好きさ、しびれるほど

好きさ、しびれるほど
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%

評価・レビューする

レビュー投稿数1

絵は苦手。でもおもしろいんです!

小沢孔璃子先生には大変申し訳ないが、絵は私の好みではないのが本音だ。
いつの時代の絵なんだ!と言うほど、今時の絵ではないのだ。
しかし、絵は苦手でもHもエロエロでストーリーがおもしろいのだ!
本当におもしろいのだ!
・・・そう思っているのは私だけだろうか・・・。


主人公の光(受け)は子どもの時に親から虐待を受けたせいで、上手く言葉が話せない。
光と同じ施設で育った仁(攻め)と3年ぶりに再会し、仁のアパートへ行く。
そこで仁に突然キスされ「ずっと好きだったと」抱かれる。
びっくりした光だけど、でも嫌じゃなかった。
それは光も仁が好きだったから・・・。
でも光は上手く言葉に出して話せない。

仁は仁で光を幸せにしようと一所懸命だし、光も役者志望の仁の邪魔をしたらいけないと、本当は仁が好きで一緒にいたいのだけど離れようとする。

仁の深い愛情で光は吃音症も治り、ハッピーエンド。

絵は苦手だけど、本当に面白いんです・・・。

1

芽生

のびさま
初めまして。芽生です。
コメント有難うございます。
万人受けではないとは思いましたが、レビューさせて頂きました。
同じ思いの方がいらっしゃってホッとしました。
ストーリーはおもしろいんですよね、ホントに。
ただ、絵がコワイだけで・・・。

のび

同感です。ストーリーは面白いけど、絵がちょっと受け付けられなくて、でもなえるほどでもないので、微妙だなと私も前々から思っていました。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ