エレベーターで君のとこまで。

elevator de kimi no tokomade

エレベーターで君のとこまで。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
8
評価数
4件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784877245276

あらすじ

高校卒業時の「絶交」以来、音信不通だった元親友同士が7年ぶりに再会した。
長身に見合わぬ乙女心を持つ能島平は少女漫画家、身長は華奢だが男前な窪田修里はIT会社のサラリーマンになっていた。
絶公中もずっとずっと修里に片想いしていた平。
その愛は修里をモデルに漫画を連載するほどで、平は再会を機にどうにか関係を修復、そして恋人へと進展したいと考えるのだった。
一方修里は、そんな平の想いを初めて知らされて戸惑い…。

表題作エレベーターで君のとこまで。

能島平,人気少女漫画家,25歳
窪田修里,平と高校時代親友だった会社員,25歳

同時収録作品社長さんのお気に入り

大庭憲太郎・IT企業社長・30歳
斎賀珠紀・漫画家アシスタント兼マネージャー・26歳

その他の収録作品

  • 恋の振動
  • あとがき 鳩村衣杏
  • あとがき 笹生コーイチ

評価・レビューする

レビュー投稿数4

同時収録作推しで。

「エレベーターで君のとこまで。」
素性を隠して超人気少女漫画家になった同級生との再会愛。
主人公は新興IT企業で働く修里(しゅり)。会社が大きくなってきて社屋のお引っ越し。そのビルの5Fに入っていたのが、超人気漫画「ラブ❤︎バレ」を描く漫画家の事務所。
その主が、高校卒業と共に絶交した友人能島平(のじまたいら)、ペンネーム「たいら真以」だった!
絶交の原因は誤解で、平の思いがけない恋の告白や自分も平が好きな事など、混乱して口を開くと喧嘩腰になってしまうすれ違い。
でも、高校時代は口下手で大切な事は言えなかった平が、今は修里への恋心を隠さず伝えてくれて、修里に襲いかかった空巣犯ともみ合って怪我をしても修里を助けてくれて、修里も遂に素直になります。ノンケの修里がすぐ平に絆される部分はちょ〜っとご都合かもしれない。

「社長さんのお気に入り」
これがすっごく良かったんです!
こちらは、修里の勤めている会社の社長大庭と平のアシスタント兼マネージャー珠紀がCPになるお話。周囲もホモといういかにもなBLあるある展開ではある。
ですが、クールで仕事のデキる珠紀が天真爛漫な大庭に心続き溶かされていく過程が激萌え!
ただ、もっと年の差があった方が良かったかもしれません。

「恋の振動」
平x修里その後。
Hで、優しい平は全部は挿れない。それを悪いと思っている修里がバイブを買ってお尻を拡張しようと考えるというお話。仲の良いお2人です。

2

2カップル入ってます

連作で2カップル入ってます。

最初は高校時代の親友同士再会モノ。
会社の引越しで新しく入ったビルで、別フロアに挨拶周りをしていた修里〔受〕はかつて絶好宣言をした友人、平〔攻〕と再会します。
平は実は学生時代からずっと修里の事が好きだったのですが言い出せず、今は人気少女マンガ家で、そこに仕事場をかまえ修里をモデルにした漫画で人気作家となっている。
学生時代のちょっとした勘違いからのすれ違いが誤解だと判明し、改めて平は自分の気持ちを修里に打ち明けるのですねー。

もう1カップルは平のアシスタントでマネージャー的仕事も兼ねる珠紀〔受〕と、修里の会社の社長、大庭〔攻〕との話。
大庭はお金持ちなのに、ご馳走してくれるのは自宅でのお好み焼きだったり、暗い所が怖い珠紀に大量に光るペンをプレゼントしてくれたりとちょっとズレてるんだけどその大庭の優しさが珠紀には嬉しかったりするんですね。
珠紀は今はアシスタントだけれど本当は自分の漫画を描きたいという夢もあって、けれど自分の実力も分かっている。
でも原作の話は折角なんだし受けてみても良かったのになーとか読んでいて思いました。

続き毛色の違う2カップル話で、長さ的にも丁度いい按配でした。

1

アホの子は好きだけど

受けは天然入ったアホの子、でも攻めまでオタクというか、アホの子系で、アホアホすぎて、お似合いかもしれないけど、わたしはついていけませんでした。残念。

0

少女マンガ家の同級生

高校卒業と同時に音信不通の同級生、平と再会した。
いつの間にか、社長をしていた平。
なんの会社の社長かわからずにいたが、マンガ家としった時、平のマネージャーをしている人が気になって自分の気持ちを素直に打ち明けれずにいた。
平も自分のマンガに修里をモデルにした作品や、修里の会社の社長が、やたら修里にちょっかいを出す仕草に嫉妬していた。
恋人になり、二人の関係をいい方向へ、導きだす。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ