攣哀感情 二重螺旋3

二重螺旋

攣哀感情 二重螺旋3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×24
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
93
評価数
23件
平均
4 / 5
神率
43.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784199003998

あらすじ

兄の雅紀に「好きだ」と告白されて以来、より甘く淫らになった悦楽の時間──。その濃密な愛に支えられ、連続暴行事件の怪我から復学した尚人。ところがそんな尚人に、同じ被害者の一年生・野上が急接近!! いまだ心の傷が癒えない野上は、尚人にだけは懐き、頼ってくるのだ。野上に嫉妬と危惧を覚えた雅紀は、尚人を「おまえは俺だけ見ていろ」と抱きしめて!? 背徳のディープ・エクスタシー!!

表題作攣哀感情 二重螺旋3

美貌のカリスマモデル 兄・雅紀
高校生の弟 尚人

評価・レビューする

レビュー投稿数8

事件を乗り越えて、強くなる絆

兄と弟のタブーな恋愛のお話、3巻です。
2巻で起こった傷害事件の影響は、まだ継続されています。

今回は、同じ傷害事件の被害者の野上が、尚人に近付きます。この野上の母親が、息子命で他人なんかどうでもいいという態度にイライラします。野上も、尚人の都合もお構いなしに振り回すし。思い込みも激しくて、嫌いな親子です。
そんな性格が起こした、野上の、桜坂への傷害事件。ほんと、前回から、桜坂は怪我してばかりで可哀想です。
だけど、桜坂を含め、尚人の友人たちが皆いいコでホッとします。
おまけに、引きこもりだった末弟が会話するようになり、野上にも噛みつくのがスカッとします。

長男と次男の恋愛面では、傷害事件以降、ますます兄の溺愛振りに拍車がかかってニヤニヤします。兄の、弟への甘いセリフや「な~お」と優しく呼ぶ声にキュンキュンします。
弟も、兄への依存が強くなってるし。エッチの時の弟の、普段とのギャップもたまりません。

気になるのは、妹の長男への引きずっている思慕と、桜坂の尚人への忠犬っぷりです。恋に変化することはあるのかと、ドキドキします。

2

なんかいつの間にか、脅迫されて手篭めにされてるはずの尚人が
雅也に~されて嬉しい・・・ソワソワなんてしはじめまして
いつの間に?!と思ってたら、その後になるほどな~な展開でしたね。
確かにもともと、雅也だけが尚人を気にかけてくれて、雅也だけが・・雅也が~
な尚人だったわけなので、「好きだ」「お前だけだ」「お前がいるから」なんて言われたら囚われてもしまうわな(/ω\)ショウガナイw
な今回。
なんだかんだで進展も多かった一冊ではないでしょうか。
相変わらず不幸の連鎖冷めやらず~ですが。

本編は、前回の暴行事件の引き続き。
尚人と同じく被害にあった後輩君、怪我は治ったのに引きこもり
部屋から出ることもままならない。精神的に病み病み
そんなさなか、みごと復活を果たした尚人になんとか息子を助けて!
な母親から始まるお話。
ま、なんにせよこの話、、、基本女は怖いというね・・orz
でもペアレントってこんな感じなんだろかと思ってしまう。
愛情が深いのはいいことなのだけれど、行き過ぎた愛情は・・・

そして我らが(ぇ)桜坂くんが・゜・(ノД`)・゜・
なにげに続き一番好きなのは桜坂くんでありましてですね
なに?なんなの?あの尽くしよう。
番犬よろしく、あーいう見た目なのに、心許した・・
一度主人と決めた相手にはトコトンみたいな子好きデス。
というか、番犬トリオおいしすぎるwwww好きw
不幸の連鎖は続いておりますが、あーいうところでは癒されたり

少しずつ引きこもり末弟も、頭起こしてきましたね。
これからどーなるのか楽しみです。

さて、問題のお兄様ですがww
この人、なんだかんだいっても、ちゃんと人としての理性はまだ持ってるのがあれですね。
素直に応援してやろう・・というのにはまだなんか粘っこいものを感じるのですが
尚人さえいればいい、誰よりも執着を持っている兄。
だけど、家族という意味での末弟の存在。
癒し、安らぎという意味での親友の必要性はきちんと認めた上で
という表現は、恐ろしいまでの執着愛においても~なモラルのようなものを感じました。

長女~な話もちらほら挟まっているのは
これから何らかの事件に関わるんでしょうか。楽しみです

2

世の中には色々な考えの人がいる

沙也加の話から始まったのでこの巻は沙也加が絡むのかな?と思ったら尚人の高校の連続暴行事件つながりの話になりました。
1年生、野上光矢は事件をきっかけに家から出ることができなくなっています。
野上の母親に頼まれてその手助けをする尚人ですが事態は思わぬ方向へ・・・しかし、暴力を振るわれて嫌な思いをしたのにその自分が人を傷つけ加害者になるとかどうよ。
野上親子の甘ったれた感覚にがっかり感満載です。
この事件で尚人は少し強くなりました。
そして冒頭に出てきていた沙也加の複雑な思いもこの先どう係わってくるのでしょう。
続きが楽しみです。

2

事件が事件を生んで、またさらに絡み合う

この「二重螺旋」という原題通りに、巻を重ねるごとに事件も、人々の感情さえも複雑に絡んで、この終着点は一体どこにあるの?
と、叫びたい気持ちになりますが、中だるみさせない作りはさすが吉原さんです。
事が複雑になるごとに篠宮兄弟の絆が一層強く深くなり、女達はより悪者になり、この「攣哀感情」も目が離せない展開に。

高校生襲撃事件で尚人と同じく被害者となった1年の野上の母親が、どうして篠宮は学校へ出ることができるのか、と過干渉ぶりを示すことに端を発する今回。
尚人は兄との禁忌、弟のひきこもり、父の不倫、母の自殺と、さまざまな試練を家庭に抱えていますから、学校が唯一の息抜きの場所であることが、野上とは全く違う点です。
しかし、それらは表にだすことのできない真実ですから、優しい尚人はできることで野上を助けようとします。
しかし、それが野上の尚人への執着を生み、周囲の危惧を超えてとうとう、キレた桜坂が、逆ギレした野上に刺される事件に。

これまでの事件で、兄・雅紀は尚人への執着する偏執的な愛情から、守りたい、唯一の存在になりたいという、本物の愛へ移行しているような態度になってきて続きいます。
それは、SEXに如実に現れ始め、尚人もそんな雅紀に素直に従い、甘えるようになってきました。
弟の祐太も、ただの反抗するひきこもりから尚人を守りたいという姿勢が見られるようになってきました。
何があっても、いつも綺麗で汚れのない姿で存在する尚人を、兄弟が、そして桜坂はじめとする、中野・山下といった学校の友人達が守ろうとしています。
そんな尚人の姿を偶然見かけた姉・紗也加。
大好きだった雅紀兄に裏切られ捨てられたと(本当は自分で出て行ったのに)思い込む、彼女の去就が尚人への嫉妬という形で今後の展開にきっと影響を及ぼしていくのかも?と予感させます。

CDも出ていますが、これを聞くと読むだけではつかみきれない感情がストレートに耳から入ってきて、よりこの作品の世界と流れがわかります。
お勧めですよ!

1

兄弟もん・・・読破中・・・・・。

え~兄弟もの・・・なーんて思っていたのが懐かしい(笑)
いや~これも萌えましたよどっぷり嵌りましたよ!! 
1~3巻まで一気読みしたうえCDまで手を出しちゃいましたよ(汗)

兄弟4人(長男 雅紀・長女 沙也加・二男 尚人・三男 裕太)の子供の頃 
家族が円満な場面から話しが始まります。

そして
父親が家族を捨て愛人の元へ 母親が病で倒れ精神的にもおかしくなり 
長男と禁忌の関係へそして母親が亡くなった後
長男と次男が禁忌の関係 二重螺旋へ・・・。
だんだんと昼ドラのようなドロドロ感が(ーー゛)
あっちょっと買って後悔?なんて言葉がよぎりました・・・

がっ\(◎o◎)/
兄 雅紀×弟 尚人 が関係を持ってからの話がかなり萌えで
どっぷり 嵌りました!! 鬼畜 兄最高です(涎がっ・・・)

最初 尚人は 
モテるしかっこいい雅紀が自分を抱く理由がわからず
愛情が見えず(始まりが強姦だし)
ただ自分を性のはけ口、誰かのかわりに抱くんじゃないかと悩むんです。
尚人は小さい頃から自分を可愛がってくれた雅紀が大好きだから
余計こんな関係は良くない続きって
だけど・・・ 
好きだから拒めず 身体は正直に反応していき落ちていきます
このですね~落ちていく感じもいいですね~ 
そして何と言っても 
Hの最中に尚人が雅紀を 
「まーちゃん」と子供の頃に読んでた愛称で呼ぶんですね~
これかなり萌えます(*^_^*)
もう とことん奈落の底までいっちゃって欲しいです。

三男の 裕太。
(一番父親に可愛がってもらっていた裕太は、父親が出てってからヒッキーになります)
雅紀と尚人がHをしてるのを知ってるんですよ~
そりゃ~夜な夜な隣の部屋で喘がれたらわかりますよね(笑)
でも、裕太は
嫌悪感より疎外感を感じちゃって受け入れちゃってるんです。
それが この後どう影響していくのか裕太がどう変わっていくのかも楽しみです。

あっそれから 
忘れてはならない 
長女 沙也加。雅紀の事大好きっ子です。
しかし、
母親と雅紀の関係を知り拒絶し家を出てしまいます。
けど時間が経っても雅紀への思いは変わらないようで・・・。

3巻の終わりには 
沙也加がたまたま見かけた尚人が
母親と雅紀の事、父親の事があったにも関わらず変わっていないようにみえる
ことに嫉妬してなんやら嵐の予感・・・。
まっ尚人は雅紀にちゃんと好きだと言われて
自分が性のはけ口だったんじゃないとわかり満たされて
愛されちゃてるから幸せオーラ出ててもおかしくない(笑)
(※この時点で 沙也加は 雅紀と尚人の関係を知りません。)

あ~続きが早く読みたーーーーい。 

1

再生する絆

1巻では壊れ行く家庭が綴られ、2巻では兄が弟に向ける歪んだ愛情と父への怒り。
そしてこの巻で、やっと兄弟の立ち居地が確立した話へと進みました。
まず、末っ子裕太が少しずつ兄達に歩み寄ります。
尚人の事件以来、生き方を変えることを決意した裕太は、引き篭もりを徐々に改善してゆきます。
まだ不登校のままですが、部屋から出て家事も手伝うようになりました。

尚人の1級したの生徒・野上が事件の精神的ストレスから引き篭もりとなっています。
何とかして欲しいと野上の母親にすがられますが、尚人は感情に流されることもなく淡々とそれを拒否しました。しかし、尚人の根底ある優しさから、つい手を差し伸べてしまいます。
野上の母親はまるで息子の事を理解しておらず、赤の他人である尚人が理解しているなんて…、その辺の描写もわかりやすく書かれていて、ストーリーに引きずり込まれてしまいました。
尚人の存在が野上には理解者を得た喜びとなり、ここにも歪んだ独占欲で狂っていく様が描かれていました。
野上も壊れてゆきます、尚人を独占したいあまりに、尚人の友人を傷つけるほど狂ってしまいます。そして母親はなぜか無続き力なのです。

野上に対し、同じ引き篭もりの経緯を持つ裕太は快く思っていません。
尚人を都合よくボランティアに使って欲しくない、と尚人を守る行為に出ます。
野上を見て、自分を照らしあわす裕太は、苛立ちながらも引き篭もりが甘えであった事を認め反省してゆきます。

この巻でも相変わらず雅紀と尚人は濃厚な関係ですが、尚人へ対する愛情がたくさん書かれていて、いやらしいのですが温かみさえ感じます。
それは裕太も同じで、兄として家族として尚人を大切に思う気持ちに、父も母も姉も居ない篠宮家に幸せの予感すら感じてしまいました。
たぶん、まだそれはなさそうですが…。
壊れた家族が新しい形で再生してゆく、そんなストーリーでした。

3

なんかスゴい人ばかりになってきました(笑)

良くも悪くも、吉原さんの作品だなぁと思うお話です。1巻で丁寧に家庭環境や二人が関係を持つまでを説明し、2巻では長兄と次男のラブを中心に心の内を詳細に描き、この3巻では主人公達の社会生活、交友関係と徐々に世界が広がって来ています。丁度上手い具合に「起」「承」「転」と進んでいる感じですね。すると次が「結」?!いや、それはヤダ。早すぎる。正直、吉原さんにライフワークにしてもらいたい位好きなお話なんですもん!

普段BL小説を読んでいる時には、二人だけで終始する特有の狭い世界に辟易することが割とあるのですが、この作品の場合は「早く二人だけの世界を」とか思ってしまっている自分に我ながら情け無さを感じつつ・・・3巻の終わりに、少し不安になりました。
というのも、その昔、吉原さんの書かれたライト系学園モノで唯一気に入っていた作品があったのですが、その終わり方が酷かったのです。伏線引くだけ引いておいて「後はいつか機会があればね」的な中途半端な終わりで、その後その作品の続編は出ることがありませんでした。ええ、もう10年以上昔の話です・・・
今回の「二重螺旋」は、世界が広がった割に終わり方は結構唐続き突に感じられたので、私の中に以前感じた絶望感が甦り、もしかしたらこの先このカップルで念願の甘々が読めないのではないかという不安がムクムクと芽生えて来たのですよ~
こんなに広げちゃって、登場人物それぞれが個性を発揮し始めちゃったら、作者がまとめるの面倒臭くなったりとか飽きたりしないかしら~なんて、作家さんには非常に失礼なんですけれども、昔の古傷が・・・

それはともかく、今回のお話の目玉が面倒な後輩君です。これがこの先への何かに繋がるのかまだ分かりませんが、はっきり言ってこの後輩君には苛々させられっぱなしです。「そっちに割く時間は是非お兄さんに!」と私が尚人にお願いしたくなる位ですから、当然兄雅紀や弟裕太もヤキモキしています。裕太が電話口で後輩君にビシッと言うところは爽快でした。兄は大人の余裕で見守っていますが、勿論面白くはないわけです。まぁそれはHで効果的に吐出されておりますが。ちなみに口絵のそんなHシーンは、兄の右手親指に注目です。円陣さんグッジョブ!(笑)

設定が大好きなため、このシリーズは「神」評価せずにはいられないのですが、吉原さん独特の言い回しは、苦手な人がいるかもしれません。実は私も気になる方です。
例えば、読点の打ち方。そして、カタカナの使い方やルビ、「どっぷり」「きっちり」など独特の形容表現。
でもそれらを入れても、やはりこれほど萌える兄弟モノって私史上他に類を見ません。

あとがきで作者が「ラブラブはまだ先」って言ってましたが、2巻以降は結構甘々な感じがしていたので、これ以上ラブラブになるのかと思うとホンットに先が楽しみでなりません(笑)

2

アンモラルの中のモラル

オモロイです。
一巻から緊張感が途切れないのがスゴイ。
新しい事件や展開が、不自然ではないかたちで次々に置き、少しずつ変化していく登場人物の内面には説得力がある。
長男の雅紀は自覚のある天才であり、狂人だ。すがりつく母とはじめてセックスしたときにはできてなかった自己分析も、今はきっちりできている。
次男の尚人はしなやかに強くて優しい。周囲を惹き付ける磁力は、目に見えて華やかなモデルの長男以上だ。
三男の裕太は、少しずつ脱皮しはじめている。殻を破ったときに一番変化するのは彼じゃないだろうか。

私は、尚人の友人の桜坂が好きです。
尚人を真の意味で救えるのは、桜坂しかいない気がする。
くそー、続きが読みたいぜ。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ