いっそもう、くどきたい!

isso mou kudokitai

いっそもう、くどきたい!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×23
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
46
評価数
14件
平均
3.5 / 5
神率
28.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784048539517

あらすじ

僕たちは愛し、愛されて生きるのだ高校教師の鮎川は教え子の日野といつしか相思相愛に。しかし、超お坊ちゃまの鮎川の恋愛感覚は並でなく…。他、日野の友人・土屋と女の子大好きの三国のトンデモ恋を描いた表題作収録、待望のコミック化!

表題作いっそもう、くどきたい!

土屋,高校生
三国,高校生

同時収録作品彼氏ならいかが?

日野,高校生
鮎川,男子校の教師

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

可愛い!

三島先生の作品で一番好きな作品です。
この先生は本当に受けに見えて攻めっていうギャップがあり、わかっていながらもギャップに萌えてしまいます(笑)

お坊ちゃま高校生と先生のお話では、お坊ちゃまの日野くんの精一杯の愛情表現が違いすぎて可愛かったです(笑)先生がたまご好きと知ったら、先生の家の床一面たまごが敷き詰められて・・・これを見た先生はからかわれてると思ったりと・・・でも、日野君が一生懸命だったことを知り最後はちゃんとラブラブでした♪
日野君のヤキモチやいたりと可愛いところがいっぱいで、攻め受け両方可愛かったです。

表題作、日野の友人土屋くんと三国くん(ミクミク)のお話
これは、もう・・・可愛すぎる!!
おっぱい星人のみくみくが、土屋くんに告白され気になって気になって振り回されてます(笑)
土屋君の無表情での会話では笑ってしまうところも多く、思った事もストレートに言ったりもするけど、皆に「みくみくは俺だけのもの」って言えない歯がゆい感じだったりみくみくに嫌な想いをさせたくないから・・・と本当に土屋君はみくみくが大好きなんだって思いました。みくみくも流されるだけじゃ続きなく、ここぞという時しっかり男らしかったりして本当に素敵カップルでした。

1

読みにくかった。

綺麗でお金持ちな世間ずれしている生徒に翻弄される
先生。

先生のバックに出てくるお花。
ちょっとつぼでした。
目元が強烈なのは
何作品読んでも落ち着かないものの、可愛いキャラのおかげでそこはどにか乗り切れた。

先生は恋愛に良い思い出がなく
自分は学業をがんばればよいと
勉学に勤しみ教師になったという
くだりがあるのですが
その割に純朴。
恋愛に憧れを抱いている
精神年齢が子供な感じです。

ピュアと受け取れれば楽しめる
作品だなと思いました。


1

甘々☆

細かく分かれてはいるけど、
大きくみて2つのストーリー。

どっちのお話もすんごいかわいかったw

最初に入っているストーリーの方は
恋愛がダメダメだった人生を送ってきた主人公が
男子校の教師になり、
その教師としての一生懸命さが評価されて
おぼっちゃまに惚れられるってストーリー。
おぼっちゃま達の普通じゃないアピールや言動が笑える。

表題作のストーリーは前出の作品の友人が主人公。
コノ子も飄々としてて感情をあらわにしないので
かなり解りづらい。
でもソレがまた面白くて笑える。
笑えるんだけど、笑うばかりじゃなくて
ちゃ~んと悩んだり落ち込んだりの場面もあって
とっても面白かった。

どっちの作品もあまあまですw

1

みんなみんな可愛い

登場人物、みんながみんな可愛いです。
三島一彦さんは、キャラの欠点の作り方が上手い漫画家さんだなァと思います。
欠点がそのまんま魅力になってるんだよね。

『彼氏ならいかが?』
生徒と生徒、年下攻めです。
年下攻めは、三島さんお得意の天然バカでストレートなお坊ちゃま。
年上受けは、キスもしたことがない童貞。
童貞に久しぶりに萌えました。
エッチするところまで読みたかったよー!

『いっそもう、くどきたい!!』
表題作。
同級生同士のカップルです。
攻めと受け、逆っぽいところに萌えました。
無口で無表情な攻めに振り回される受けが可愛かったな。
描き下ろしでの、攻めのビミョーな腹黒さにも萌えました。

ずっとニヤニヤできて、ほんわか幸せな気分になれた一冊でした。

2

かわいいー!

三島さん作品の中で一番好きvv
年下攻めがお上手な作家さんですが、その魅力がこんなところにも活かされてました。
やっぱりこの方の描かれる攻めは最高にかーわーいーいー!!

表題作は同級生モノですが、それと微妙にリンクしたもう一作品はお得意の年下攻め。こちらも可愛かったです♪
お坊ちゃま高校生×高校教師。

でもやっぱり表題作の方がイイ。
表題作は 三島さんの作品の中では珍しく
「ホモに抵抗がある子」が受けvvv 
受けの三国くん(黒髪の方)はむしろ女の子大好き、おっぱい好きな軽いノリの男の子なんですが、うーんオイシイ。
こういう子が受けって たまらんです(笑)

攻めの土屋くんの方がどちらかというと乙女顔でカワイイんです。
でも、「お前、喰わせてよ」と言い放ち、ノンケの同級生を押し倒すツワモノ(笑)これがギャップ萌えなのか…

何を考えてるか解らない攻めに振り回され、いつの間にか好きに…
ストーリーは王道なんですが、キャラ作りが良かった。
出来上がった2人の関係 も浅いように見えて奥が深い…。
楽しく気軽に読めるコメディタッチBLですが、ずっと片想続きいしていても伝えられなかった切なさ、三国くんのことを想うと 公言できない男同士故の難しさとか うまく描かれてる…スゴイ!
重くない程よい切なさが安心できます。本当ピュアでかわいいー。
たっぷりキュンキュンさせてくれる作品でした。

2

いっそもう、くどきたい!レビュー。

最初に読んだ三島作品がコレだったので、無口なクールビューティと女好きだったのにいつの間にか男に夢中って感じの王道青春BLがお得意なのかなーって思いました。だけど裏では年下攻界に革命を起こしておられたよ…!

内容は「お金持ちな生徒×モテない先生」の話と「天然無口くん×オッパイ星人受」という2組のカップルの話です。2つの話はリンクしてて、読み易くなっています。

表題作は天然無口×巨乳好きの受の話。受っぽい感じの子が攻ってのが良い。表紙、黒髪の強気そうなヤツが受なんですよ。このギャップが三島さんらしいと思う。
土屋…黙っていると美人。喋ると可愛い上に歯に衣着せない。素敵なキャラでした。これじゃあ三国がメロるワケです。

そして日野くん×鮎川先生。
学生時代に女の子関係で散々な目に合わされた先生。なら「オトコならどうよ」と、男子校の先生になります。不器用さともどかしさが良い!
三島さんの年下攻作品を語る上で欠かせない一冊だと思います。学生好きの方にもオススメ!

1

駆け引きの裏表

評者が知る限りでは三島さんの描く恋愛と言うのは
何処かに救いと癒しが存在するものでした。途中経過で
色々と存在は致しますが。
この表題作も最後まで読まなければそう言う風に
受け止めていたでしょう。同級生同士なのだから
明朗さも加わったコメディーとなっているのだろうと。
迂闊にもそう思って読み進んでいた筆者は実に
甘かったのかも知れません。
最後の最後の描き下ろしでさらりと明かされた手の内に、
思わず口頭で「やられた」と呟いておりましたから。

併録作は暴走する年上受と更に暴走する年下攻の
歩み寄る様を描いたコメディー。
大暴走の作品ですが表題作を読み通した後だと
こちらの方が清涼剤と感じるから不思議です。

1

ボインちゃん大好き

な、三国くんが、落とされていくお話です( ´∀`)σ)∀`)

ヤンチャで、女の子大好きで。
ワイワイ仲間としてる三国くんが。
いつも歩ツンと一人で。
無表情で。
小柄な土屋くんに、おちょくられつつ口説き落とされていく様がこっけい・・・・非常に可愛い。

無表情で、「早くケツにつっこみたい」とサラリとぬかしてくださる土屋クンも只者ではないと思いますが、それがまた面白い。
あんまり、かまってくるから、自分の傍にいるのがあたりまえとおもっていたら、とたんさらりとそっけなくて。
それが気になって仕方なくて。

キャラクターも話の作りも文句なしに良い( ´∀`)bグッ!
三国くん大好き。


ちなみに。
【彼氏ならいかが?】
は、学生時代女の子関係で散々な目に合わされたがために。
「オトコならどうよ」と、男子校の先生になっちゃった可愛そうな先生の話。
性的な好みって、そんなもんで変わるのか??
と、思わなくも無いですが、本人がいいのなら私はいいと思う。
コイツはいつもの年下攻。

どっちかっていうと、同世代の方が好きかも。
三島さんの漫画(ぇ続き

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ