波瀾万丈で行こう!

haranbanjou de ikou

波瀾万丈で行こう!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
0
評価数
1件
平均
1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
コスミック出版
シリーズ
セシル文庫(小説・コスミック出版)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784774720814

あらすじ

長瀬修司が野村文央に一目惚れしたのは大学一年の春。
六年間、口説きに口説き、同じ会社にまで就職してやっと手に入れた。
だがベッドを共にしたのは一夜限りで、呆然とする長瀬を残し、野村はあっさりニューヨークへ転勤してしまう。
そして一年。
やっと帰ってきたと思ったらなんと金髪で青い目のたくましい男をひきつれていて!?池戸裕子が初期の傑作を大幅修正して贈る、猪突猛進ダイナミックなリーマン・ラブストーリー。

表題作波瀾万丈で行こう!

長瀬修司,野村を追いかけて同じ会社に就職
野村文央,一夜ベッドを共にしただけで転勤

評価・レビューする

レビュー投稿数1

つっぱしりすぎだと思うんですが…

 長瀬修司が野村文央に一目惚れしたのは大学一年生の春。
 それ以来、長瀬は大学の四年間、口説き続け、それだけでは諦めきれず、同じ会社にまで就職してしまった。そして、そこから二年――六年目にして、やっと野村に受け入れてもらうことに成功する。
 だが、ベッドを共にしたのはその一夜限り。翌朝、目覚めると野村は「俺、ニューヨーク支店に転勤になるんだ」と言い残し、呆然とする長瀬を置いて、あっさりとニューヨークへ転勤していってしまう。
 そしてそれから更に一年――放っておいたら、一週間も十日も、メールも電話もよこさない野村との遠距離恋愛に長瀬は耐え続け、ようやく、野村が日本に帰ってきた。ところが、やっと帰ってきたと思ったらなんと、金髪で青い目のたくましい男をひきつれていて――。

 そんなお話。
 とにもかくにも、全てにおいて突っ走り過ぎな感が否めないです。
 そもそも、長瀬が猪突猛進なタイプで、思い込んだら一直線な感じの性格をしているので、ある程度はしょうがないんだと思いますが、何もかもが唐突。
 野村が連れて帰ってきて、野村を狙っていたはずの外国人がいきなり、長瀬のことを好きに続きなったり。
 取引先の社長の機嫌を直してもらうために、三階の部屋から飛び降りてみたり(それってある意味の脅しなんじゃ……)。
 それでけがをしてなかったり。
 せっかく二人が仲直りしたと思ったら、今度は長瀬の側が大阪に転勤になったり。
 本当にもう、何もかもが勢いで成り立っていて。
 で、一冊の本にまとめるにはいろんなことが起こりすぎていて、正直、ボリュームが多すぎたような気がします。
 まさしく、これはBLファンタジーというのでは……?

 まぁ、これは作者さんが大分前にお書きになったものの大幅修正したものらしいので、突っ走ってる部分は、「まぁ、若さかな」で流しておくしかないような気がします。
 この人の他の書いたものは結構好きだっただけに、ちょっと残念でした。

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ