お嫁においで

お嫁においで
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
17
評価数
5件
平均
3.4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784861341380

あらすじ

パン屋で修行中の羽村杏と、大手商社営業マンの山県柾は20年の付き合いになる幼馴染み。二人は同い年の26歳だが、柾は二股・三股当たり前、来る者拒まず、去る者追わずのろくでなしで、彼女が途切れた事がない。対する杏は、生まれてこの方一度も彼女ができた事がない。実は、杏は密かに柾に恋心を抱いていたのだ。そんな杏に、柾はある日「偽装結婚しよう」と言ってきて―。

表題作お嫁においで

大手商社営業マン
パン職人見習い

評価・レビューする

レビュー投稿数2

かわいい

受けの杏がかわいいです。ほんとっ26歳か~と思えるくらい。
でも健気で、考え方もしっかりしていて好感がもてるかな。幸せになってよかったね(*^^)v

攻めの柾は、何で今まで手を出さなかったのか…もっと早く手を出せば良かったのに~。遊ばれた女の子達がちょっと可哀想になりました。
自分だけ幸せになりやがってってとこかな。

でも柾のお母さん…ちょっとやりすぎ(笑)

読み終わって”ほんわり”とする話です。

電子書籍で「お嫁においでよ・番外編」を見ることができます。チケットがいるけどね。

その中で、杏のお母さんも…はじけてます。(笑)



0

この攻だったら私が嫁になってもいい。

攻の愛が感じられる作品。
主人公のことが好きな攻が主人公を嫁にするためにあの手この手で頑張っちゃう話です。
主人公はかわいくて良い子だし、攻も素敵です。
主人公に悪い虫がつかないように見守る、というところに不器用な愛を感じます。
本筋に全く関係がない話ですが、パン屋の息子に軽い殺意を覚えました。
主人公が攻とくっついた後の話が個人的に好きです。
攻のお母さん、完敗ですね。わかります。(←読めばわかります)
本棚からついつい引っ張って読みたくなる本です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ