熱伝導

netsudendou

熱伝導
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神15
  • 萌×26
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
111
評価数
25件
平均
4.4 / 5
神率
60%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832284012

あらすじ

大学生・馬尾(うまお)馬尾は寮の同室の木戸(きど)先輩が好きだった。でも、その想いを木戸に知られるのが怖くてしかたなかった。馬尾の切ない恋を先輩に告げられる日は来るのだろうか…。

表題作熱伝導

木戸 (先輩 寮で馬尾と同室 大学生)
馬尾 (後輩 寮で木戸と同室 大学生)

同時収録作品弥生町から西の空

尾崎 元教え子
信吾 元担任

その他の収録作品

  • 下戸上戸
  • おちてひろって
  • リンク
  • 恋のなかみ
  • 2年目の部屋
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

ほのぼの、まったり

ほのぼのとまったり読みました。
表紙のくま不細工だなぁと言うのが第一の感想(笑)
拾ったくまのぬいぐるみから、人毛が出てくるなんてホラーです。
私、くま好きですから…ぬいぐるみいっぱいある。でも、ちゃんと買ったやつだから、大丈夫ね!
主人公の馬尾は木戸先輩が好き。木戸先輩の広い背中を拾ったくまや太ったおばさんで紛らわしていた。
寝ている木戸先輩に馬尾がギューってやるのが可愛い。
拒絶されるのが怖くて気持ちを伝えられない…とっても、遠回りの恋でした。
短編も1つ入ってますが、まぁ、なんて、エロいでしょう!

2

こういうBLが矢張り好きです。

明治さんの今発売されてるBLで、読んでいない最後の一册。
古い話は時々自分には合わないものがあるので、ドキドキしながら購入。
当たりでした!
あの薄暗さはあれど怖い感じではなかったので、楽しく読めました。
表題作のシリーズは、何とも不器用な二人が可愛くてたまらないです。
ノンケを好きになるとつらいよね。
あの伝えられなくてもだもだしている感じ、こういうBLが矢張り好きです。
上手く纏まってくれてよかった。

あと年上受けが大好きなので、同時収録の生徒×先生も良かったです。
でも、この本に関しては表題作のシリーズの方が好きかなあ。
くまぬいが泣いてるページが本当たまらないです。
最初のくまぬい、捨てないで可愛がってあげて欲しかったけれど、何で人毛が入ってたんですかねえ。
ちょっと……というかかなり怖かったです。

ああ、明治さん、何処かから早く新刊を出して下さらないかしら。

0

ほのぼのと可愛いお話が意外でしたが、これはこれで大好きだあああ!

ふくよかなお母さん系(実際ほんとに誰かのお母さん)を好きになるもんだからしょせん不倫で長続きしない馬尾くん。
それを寮の仲間の酒の肴にされても、楽しげにいつも話題の中心にいるような不思議な癒し系ですが、懐が広く面倒見のよい同室の木戸先輩に惹かれて行き、先輩は先輩で、次々彼女を作ってはフラれている馬尾に苛立ちを覚えたり、過去に自分と二股をかけていた昔の彼女と馬尾をダブらせたりするくせに、馬尾が自分といるときに頬を染め、目を潤ませている理由にも気が付かず、当然自分の苛立ちもなぜなのか考えようとしない。
そんな二人の平行線具合にはかなり焦らされますが、先輩が入院して一気に交差させる見せ場の巧さに流石だな~と唸るばかり。

落し物を拾って店に戻す木戸先輩の姿が、本編ラストでの伏線になっていたり、二人が互いを違う観点で熊のぬいぐるみに似ていると思っていたり、さりげなく散りばめられたこういうのってほんとにセンスの良し悪しがはっきりするよな~と思います。
素直に気持ちを表す馬尾くんが、浮かれていても沈んでいてもとにかく可愛いのです。
木戸先輩を想う姿は一段といじらしく、描き下ろしのラスト続きシーンでは、彼のモノローグが胸に迫りました。

明治さんにしてはエロ度少なめですが、酔って自分のベッドを占領して眠りこける先輩に被さって幸せそうにする馬尾や、狭いベッドに二人で眠る姿にほのぼのとさせられ、これはこれで充分萌えられましたワタシ。

もうひとつ収録の高校教師と元教え子の陶芸家のたまごのお話は、熱伝導の鬱憤を晴らすかのような濃厚シーンたっぷりで、先生がまたクールそうでいてエロエロ大魔王ってのが好し。
離れて暮らすようになり、元教え子が成長していく姿を嬉しくもさびしく想う気持ちの揺れ、自分が相手にとってどのぐらい大事に想われいるのかという不安などが、短い作品の中にしっかり収まっていて、こちらも読後じんわり暖かな気持ちになりました。

0

BLとして間違いない作品(`・ω・´)キリッ

これは…!明治カナ子さんの本気が見える作品です。
短編集ではなく、ほぼ一冊表題作なのも良いです。
ゆえに、攻めと受けの心理描写が読者にじわじわと届いてきます。
まさに熱伝導。そう考えるとタイトルも秀逸です。

BLはこうでなくっちゃ!と思える作品でした。

例えば受けの苦悩。
好きな相手がノンケの男だからなかなか好きと伝えられない。あふれる想いをなんとか抑えている、そんな所がBL的に美味し過ぎます。

そして無自覚な攻め。これもBL的に美味しい。
実は受けの事を大事に想っている、それが友達以上かどうかなどは全く考えていないけれど、受けの告白から、じわじわと自分が実は友達以上の気持ちを持っていることに気がつきます。

二人の心理描写が丁寧で、エッチは薄めです。
私はH有り無しはあまり気にしないたちなので、楽しく読めました。

ちなみに同時収録の別作品のほうはがっつりHがあったので、
Hはそちらで補充して下さいませ( ̄∀ ̄)

0

キュン死

キュンキュンしすぎて死ぬかと思いました。

こういう作品だよ!
こういう作品をいっぱい読みたいんだよー!!

包容力のある優しい攻めと、ちょっとアホの子だけど可愛げたっぷりの受け。
二人とも同じ寮にいて。両思いなのに、互いにそれを言えないでいる空気がたまらなくて、キュンキュンが止まりませんでした。
受けが可愛いんだよね。簡単に恋に落ちてはフラれてる受けなんだけど、攻めへの思いだけは別モノで。小さなことでドキドキしたりショックを受けたり、誰もが恋をすると経験したことがある「例の感覚」が、エピソードの一つ一つからつぶさに伝わってきました。
小さなことながら、受けが性欲を自覚してるのも好きでした。BLの受けって何故か、攻めに手を出されるまで自分の性欲に無自覚な男が多いんだけど、この作品の受けはしっかり自覚してるのだ。かわいいのに。ぬいぐるみの熊さんなのに。最高です。
攻めも可愛かったです。ちまちまと焼きもちをやいてるところに、スゲー萌えました。こういう焼きもちの焼き方って大好き。焼きもちって取り扱いが難しくて、扱い方次第では萌えにも萎えにもなると思うのですが、この攻めの焼きもちは完璧です。非続きの打ち所がないw

『弥生町から西の空』
表題作とはうってかわって、エロエロでした。
でもハートがちゃんと伝わってくる作品。
ヘタレ攻め大好き。

1

じわり良作

これは良作。
タイトルどーりじわりじわりと熱伝導していく。
広い背中に恋をして
広い背中を求めて代替として太ったおばさんと
つきあう受け。
よくよく考えれば、けっこう酷いような気もするけどw
代替の相手は、きちんと選んでいるし
自分が傷つくように器用に恋してるのがすごいな。

最終的に、一番欲しかった広い背中を手に入れるわけですが
エロシーンが挿入してるのか否かがわかりづらく←そこかよwww
ちょっと残念だなって思ったのですが
同時収録されていた『弥生町から西の空』は
がっつりエロ合体が描かれていて満足しました。

1

くまくま~。

すごい面白いです。明治さんエロエロBL作家だと思っていたのに、いつのまにやら文芸BL作家に。つげ義春?的な独特なホラーなタッチとコケティッシュなかわいらしい感じにやられます。明治さんにしてはエロが少なめなんですが、何だかほんわかする良質なBL恋愛漫画になってます。

0

くまの背中は暖かい

ほんわりと暖かい、ていねいな気持ちの描写が心ほぐしてくれる作品でした。

神社で大きなクマのぬいぐるみを拾う馬尾。
馬尾は大きくてあたたかい存在が欲しくて、そんな年上の女性とばかり不倫しています。
同じ寮の仲間にそれをからかわれながらも、明るくて人気者の馬尾は、それを同室の木戸先輩にとがめられても「本気じゃないから言える」と話す。
実は、木戸先輩の大きな背中が愛しくて恋しくて、代償としての御乱交だったのです。
もう、そのあたりがわかる辺りで乙女心がボンと一発やられます。
無意識に落ちているものを拾う、親切な木戸に自分も拾われたいとか願ったり決して完全乙女な馬尾ではないのですが、木戸の朴訥さも良い雰囲気を醸し出して、暖かい恋物語に仕上がっております。

いつも痛い明治作品ですが、気持ちの中にいたたまれなさを含みながら優しさで包んだ本作品は、萌え萌えです☆

1

距離感の色香

臆病になってしまうから遠ざかって、双方ともに
恋心を確認してから改めて距離を縮めてゆく
表題作シリーズ。

物理的な距離と心の距離のバランスから
恋の熟成を導き出し描く併録作。

恋愛を甘く仕上げるには時に適度な距離感が
必要なのでしょう。

1

恋ってのはこうじゃないと!

明治カナ子は短編の名手だと個人的には思っています。
今回は連作短編集、読み切りにしても面白い。
それくらい一話の完成度が高い。
エロエロな話の印象が強かった明治カナ子ですが、
表題作のシリーズはガチンコ勝負してます。
うるっと来ました。 恋ってのはこうじゃないと!!
とにかく受けの馬尾が可愛いです。
こんなに一生懸命恋をしてるんだから
振り向いてやれ、木戸!
普段のバカっぷりにそぐわぬ切ないモノローグが良い。

「恐怖に打ち勝って
いつか 想いを 告げられるだろうか」

…久しぶりに感情移入しました。

木戸先輩も凄く良い男なんですよ。
二人で行ったファミレスのトイレに
落ちていた指輪を、ウエイトレスさんに
何かで包んで渡すエピソードがあるんですが、
ちょっとしたことなんだけど、
当たり前の優しさをちゃんと持ってるのがよく分かる。

寮生活の描写も生活感があって良い。
その癖にちょっと浮世離れした感じがあります。
明治カナ子の持ち味だと思いますが。

さらっと読みたい気分の方、
ほのぼの、まったりがお好きな方、
トンデモ設定にい続きささか食傷気味の方(笑)、
切ない恋がお好きな方、
先輩×後輩がゴールデンルールの方には
まず買って損なしかと。

あ、『弥生町から西の空』は
元教え子×教師のヘタレ攻めでエロエロです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ