか考えられなくなっていく日向。
互いに相手に寄せる激しい執着は、
切なさやときめきとは程遠く、ただただ息苦しい。

そして終盤、逃げるだけだと思われた日向の変化。
最終的に相手を支配したのはどちらなのか。
この辺りの逆転劇がとても面白かったです。

1

次兄 龍昇×弟 日向 (/ω\)

これは~もうもう
近親相姦もの&奈良先生のイラスト(この頃の奈良先生にどっぷり嵌ってました)で購入した作品。
表紙からして 惚れぼれ\(*T▽T*)/カッケーー♪

日向は、三男だけあってもう自由奔放な感じで二人の兄からも
母親からも甘やかされて育てられただけあって問題児です。
特に女関係で、龍昇にいつも助けてもらっていました。
が、ある日突然  
龍昇は 日向の事大好きで×2 我慢できなくって抱いちゃっうんですよね~
もうもう~
龍昇のオラオラ鬼畜っぷりが最高にドンピシャでした~♪
最初は抵抗&反発しながらも 龍昇に懐柔されてく日向。

日向が
母親がパートから帰ってくるからと
抵抗しながら抱かれちゃう場面はかなり萌えました。
この時 抵抗しながらも悶える日向を見たくって 
いつもより母親が帰るのが遅くなると龍昇は連絡受けていたのに
日向には言ってなかったんですよ~(*>艸<)  

日向の事を思って関係を止めようと龍昇は彼女を作ったり
長男が二人の関係を知って(日向が嫉妬して バラスんですが・・)
龍昇と大げんかになったり
この辺の 
続き
龍昇の禁忌を犯しているという葛藤と日向への執着

日向の狡賢さと純粋な感じがとても面白かったです。

最後はどういう風におさめるのかと思いましたが・・・・・
かわいい顔してるのに日向の方が男前だったな~(-。-)y-゜゜゜
奈良先生の挿絵はもうどれもこれも最高でした(●´ω`●)

大洋図書のHPで
その後のかなりあまい雰囲気のSSが読めますよ♪

2

エロい。弟を好きすぎておかしくなってる兄が最高。

長年弟のことを好きだった為兄が壊れます。
「好きで好きでどーしたらいいか解らない!!!」って感じで兄が弟を襲い始めるのですが、襲ったものの兄も葛藤してる為許せます。
ヤられた弟は兄を怖がってたものの、だんだん兄の執着心のすごさにほだされていきます。

ここで兄に女が登場。BLに女が出てくると引きますが、最後には女は捨てられるので大丈夫でした。でも女はいや~なヤツです。
女の目の前で堂々とえっちしてる兄弟に萌えますっ!スカッとします。

いきなり弟を襲い始めたり、弟をあきらめる為に女とくっつこうとするわ、最低な兄のように思えますが、「弟を好きすぎて俺おかしくなってる・・・」と自覚してるのでなんか可愛い。
自分をコントロール出来ないほどの【愛】って本当はヤバくて犯罪臭いけど、逆に情熱的で素敵vvって
思ってしまうのは、愛に飢えてるからだろうか・・・・

えっちがエロいです。奈良さんの絵が見事すぎますっ!

禁忌を犯したくないと思いつつも激しいまでの執着愛。
弟が振り回されてかわいそうだと思いきや!
ラストのページで。。。。なるほど~そうきましたか。
続き好きです!松田さんvv
兄弟もの好きな方にお勧め♪

1

強烈なデビュー作

萌萌萌。(MAX:萌萌萌:めちゃオススメ)
オラオラ系次男の龍昇×甘ったれ末っ子の日向の禁断の恋です。
(ストーリーを要約しようとしたらこの一文で済んでしまった。笑)
松田さんはこれがデビュー作だそうですが、とにかく勢いがありました。
面白い面白くない、上手い下手を飛び越えておそろしく印象に残る作品です。

兄弟ものも好んで読むのですが、面白いなあと思ったのはこの二人のラブのパワーバランス。兄がほとんど力業で弟の体を手に入れるのはよくあるパターンです。
この話もそこは一緒なのですが、日向が龍昇のことを意識しだした中盤からの逆転劇に、いい意味で驚きました。

それを可能にしてる日向のキャラクターがね、いいんです生意気で。
自分の容姿と人なつこさを武器に自由気侭に過ごす、年上の人に甘え気質なちょっとタチが悪い高校生の日向。
龍昇はいかにもニッカポッカの似合うにいちゃんで、日向のことも平気で殴るくせに、結局は弟を甘やかす兄。
この二人の、追いかけ追いかけられの、意識下の駆け引きがたまりませんでした。

松田さんの後の出版物にも共通する、オラオラ系、今時の高校生、禁続き断というテーマがここに極まれりといった感じ。
視点があちこち飛んだりして読みにくい面も多々ありますが、作者さんがコレを書きたい!という作品は、やっぱり技術云々関係なしに不思議な引力がありますね。
一筋縄ではいかない禁断の兄弟もの。
好き嫌い別れそうな作品ですが、私は好きです。
奈良さんのイラスト、びっくりするくらいキャライメージそのままでした。

あ、大洋図書さんのHPでその後のSSが読めるので要チェックです。

2

兄の執着と弟の依存

密かに弟を想い続けていた兄がある日爆発し、その波紋は恋人や家族にまで及んでゆく・・・

王道な展開なのに飽きさせずに読ませるのは、キャラクターの魅力でしょうか。
イマドキ男子高校生な弟・日向とガテン系の兄・龍昇が、めちゃくちゃ色っぽい!
奈良さんの絵と相まって、龍昇、雄のフェロモン垂れ流しすぎ・・・
喧嘩をすると容赦なく日向のこと殴ったりするのに、えっちの時は愛おしさを隠さないんですね。甘い・・・というより熱い、龍昇の台詞にぞくぞくします。
あんなオラオラ兄ちゃんがずっと弟に悶々としていたなんて・・・たまりません。
甘い台詞を日向に囁くくせに彼女とは仲良かったり、わざと家族の傍で隠れて日向を抱く龍昇に、振り回されながら深みにはまってゆく日向は悩ましかったです。

兄弟モノのなにが好きって、付き纏う背徳感とか、そこはかとなく漂う後ろ暗さなのですが。
私はすごく満足です。兄弟モノはドロドロしていてほしい。
強引だった龍昇がたまに見せる弱さと、物語終盤の日向の狡猾さが、個人的に最大の見せ場です。

1

ちょっとイラつく近親もの

兄×弟ですが正確には次男×三男。
日向には2人の兄がいます。長男の龍慶(日向と10歳差)と次男の龍昇(日向と6歳差)。そして三男が日向。
3人とも母は一緒ですが、日向だけ父が違います。なので逞しく男らしい兄2人に比べ、色白で見たも華奢な日向。
父はいなく、長男の龍慶は社員寮に入っていてめったに家に帰ってこないので、家には日向と龍昇と母だけ。
そんなある日、日向は龍昇に「俺はもうお前を、弟として見んのはやめたから」と言われ無理矢理抱かれてしまいます。

龍昇はオラオラ系、日向は17歳なのに金髪なヤンチャ系。
兄弟萌えは十分ありました。エチ度も高かったと思います。龍昇は日向と2人きりになるとすぐ手を出すのでw
龍昇はずっと日向が好きだった、いわゆる兄が弟溺愛な話だったんですが龍昇の行動にはちょっとイラっときました(^_^;)
そのとき日向には彼女がいたんですが、龍昇に何度も抱かれ意識しはじめ、結局彼女と別れてしまいます。
な!の!に!当の龍昇は日向から逃げるような行動をとります。
確かに兄弟だからとかいう葛藤があったんでしょうが、それじゃあまるで体目当てだったんじゃな続きいかと思われても仕方ないんじゃ…。
最後の最後までイライラしてしまいましたw

長男もでてきますが、長男は日向にその気はないみたいですw
でも優しい兄ちゃんでした!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ