寂しがりやな唇

寂しがりやな唇
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784592874751

あらすじ

大学生の松岡壱月は、従姉の結婚式でガラス作家の須嵜耀と奇跡の再会を果たす。
壱月にとって須嵜はファーストキスの相手。
しかも壱月は、このキスで自分の性癖に気付いたのだ。
一夜を共にしたものの、翌朝には須嵜は消えてしまっていた。
彼との出会いに運命的なものを感じた壱月は、何とか彼に近づこうとする。
だが須嵜はやんわりと拒絶してばかり。
焦れた壱月の前に現れたのは…。

表題作寂しがりやな唇

須嵜耀 ガラス職人
松岡壱月 大学生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ヤバイ系男子に好かれる男って・・

一條惺理/寂しがりやな唇 (白泉社花丸文庫)
純愛:☆☆
H度:☆
オススメ:☆☆
登場人物 松岡壱月 須嵜耀
ゲイで大学生の壱月とガラス職人耀の話です。
壱月の一方的な愛情表現は、正直好きではありません。
女性にたとえると本当にワガママで、ふられてもふられても強引に迫る姿は本当に女性っぽい感じでした。
「途中であきらめろよ~」って本気で思ってしましましたが・・。
元恋人の西岡が登場して、作品を壊していく姿はかなり凶器めいてます。
耀ってヤバイ奴からしか好かれないのか~男運悪いですよね。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ