仄かな恋の断片を

仄かな恋の断片を
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832284005

あらすじ

「俺を憎め、どこまでも追いかけろ…虎之介」
最愛の兄が、魂喰らいの妖・蜃景に喰われた虎之介は
唯一蜃景を斬ることが出来る御神刀を手にいれ、
仇討ちを誓った。
だが、蜃景の哀しみを知った虎之介は、
蜃景を愛してしまい…!?
この想いは罪なのか。
御神刀が繋ぐ4つのラブストーリー!(裏表紙より)

表題作仄かな恋の断片を

蜃景,妖
虎之介

同時収録作品いちずな氷月

橘,禰宜
あさぎ,神官

同時収録作品あやうげな朧月

瑛,神父
遥晶,研究者,実家が寺

同時収録作品御神刀解軆新書/すれちがいの弓張月(前編)/(後編)

二宮,御神刀
七貴,御神刀

その他の収録作品

  • まひるの楔
  • みつる月の楔
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ドラマチックストーリーの始まりはここから~神父×坊主が萌えカプ

先日「御神刀シリーズ」3作目の略奪者が出たので、1作目のレビューをば。
この本のメインは 人間の青年・虎之介と妖・蜃景、第二の御神刀・二宮と第七の御神刀・七貴 ですね。
でも一番最初の話は、現在の宮司・夕凪の前の宮司・あさぎと禰宜の橘の話から始まっています。

「いちずな氷月」は御神刀がメインではなく、ちょっとヘタレなあさぎが恋人の橘の助けを借りて、二人で妖魔退治をするというお話。

「あやうげな朧月」では神父と寺の後継ぎのカプが結ばれるまでのお話で、御神刀と関係ないのでは?と思ったら、次の「まひるの楔」で兄の魂を食べたと思われる妖・蜃景を、御神刀を借りて退治しようとする青年・虎之介が怪我をして逃げ込むのが、この神父×坊主のカプの元だったのです。
だたそれだけの関係なんですが、神父×坊主って萌えだとは!
作者のマニアぶりがわかって、思わずニヤリです。
で、この二人が蜃景には邪気がないということを見てくれて、実は兄の命を奪ったのではなくて、地上にとどめようとしていたということがわかり、実は蜃景は虎之介が好きだったということで目出度くカプ成立というお話でした。

しか続きし、虎之介が借りていた御神刀は七貴の本体で、離れていたために七貴の力が弱まっていくという「すれちがいの弓張月」に繋がっていくという、なんともワクワクさせる流れになっていたのです。
二宮は七貴の力にあこがれ、恐れ、自分のものにしようとした過去から七貴とは距離のある関係。
でも力の弱った七貴を救おうと必死で真実の心を打ち明けるのです。
なんだかドラマチックなんですよ~
メガネ×メガネです。萌えます!!
虎之介は御神刀を持っていないと蜃景と触れ合うことができない、でもそれだと七貴は虚無に犯されなくなってしまう。
どうしたらいい?ということで折衷案採用なんですが、宮司の夕凪が意地悪なんだよね、、、
「是」でいったら和紀の役割どころな感じです。

こうして次の巻に続きます。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ