沈黙の恋情 ~不安な夜を越えて~

沈黙の恋情 ~不安な夜を越えて~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
プラチナ文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784829623343

あらすじ

無愛想(でも突進系)美人の睦月がベタ惚れなのは、自堕落な生活を優しく窘めてくれる、大型ワンコ系の志朗。その愛が暴走してつい志朗に媚薬を盛ってしまい、豹変した彼に「中が真っ赤なの、よく見えるよ」と淫具を使われ、よがり啼くまで嬲られたりもした。普段の志朗は睦月を大切にしてくれるし、彼といるのは穏やかで、楽しい。だが柔和な表情に一瞬翳す観察者の目に、睦月は気付いてしまう。--それは封印した過去が蘇る予兆だった。夜明けを信じる揺るぎない恋。

表題作沈黙の恋情 ~不安な夜を越えて~

大型ワンコ(笑)・志朗
無愛想な美人・睦月

評価・レビューする

レビュー投稿数1

そこまでして・・・? 惚れたから?

無愛想だけど美人の睦月が、職場に客としていた志朗を拾ってきた。
ヘタレな志朗に頑張って欲しくて、媚薬入りのお酒を飲ますが、媚薬の量を間違えてしまい、ハードなことになる。

志朗が女と密会しているのを目撃・・・
実家の怪しい動き・・・
志朗とのケンカ

志朗がいなくなり気付く、志朗への気持ち

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ