吸殻の寝床

suigara no nedoko

吸殻の寝床
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784775507476

あらすじ

元同僚の多々野がアパートに転がり込んできた。居すわったアイツに、毎晩彼女代わりの抱き枕にされるのだけは我慢ならなくて…!

表題作吸殻の寝床

多々野
浅川(会社員)26歳

その他の収録作品

  • 吸殻の寝床
  • しるやかなたの
  • 燃える手
  • 夏の果て
  • Here and There
  • 冷たい繭
  • 残雪

評価・レビューする

レビュー投稿数1

面白い短編集でした

うお、ひさびさにレビュー一番乗りだ。
とても面白い短編集でしたよー。
若干のほろ苦さがある大人の空気感漂うお話ばかりで、非常に私好みでした。(といっても別にバッドエンドというわけじゃないのでご安心を)

『吸殻の寝床』
それまで飄々としていた攻めがやけっぱちになって襲いかかった場面でめちゃくちゃ萌えました。こういう話の持っていき方、すごく好きです。

『しるやかなたの』
うひょー、攻めが色悪ですな!
最後でド淫乱になった受けに萌えました。
でも、先を考えたら少し怖い。

『燃える手』
この作品が一番好きです。
大好きだった恋人が死んで、その弟に口説かれる。
似たようなお話ならBLにたくさんありますが、この作品は話の構成が素晴らしいんです。時系列をバラバラにして過去のエピソードを挟みこんで、現代の二人の絶望や苦しみを少しずつあらわにしていく。
いったい誰が一番切ないんだろう。

『夏の果て』
これまた切ないなー。
結末のあやふやさがいいですね。

『Here and There』
エッチの最中に他の人の名前呼ぶって最悪だよ~。だからこそもっとたくさんこのエピソードが使われてほしいと思う続き鬼畜な私です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ