玄人童貞

kurouto doutei

玄人童貞
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
45
評価数
14件
平均
3.3 / 5
神率
7.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH mania COMICS~ガッシュマニアコミックス(コミック・海王社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784877244569

あらすじ

エロスの天才とされている麻井くん。しかしホントは童貞で武勇伝も作り話であることは絶対の秘密。ところがライバルの小峰くんに秘密がバレてしまった!エロス王の地位を守るため麻井くんは…?
(出版社より)

表題作玄人童貞

小峰・クラス1のモテ男
麻井和彦・エロ武勇伝最多(虚言)

同時収録作品イメクラ先生

室井寿 やる気のない生徒
今倉春樹 イメクラ先生

同時収録作品欲情・浴場

大沢拓 クラスメイト
桃乃充 銭湯の跡取り

同時収録作品白馬が王子様

セルジュ 陽を浴びると馬になる
山下哉太 大学生

その他の収録作品

  • 箱入り童貞(表題作シリーズ)
  • 巻末おまけまんが 秘書と私

評価・レビューする

レビュー投稿数8

そうそう、これこれw

今、天城さんの作品で持っているものを発行時期の古いものから順に読んでるんですが、その3冊目にして私の抱いている天城さんの作品のイメージに近くなってきました。^^(もっと後の作品しか読んだことがなかったもので…^^;)
正にこのおバカ+とんでも設定なんですよね。^^
しかもとんでもない度合いが徐々に強くなってきている気がします(笑)。
主人公の2人の間にはちゃんとラブもあるので、やっていることはおバカでもなんだか可愛く見えるんですよね。^^
H度は描写が割とあっさりしている感じなので、エロ度は標準的かな?と思う範囲でした。

全部で4組のカップルのお話が収録されていますが、私は表題作シリーズのカプのお話が一番好きでした。
お互い見栄を張っているために、意識しているのに擦れ違っているお話は結構好きです。^^
主人公2人ともなんだか可愛いと思うキャラでした。

ちょっとファンタジーが入っている「白馬が王子様」はなかなか面白い設定で、もうちょっと読みたかったのにページ数が少なくて残念。><

1

単純に面白かった

表紙が又々良い味出してます。
二人とも真顔。

高校かと思いきや、中学。
軽くビックリ。

中学生で、プレイボーイとかw
それだけで可愛く思えてしまいました

実は童貞というお約束バターンではありますが
コミカルな感じですので
軽く読めました。

・イメクラ先生
ここまでやっていれば、引く気持ちはなく
生徒同様受け入れられました

イメクラしまくった先生にではなく
痴漢にあい、必死に助けてビームを出した顔にほれる
あたりは好き。

・欲情浴場
銭湯の番頭しながら、好みの身体物色しているのは
可愛い男の子。

内容ともかく、力入らず読める
作品でした

1

バカバカしくて笑える

天城れの先生お得意のアホエロ作品ですね☆
大好物です!

相変わらず大いに笑わせていただきました。
シリアスなお話も好きですが、ハチャメチャなお話は日常を忘れて楽しめるので大好きです。

表題作の麻井くんみたいな男の子って実際にいそうですよね~(笑)
女の私としては、女性経験の有無がどれ程重要なのかはちょっと疑問なのですが、男の子としてはかなり深刻なのがよく分かりました(笑)

他の作品もバカバカしくて面白かったです。
おススメですよ!

0

クールなバカバカしさ(ショタ風味入り)

ホント、天城先生って絵うまいなぁ…と感心したのもつかの間、リアルにアホすぎて笑ってしまったよ…。

まさに中二病まんま!w
痲井は女性経験多数ってことになっているんだが、それが虚言の賜。
あーいるよね、こういう子ってw 虚言を吐くのが仕事みたいなもんです、中坊って。

それがクラス1のモテモテ男にバレて、実地でやらされてしまうとか、なんてベタな展開なんだと思いつつ、どこか甘酸っぱい気分になるのはナゼ?w
秀逸なのは修学旅行編!
クラスメートがグースカ寝てる横で布団かぶってHとかっ!
あーあるあるあ……ねーよw
でも、そのドキドキ感がリアルに伝わってきて、新しいなと思いました。

さらに、いかにも天城節なバカバカしさ満載なのが
『イメクラ先生』
わかる!わかるよこの気持ち!w
ワタクシ自身、教壇に立つ身だが、コスプレして授業したろかって気持ちよーわかりますわぁ…。

「ドラえもん」的に「あったらいいな」な話に満ち溢れています。
バカバカしいだけでは切り捨てられない、ある種、ファンタジックな話。
これはおススメ。

0

アホなのは、おこちゃまだから しょうがない

全編にわたって、アホエロい。
表題作は中学生。
H武勇伝をでっち上げたり、勝手にクラスのモテ男君をライバルにしたりと、このアホエロさ炸裂な設定は中学生ならではだけど、修学旅行でアレは、、、
イメクラ先生も、なかなかにアレな設定というか、展開というか、、
この辺は、エロ妄想としてはアリだと思わなくもないけど、私の中の自主規制が、つっこみ入れてくるので、なんだか萌えきれなかった。
残りの2編はそんなmy自主規制に触れない分、素直に「バカだなぁ」って楽しめた。

この本、出版自体がちょっと前なので、絵が当世風のデジタルっぽい軽い絵じゃなくて、描線に圧力が感じられて、そのおかげで、猥雑だけど明るいエロさと迫力があっていいな。


0

玄人童貞レビュー。

オビの「エロれの」に吹いたのは私だけじゃないと信じたい。
あと、表紙よりも中身の絵柄はショタっぽいです。表紙詐欺!(爆)

「童貞?小5で捨てたよ…」
と、キラキラトーンを背に言っている時点で馬鹿馬鹿しい話のかほりがします。校内きってのプレイボーイ、泣かせた女は数知れず…。
武勇伝その1.
初めては家庭教師のお姉様と夜の課外授業(小5)
武勇伝その2.
遠足を抜け出し林の中同級生と(小6)
武勇伝その3.
放課後部室で先輩と(中1)
周囲の盛りのついた童貞臭プンプンの男子達からはその知識の豊富さからエロスの天才とあがめられている主人公。

馬鹿馬鹿しい設定で笑ったー!
でも本当は童貞。エロスの天才の化けの皮が、同級生によって剥がされそうになるハラハラ感は楽しかったっ。お前、本当はした事ないんじゃないか?って図星さされてエロスの天才オロオロ。
楽しかった!馬鹿馬鹿しくて笑えた!

1

馬鹿馬鹿しさに悶絶

ぶっちゃけこういう作風ってあんまり好きじゃないんです。
焦れったくて切なくてピュアで胸がえぐられるような作品、もしくはハードボイルド風味の作品やらが好きなハズ…九州男児さんの作品でも笑えなかった私…。
なのに、気がつくとゲラゲラ大爆笑しながら読んでました。しかも急にくるんです。
むっつり「くだらないよー」と思いつつ読んでて、ページめくって次のコマを読んだ瞬間に「ガハハハハ」と笑ってしまってる私。
な、ナニコレ??
私、精神崩壊??

表題作は、周りには女性経験豊富だと思われてるクラスのモテ男子二人が、実は童貞のお話です。他、短編がいくつか。
馬鹿馬鹿しくて面白かったです。

1

エロれのvv

主人公麻井くんは、あらすじにも有るとおり、エロの知識王としてクラスであがめられておりました。
その武勇伝は数知れず。しかし、本当はまだ童貞で、剥けても居ないというヘナチョコ人。
初体験のオネエサンの股を見て嘔吐したのがトラウマで、いまだ~~みたいな感じですね。
しかし、クラスで求められるまま、ビデオや、本などで研究。
そして披露(笑)
一生懸命さが可笑しいです。

そんなある日、クラスでもイケメン男子に、本当は童貞であることがばれそうになるんですね。
「お前・・本当はSEXしたこと無いんじゃないのか?」

というか・・麻井くんの反応メチャクチャおかしい。
「顔色が悪い。大丈夫か?」
「大丈夫さ、心配しないでくれたまえ。ただの性病だから」

いやいや。むしろ余計心配するわ。
笑いが止まらん。
精一杯の強がりww
自ら首元にキスマークを作ってみたり・・・ん?どうやったんだ(汗



「そんなに言うならレクチャーしてくれよ。生で」

やっちゃえ♪♪
まあ、「ためしてみるか?」なんて言った麻井くんも悪いんだけどね。
しかしな~生で☆良いな。続き
しかもさ、
「こみねはホモなのか?」
「おー、しかも童貞だ」

ココの会話好きかも。
可愛い。
こみね=イケメン男子ね。
この子も、なんだかんだ、麻井の気を惹くために、フェイクな彼女(腐女子w)をつけてみたりいろいろやってます。


でもまあ一番気になるのは・・・・表紙と漫画の麻井くんの年齢が・・・どうみても漫画のほうが子供ッぽ過ぎるんだけど・・・。


他、読切いくつか。
天城先生の作品でナニがスキって、やっぱり絵ですかね。
綺麗スギです。
Hの時の見せ方も好き。
妙にエロィ。
Hシーンの見せ方っていろいろあるかと思うんですが、上手い人って、本当に上手いですよね。
結構たくさん読んでるほうの人間だと私自身思ってるんですが、ピンキリ。
モザイクの上手い使い方を知ってる人は、本当に上手い人だと思う。
モロ描きも悪くないけど、まあ、あんまり良いのは無いかな。
微妙にぼかしいれるくらいがすき。
そんで、この頃の作品が一番すき

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ