青水無月

青水無月
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×25
  • 萌11
  • 中立5
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
14
得点
88
評価数
32件
平均
3.1 / 5
神率
18.8%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784877245344

あらすじ

「兄さんが、欲しくてたまらない」両親の離婚で離れ離れになった弟・達也と十年ぶりに再会した陸実。医療機器メーカー勤務の陸実は、父親が死に、身寄りをなくした学生の達也と同居することになった。陸実は兄弟の失った時間を取り戻そうとするが、その晩突然達也に荒々しく身体を開かれてしまう。それ以来夜ごと一方的に陸実を犯しながらも、翌朝は別人のように優しく接してくる達也。陸実は達也のその不安定さを放っておけなくなり…。

表題作青水無月

桐野達也・大学生・18歳
高橋陸実・達也の兄で会社員

その他の収録作品

  • 半夏生
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数14

DVか、究極の兄弟愛か……いやいや、これって愛なのか?

電子書籍版を購入。
表題作の「青水無月」とその後(半年後?)を描いた「半夏生」が収録されています。
あとがき無し、挿し絵は有りです。

久しぶりに、ここまで突き抜けたものを読みました。
いやー、すごかった。

DVの渦中にいる人の心理ってこんな感じなのでしょうね。
違和感なく、まるで自分が体験するかのようにするすると入ってきます。
苦しい。

激しい執着と依存。
でも、これって愛なのかな……
うん、これも愛の1つではあるんでしょうね。

読む人を選ぶ作品です。
おそらく、読後しばらく放心します。
読むのに覚悟が必要かも。

1

壊れていくとはこういう事か・・・

無理やりの近親相姦から始まる関係・・・。

DVが多々あり、輪姦あり、ピアスあり・・・ガチ兄弟だからこそのこれが二人で壊れて落ちていくということなんですね!!

頬を打たれたり、踏みつけられたり、達也の友人たちにレイプされたり、ゴルフボール入れられたり、もう睦実が可哀相でした。DV怖い・・・(;;)

それでも二人だけの『兄弟』だからこその睦実の達也を思う気持ち。歪んでるけど兄弟じゃなかったら成り立たなかったんですよね。

純粋でラブラブが好きな方は読まない方がいいと思います。
あと暴力表現が苦手な方も絶対!!
兄弟ものが大丈夫で、痛い作品が大丈夫な方はぜひ読んでみてください。

1

ガチ兄弟

ものすごく イタイ作品。
親近相姦。
弟×兄。
レイプ・輪姦・DV・ち●こピアス
なんでもこーーーい!!なんでもこーーーい!!
読んでいて精神的に麻痺してきます。
オカシクナッテイルハズ。
多少イタイ場面があっても慣れていく自分が 一番怖いです。
心臓に毛が モジャモジャと生えている事だろう。
ブラコンの弟が兄を好きすぎて 違う世界にイッチャッテいる話。
かわいいお兄ちゃんはとばっちりですよ。
ホラー映画を一本観た感じ。




3

兄弟モノだけれど

弟攻が下克上っぽくていい!と思ったのも束の間。同情を誘い込む物語の切り出しに、予想道理のDV。病的な根底があるとどうしても「かわいそうな人」という日本人独特の偽善心が心の奥底でもたげてしまって、萌えに集中しきれませんでした。。ごめんなさい。どうしても、主人公の想いが分かってしまうだけに、同情の念しか生み出されず、不完全燃焼の読了でした。
シチュエーションも、アレな乱交も、嘔吐もあったし、どれもよかっただけに、自分には勿体ない作品でした。ああ、ごめんなさい。
イラストががっちり体型になまめかしい表情が扇情的でステキでした。

2

禁忌である程萌えます!

帯『禁じられた兄弟愛』(←キャンペーン中の帯だったのでコピーは小さくこれだけでした…他バージョンもあるのかなー)

近親物、中でも兄弟物は大好物であります、更に出来れば義理でなくてガチ兄弟だと更に萌えるのであります。
禁忌ですよ!禁忌!!その禁忌度が上がれば上がる程萌えメーターがグングン上がるのです。
甘い話も好きですが、痛いのも暴力も陵辱も(あくまで創作物を読むという範囲で)大好物です。

親の離婚で母似の陸実[受]は母親に連れられ、父親似の弟の達也[攻]は父の元へと残されるのですが離れていた10年間、比較的恵まれて平穏に育った陸実に対して達也はアル中の父に邪険にされ暴力を受けて育ちます。
父の死によって、達也は陸実のマンションで同居する訳ですが母似で線の細い兄に対して、弟は体格が立派で更に暴力の負の連鎖で女性不信のDV男となってしまっているんですね。
素直で優しい弟の顔と、独占欲と暴力で兄を強姦する顔と2つの性格が入り交じり豹変し、達也は一度は親友高瀬の元へと避難するのですが結局、達也を見捨てられずマンションへと戻ってしまいます。
そして怒った達也によって、彼の友続き人達に陵辱されまくります。
限界以上に追いつめられた陸実が救いを求めたのは目の前にいる達也1人だけ。
そこから真の意味での彼等の禁忌の関係が始まるのです。

「半夏生」はその約1年後で2人は安定した互いの依存状態での恋愛にどっぷりつかっていてまさに禁忌に溺れている閉塞感がたまりません。
彼等兄弟の関係を知った高瀬が、長年秘めていた陸実への想いを打ち明けるも、もはや彼等の間を誰も邪魔する事は出来ないのですねー。
達也の愛情はやはり歪んでいて暴力となって陸実を襲うのですがそれさえも受け止める存在の兄も歪んでいます。

稲荷家さんの挿絵は漫画的コマ割り部分を取り入れてあったりとなかなか面白いです。
あとこの方の描くパーツが好みなんですよー、特に達也の手は良かったー。
陸実の怯える表情も緊迫感があっていいです。表紙絵の青色系の使い方も奇麗。
あとがきにあるかわゆくデフォルメされた2人のイラストは痛い話だっただけに猛烈に和みました~。

近親物は禁忌であればある程萌える自分にとっては面白かったです。
読む人を選ぶとは思いますが、たまらん人にはたまらんと思うですよ。

4

DV怖い

この話はフィクションですが、
「ドメスティックバイオレンス怖いなー」と思いながら読みました。

弟は学生のくせにやたら偉そうだし、
お兄ちゃんはやたらうじうじしていると感じましたが、
兄弟モノや痛い話は、比較的好きなので、楽しめました。

最期は「二人で堕ちました」的結末で、
なんだかんだいって二人とも楽しそうでよかったです。

1

この壊れ方半端ない、容赦ない!

禁忌モノは異常な執着と依存によって成り立つのですが、変なところで”さすが、水原!”っていうくらいに尋常じゃありません。
多分、この兄弟に共感とか同情とか持てる人はあまりいないかと思います。
しかしながら、昼帯のドロドロ愛憎ドラマの如くの展開が、自分の嗜虐性を呼び起こしてしまったりもして、そんな萌えがあるのですよ。

両親の離婚によって無理矢理引き裂かれた兄弟が再会したとき、母に引き取られた兄は、弟への謝罪を感じており、弟は捨てられた憎しみを抱いていて・・・もうこれだけで、先の転落が目に見えているようですが・・・
いきなり兄を犯し暴力をふるう弟はただ憎しみの塊のようなのですが、日中は優しく謙虚な姿でいるから兄が余計に申し訳なく思ってしまうのですよ。
こうなったらDVはとどまることを知りません。
兄はDVを受けても仕方がない、捨てたんだからと罪の意識から受け入れていってしまうのですから。
弟は、母への憎しみも合わせて兄にぶつけているようです。
そしてそれはまた、もう捨てるな、オレを愛せ。といったメッセージになっているのです。
かといって、その表現がDVなのは、また捨てら続きれることへの恐怖なのであり、この連鎖はメビウスの輪のように終わることがないのでしょう。

兄の親友なる人物が登場し、救いを差し伸べるのですが、もう刷り込み&依存が成立した兄には、弟の暴力的な姿さえ、愛しい・悲しい・愛を乞う姿に見えて、自分しかいないという結論に。
キレた弟に仲間を呼ばれて輪姦されて、はいつくばって服従を占めす兄の姿はもはや奴隷でした。
局部へのピアッシングは、かなり痛い場面ですが、いずれ幸せの愛の証になるのでしょう。

ここまでメタっクソに堕ちた兄弟、いっそすがすがしいものさえ感じるのでした。
稲荷屋さんお得意の「狂犬弟攻」がぴったりで絵師さんの選択もナイスな作品です。

4

いてててててっ ><。

最初っから最後まで 文章の8割方痛いです
レイプシーンが3回 ち○こ踏み踏み ち○こにピアス 平手打ちは数知れず
あまりの痛さに 読んでいて肩に力が入ってしまっていたようで 肩こりがぁ orz

BLに限って言えば 兄弟モノに対する嫌悪感ってのは不思議なほど感じないので どっちかっていうとDVの方が印象深かったです
親友面していた高瀬くんがいつ狼になるんだろうとワクテカしていたら
表題作の方でお泊りしたときは無事だったので ちょっと拍子抜け
続編『半夏生』で「そうきたかー!!」って感じでした 作者の焦らしプレイ?w

稲荷家さんのイラスト エロくて素敵 (*´д`*)ハァハァ
兄弟の小さいときとケモミミ兄弟がお気に入り ←外道

1

とにかく痛い

小さい頃両親の離婚がきっかけで離ればなれになってしまった兄の睦実と弟の達也。
母に引き取られた睦実は何不自由ない生活を送っていましたが、父に引き取られた達也は父親から虐待を受けていました。
そして父親の死がきっかけで睦実と達也は再会します。

実兄弟ものでDVということで自分的にはかなり萌えました。
弟は兄を無理矢理抱いたり殴ったりするのですが、それが終わるとまるで別人のように優しくなります。
それが怖かったw

兄が可哀想…だと思ったんですが、弟の「また俺を捨てるの?」というセリフはとても切なかった。
なんていうか全てが痛かったです。
兄と兄の友達が仲良くしている時もすごかったですねー弟のお仕置きが。
アソコにピアスは他作品でも読んだことありますが、やっぱり痛そうでした(^_^;)

最後はハッピーエンド…というより2人で闇へ堕ちていく、みたいな感じでした。
DVとか苦手な人は苦手だと思いますが、そうしてしまうのにも理由があってとても切なかったです。
実兄弟には萌えました(*´д`*)

1

「兄さんが、欲しくてたまらない」のキャッチは伊達じゃない

メインの2人の関係は、腹違いとか種違いとか親同士が再婚とか・・・そのような甘いものではなくガチで兄弟であった。
何とか読み切ったものの、やはり近親相姦に私のツボはないと確信した。
ものすごく現実味のないストーリー(と、脳が感じようとしている?)で、全てが心を上滑りしてゆくようだった。
やはり最低限、他人でヨロシク!なのである。

そうは言いつつも、みっちり全部読みきったわけだが、特に納得いかなかったのが、受けである兄の陸実の存在だった。
肉親という部分を抜きにしても、彼の思考は理解不能。
DVに走り実の兄を犯りまくる達也も頭がどうにかなっちゃってるんだと思うが、それ以上に全ての事を自分ひとりで背負って悲劇の主人公になりきっていた陸実がちょっと・・・。
幼い頃に弟の手を離してしまったことや、再会した後も彼の心の渇きを癒してやれないこと全てが自分のせいだと真剣に思い続けている。
えええっ、それって少し違うのでは・・・。

その内に弟に心身ともに依存していく兄の狂気と、弟の兄へ対する尋常ではない執着心が絡み合い、互いが互いを貪り喰らうような不毛な関係になったところで物語続きは閉じられている。
「彼らが幸せならばそれでいいじゃないの」と水原さんも仰っているので、きっとそれで良いのだろう。多分(;´∀`)

個人的に近親モノはNGなので評価は辛くなってしまったが、ガチ兄弟を美味しくいただけるというツワモノであれば、是非トライしてみてほしい。
隅から隅まで兄弟愛に溢れ、ある意味清々しいとも言える作品である。

6

すがりつく弟と一緒に溺れていきます・・ぶくぶく・・

DVものです。大学生の弟は、兄や母親に捨てられたというトラウマから、再びめぐり合って同居し始めた兄に、弟がいままで与えられなかった愛情をもとめてすがりつくのですが、些細な出来事、言葉尻の中からでも、かすかな裏切りを感じたら、人が変わったように暴力を振るいます。
一度手を離してしまった弟だからと、今度こそ力になってやりたいと、すがりつく弟と一緒に溺れていきます。どうしようもなく・・溺死しそうです。
しかし、弟も兄の真意を試していたんでしょうね。無意識に暴力というものさしで兄の決意を計っているんです。
弟の暴力に気付いた親友・・こいつは、いつか化けるぞと深読みするほど親切ですが、後半化けました・・やっぱり。無意識の下心みえみえでした。
親友のところに逃げ込んだ兄を折檻するために、友人たちにレイプさせます。
後半世間に知られてはいけないと思いながらも、弟を愛していてもう手放せないと自分の気持ちに決着をつけているので、読んでいてもなんだか安心です。
当て馬の親友も、いい感じに2人をかき回してくれるので・・笑

2

落ちたか…。

正直禁じられた兄弟愛どころではない。
お話は、幼い頃両親の離婚をきっかけに離ればなれになってしまった兄弟が、父親の死をきっかけに再開し、再び一緒に暮らすというもの。だがそれだけではない、DVあり輪姦ありの、もがけばもがく程嵌っていくと言う泥沼状態での近親モノでした。
弟の兄に対する執着は並々ならぬものであり、“異常”という言葉も当てはまるが既に“狂気”と化してるそれには雄々しく惚れるモノがある。
また合間には親友も関わってきます。兄に自分の所に来ればいいと言った時からこいつはアレだな…と確信できたよ。その通りでした。
暴力?異常な執着?近親モノ?バッチコーイ!な人には好みの一冊になるかもしれません。

※以下多少ネタバレ有
ある意味、弟は兄を“一人ぼっちにするのか”と脅している様にも捉えられるが…。水原さんの中でここまで凄いのは初めて。終わり方もハッピーの様でそうでない感もあって新鮮。あとがきで語られてる様に、確かに彼らが幸せならそれでいんじゃないと思ってしまう。
母を引き合いに出す親友や、そうさせない為に誘ってみちゃう兄や、どんな事があっても兄は自分のものだと言う我が続き儘っ子弟…。時折見せる優しさをずっと見せていてくれ弟よ…。兄が弟だけを望んだ瞬間に「落ちたな…」とニヤけてしまいました。
近親ネタ好きですが、両手を挙げて暴力反対 \(^∀^)/ なのでとりあえず後半は落ち着いた様でちょっと安心しました。でもこの、兄弟以上でもなくそれ以下でもないってのには惚れます。あくまでも兄弟だと主張する二人に愛の手を。

絵師は稲荷家房之介さん。兄様が傷を付くって悩む姿に動悸と目眩が。麗しいよ兄様。
ちなみにどうでもいい事ですが、最後のリングつけた箇所、ピアスとかも、最初は痛いけど慣れれば快楽にも変わるんだそうです。どんだけー(笑)。ホントどうでもいいな。

2

ぐるぐる

昔の昼ドラの核心部分だけを抽出して、さらに濃縮還元したような
筋書きなのですね♪
すごく気になります~。でも読むと気が変になりそう~。

精神的に

のっけからレイプ・・・近親相姦・・・暴力。
何でも有ですか ( -`Д´-;A)ヒヤヒヤ

後半は本当に壊れた弟と壊れた兄のコラボで読者の脳まで壊れそうな作品でした。
あとがきに「本人がよければいいのかも」なんて感じの言葉がかかれてましたが、本当にな・・と心底思いました。
どうもこうも・・・・私はまだ理性のある兄ちゃんが好きでした。゚(゚´Д`゚)゚。

文章の書き方も上手いので読んでいて楽しかったです。
ただし、兄の変わりブリはイタダケナイですが。
多少痛くても平気。もしくは鬼畜・凶暴・狂気好きな方は読んでみるといいよvvv←つまり危ない嗜好の人か?

ようは、危ないもの盛りだくさんなので、純粋な人は読まないで下さい。
ラブ嗜好な人は見ないで下さい。
ある意味21禁。
痛いです。でもこの痛さが癖になったらどうしよう。

2

終わりなき共依存関係

病的です。
近親相姦モノです。

水原とほるさんは、共依存の関係をゴールにすえることが多いんだけど、この作品はまさにそうです。
男女の関係でもよくあるけど、「暴力的な夫から離れられない妻」みたいの。よくよく関係を見てみると、夫だけじゃなく妻にも問題があって、実は妻側がそういう関係を求めてたりする、みたいな。
これを念頭において読むと、この小説のゴール地点なんて、まさにそうだと思う。
普通は共依存関係は両者ともに治療の必要な精神的な病気だけど、両者が納得してるんなら、それも一つの愛のカタチなのかなと思う。
近親相姦にレイプ、残虐なセックスオンパレードの痛い作品です。
水原とほるさんの歪んだ世界観を前面に押し出してる作品なので、心して読んでください。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ