恋獄の獣に愛されて

Rengoku no Kemono ni Aisarete

恋獄の獣に愛されて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
5
得点
15
評価数
7件
平均
2.6 / 5
神率
14.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥562(税抜)  
ISBN
9784877245290

あらすじ

誰にも必要とされていない、という思いを抱きながら毎日を送るあさぎは、ある日違う世界へと迷い込んでしまう。
そこで出会ったのは、赤い髪、獣のような体躯をもつ男・ソード。
ぶっきらぼうで野蛮な彼は、あさぎへの強い欲情を押さえ込みつつも、傷だらけになりながら激しい情熱で、あさぎを魔物から護ってくれる。
初めて自分が自分である意味を見いだせたあさぎは、ソードと共に生きたいと願うが、ソード自身に元の世界に戻れと突き放されてしまい…。
恋の炎に焼かれる運命の恋。

表題作恋獄の獣に愛されて

ソード
あさぎ,高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数5

なんて親なんだろう…

「鬼の涙が花だとしたら」を読んで思い出した作品。 こちらも鬼と人間のお話ですが、自己犠牲というよりも自分を卑下する感じが強いかな。 だけど相手を何よりも第1に想い大切にしてる部分は同じ。 これには続きがるのですが絶対に同時に読まないと物足りません。 こちらはそれぞれのキャラや世界観の説明版的感じなので甘い部分が物足りない。 それにしてもこの受の母親は酷いなぁ。 確かに長男なのは解るけど、弟妹の次が長男じゃなくて自分達って両親の行動に苛立つばかり。 受が鬼を選ぶのも当たり前だ!! 母親が泣くシーンには今さらって感で余計に腹が立った!!

0

結構評価が悪いのですが。

吉田珠姫さん、とても好きな作家さんです。
評価は良くないのですが、個人的には、
悪くないかな~という感想でした。
ただ、主人公の家族の在り方に納得いかず、
主人公を不憫に感じ、
それが違和感から私の中で嫌悪感を生みだしてしまいました。

家族の中で疎外感を感じ、学生生活にも自分の居場所を見いだせない
あさぎは、異世界に飛ばされる。
その世界は、まさに地獄の様子なのですが、
そこでソードという鬼の王に助けられます。
実は、ソードとあさぎは昔出会っていて、
あさぎの世界を平和に保つために、地獄の者たちが
あさぎの世界に行って悪さをしないようにと守っていたのでした。

そして、あさぎがこんな汚れた世界に落ちてきたことに驚き、
なんとかあさぎを元の世界に戻そうとするのでした。

それに対し、あさぎは、ソードに惹かれ、元の世界に戻りたくない!
ソードと一緒にいたいと思うようになります。
家族からも疎外されるような元の世界に全く未練がありません。

主人公が居場所を見つけるお話ではあるのですが、
家族のエピソードがあまりにも切ないです。

結構シリ続きアスなお話でした。

1

無理

いわゆるラノベによくある異世界トリップ物ですが、そういうものだとわかっていても、ゲテモノ&トンチキで突っ込みどころ満載でした。

主人公と家族とのエピソードに引きまくりで、おはなしを楽しむ気分になれなかったわたしは負け組かも。
健気受けは好きですが、卑屈だったり、マイナス思考なキャラは苦手なんですが。

おそらく、ツボに入れば楽しく読める人もいるのでしょう。
わたしには無理でしたが。
でも、作者が楽しく書いているんだろうな、というのは伝わってきました。
だからこそ、負けた感が強いのかも。

0

あれ。何でこれ買ったんだっけ?

平凡な日常から、ある日突然違う世界へとトリップするファンタジー物。
本来なら私の大好物な話、のはず。
あれ?あれれ…?

しっかり者の長男と誰しもが認めるあさぎは、その実、家庭にも学校にも'本当の自分を表せない'と鬱屈した思いを抱えている。
学校はともかくこれは家庭内のモラルハラスメント以外の何者でもないと、、、
5人家族でありながら1パック4個入りの物はあさぎに分け与えない決まりであるとか、あさぎがまるで意思のないモノのように扱う姉妹、彼の言葉が全く聞こえていない母親。
わざととしか思えないことが、家族揃って『故意ではない』って一体どういうことなんだ!

異世界にトリップしてから、あさぎのことを一番に考えてくれる鬼が現れ、半ば逃げるようにして自分の居場所を見つけるあさぎ。
彼はわざと襲われることをしますが、突っ込んで嬉々としている鬼の咆哮、
「おおぅおおおおおおおおぉおぉおぉーーーーーーーー!」
読みながら吹いてしまいました。
初Hで笑けたのは初めてです。

そんなこんなで異世界に留まることを決心したあさぎですが、
また家族が止めないの何のって!
続き校生の扶養家族が「僕は家を出て、地獄(異世界)へ行きます」といきなり宣言したのに、誰も突っ込みません。いえ、引き止めません。
どうにか母親だけが正しい対応をしていたけど、弟妹は「いってらっしゃい」と送り出します。
いいの?それでいいの?お兄ちゃんもしかしたら頭打っちゃったのかもとか思わないの?

とまあ、つっこむのが楽しくなってくるようなお話でした。
ある意味楽しめた。


そして続編も買ってしまっていたので、ぱらぱら読みました。
そこにはつっこみ所満載のパワーアップしたあさぎくんが居ました。

おしまいまる

2

命をかけての愛

現代っ子な受けが攻めのいる異世界へ行く異世界トリップ物です。
攻めの獣も健気だし、受けも健気だしと、最初から両思いな感じなんですが、相手を思うが故に、近づこうとしない攻めの切なさが一番光っていました。

ソード 不器用硬派一途攻め×高校生・あさぎ 健気メガネ受け
あさぎは真面目な優等生だけど、誰からも必要とされていないと感じている。
特に家族の無意識な差別が酷くて、当前のようにあさぎの分だけ、食事のおかずを削られて、一人だけ別の物を食べなくてはいけない。無意識にお兄ちゃんだからと、我慢させられている。
そういう日常的な差別が、一番切ない感を受けました。
そんなあさぎが突然、異世界へと迷い込んでしまって。

人間のあさぎの匂いは、異世界の獣であるソードをとても誘う匂い(発情)を放っています。
一度でも異世界の者と契ってしまうと、元の世界に戻れなくなってしまう。
あさぎの為に狂いそうになりながら、我慢に我慢を重ねるソードの姿は健気でいじらしくてなりません。

自分の事を命を張って守ってくれるソードに、あさぎは惹かれていく。
現実世界に居場所がないと思っていて、異続き世界では自分を唯一の存在として大事にしてくれるソードがいる。
あさぎは現実世界に全く魅力を感じていないので、ソードがいる世界の方が重い。
受けが現実世界を捨て去るという重みに、若干の薄さを感じました。

命をかけての愛ということで、緊迫感と臨場感はたっぷりとあります。
ソードの野性児振りも魅力的でした。

エロ:★3 獣モードになったソードと痛めの初H
総合:★4 純愛が見物でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ