婀娜めく華、手折られる罪 花降楼シリーズ第四弾

adameku hana taorarerutsumi

婀娜めく華、手折られる罪 花降楼シリーズ第四弾
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×29
  • 萌12
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
13
得点
88
評価数
26件
平均
3.5 / 5
神率
11.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784592874768

あらすじ

吉原にある男の遊郭『花降楼』に売られた椿は、やがて十八になり、いよいよ水揚げ(初めて客をとる)の日を迎える。
大勢の男たちが争う中、大金を積んでその権利を競り落としたのは、広域暴力団組長・御門春仁だった。
御門はその後、椿の許に通ってくるようになる。
財力を背景に、鷹揚に椿の贅沢を許し、我が侭を楽しむかのような御門に、椿は…。
大人気、花降楼シリーズ第四弾。

表題作婀娜めく華、手折られる罪 花降楼シリーズ第四弾

御門春仁 ヤクザ
椿 男娼

同時収録作品婀娜めく華、手折られる罪

綺蝶 男娼
蜻蛉 男娼

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

今まで読み逃していたのが本当に勿体なかった・・・

個人的な花降楼ブームの再来で、読み逃していた作品を読んだり、以前読んだ本を再読したりしています。
この作品は花降楼シリーズの中で、読み逃していた作品の1つです。

なんとなく読まなかった理由は、綺蝶と蜻蛉カップルが好き過ぎて他のカップルの話に興味が持てなかった事、やくざ相手である事(実はあまり積極的にはやくざものは読まない方・・・)、その後のカップルを描いたドラマCD「華園を遠く離れて」や、忍が主役のドラマCD「夜の帳、儚き柔肌」等で椿の存在は知っていたので、元気もあって気も強くて色子としての才能もある椿がひたすら我儘放題をして相手を振り回しながらもひたすら溺愛されるというドラマ性の少ない話なんだろうな~と勝手に思い込んでいたからなのです。

今となってはなんて失礼なその当時の私・・・
今回読んでみて、私の思い込みがいかに愚かであったか分かりました。

廓に売られてくる子にドラマがないはずがないのですよね・・・
そして、いくら気が強くても、その胸の内には色々と抱えている物なのですよね・・・

しかも、椿は、他のお客さんの事は上手にあしらったり、手玉に取ったりできる続きのに、御門にだけは振り回されるという設定でした。

しかも今回は、攻め様も受け様も、家庭環境、生活環境に恵まれなかった、どん底生活だった子供時代を背景に持っていて、しかも椿は大変に血気盛んで元気で強いキャラ。
なので、色子が身請けされてただひたすら守られる(但し御門の財力は物凄い)・・・というよりは、共に生きていこう!!!という感じの2人なのです。囲われる、庇護される・・・というよりは、カップルであり、人生のパートナーでもある!!!というのが新鮮な印象でした。

今まで読まなかったのが本当に勿体なかった・・・


1

豪快なストーリーに隠れた繊細な恋

花降楼シリーズ第四弾です。
こちらは、第三弾とほとんど同じ時系列で起きているお話になります。
メインカップルのキャラクターも対照的で、あえて対比させるような書き方をしている部分もあるので、ぜひ二冊まとめて読んでください。

今回の主人公は、勝ち気なツンデレの椿とやくざの御門。

椿は父親がやくざにもなれないようなチンピラで、苦労した末に花降楼に売られて来ました。
でも椿のいいところは、そこでウジウジせずに上を目指そうと頑張っているところ。
お金を貯めて、外に出て母親と一緒に暮そうと考えています。
そのためには客に嘘の身の上話をして同情を引いてみたりもしていて、その辺りのことはちょっとコミカルな感じで面白かったです。

御門はやくざで、しかもただのやくざではなく椿を売った張本人。
なので椿には憎むべき相手なんですね。
なので椿は御門を困らせようと色々するんですが、それを余裕たっぷりに受け止めて逆に楽しんでいるような感じです。
私は受けを甘やかす攻めがすごく好きなので、この御門は結構ツボなキャラでした。

あと、この作品で印象に残るのは、とにかくお金の使い方続きが豪快だということ。
御門はやくざで金離れがいいし、椿も派手好きなタイプなんですね。
で、御門はそんな椿を甘やかそうとしていて、椿は自分を売った御門から金を搾り取ってやろうと思っている。
どこにもストッパーがありません。
なので色々と派手なお話です。

でも、その中で起こっているラブストーリーについては、実はとても繊細なのかもしれないとも思います。

椿が売られて来た時に、椿の知らなかった所で起こっていたこと。
御門が椿を花降楼に売ったのはなぜなのか。
そこで見え隠れする御門の優しさと寂しさ。
ゴタゴタに対する決着の付け方は少々派手でしたが。

最後は寂しさを知る二人が寄り添って家族になろうという、温かなハッピーエンドでした。

0

女王様……というよりお嬢様orお姫様的な…


私がこの話で思わずツボにはいったのは
2人がくっついた後なのですが、
ヤクザの若頭の誕生日会を店(花降楼)でやったのは
いいけど、結局お代金を払うのは、若様だよね…
とツッコミたくなってしまった私であった。


でも、それでも椿に祝われて嬉しい若様の
心の広さや資金があるところは流石、ヤクザの若頭と思いました。

これから、姐さんさんとして過ごしていく
椿の生活がとても楽しみです。

番外でも、何でもいいんで出てくれたら
嬉しいです。

0

女王様というよりツンツンお姫様

花降桜シリーズ4作目です。
遊廓に売った男に水揚げされた椿。
憎い男のはずなのに何度も通われ、御門の過去や甘やかされるうちに御門が気になり始めてきて…という話。

とにかく御門が椿を甘やかしまくってます。
水揚げの時に慣れない身体に挿入されてボロボロ泣く椿を見てやめようとしたり、最初から結構優しかったですね。
椿の性格もハッキリしていてウジウジしてないところが良かった。
遊郭物と聞くと浮かべる悲壮感があまり漂ってなかったのでサラサラ読めました。

0

勝ち気なお姫様に見せて、意地っ張りなだけだったり

前作「夜の帳、儚き柔肌」にて主人公忍に色々な意地悪をしている(ように見えた)同輩の椿ちゃんにスポットがあたったお話です。
カップルとしてはヤクザ×娼妓という、花降桜シリーズの中ではある意味一番らしいカップルですね。


私は結構忍ちゃん贔屓なので、ちょいちょいイケズなことを言ってくる椿ちゃんにはあまりいい印象がありませんでした。ですので今作が販売された時も「あー、今回は椿ちゃんなのねー…。」とあまり乗り気ではありませんでしたが、大好きな花降桜シリーズだしまぁ買っとくか、と。

読んでみた感想としては勝ち気なお姫様かと思いきや、懐に入れた人にはツンツンしながらも「べ、別に心配なんかしてないんだからねっ!」とテンプレート通りのツンデレっぷりでした。
お金さえあれば誰でも大事なお客だなんて言っちゃうのはお金のことで苦労した末に苦界に売られた過去があるからだし、必死に魅惑の娼妓ぶりたいのに因縁のある御門さんには気持ちを抑えられないし…、と沢山可愛らしいところがあったんだね。

とは思いつつも、あんまり良い印象が無さ過ぎたために萌えて萌えてしょうがない!とまではいきませんでした続き。う~んやっぱり椿ちゃん編はあんまりかな、と思っていたんだ次作「華園を遠く離れて」を読むまでは!

この婀娜めく~ではあんまりかな、という方も華園を遠く離れてをセットで読んでみてください。忍ちゃん、椿ちゃんの奥様っぷりが楽しめますよ~。

1

女王様受け!

 吉原にある男の遊郭「花降楼」に、母親の自由と引き換えに売られた椿は、やがて十八になりいよいよ水揚げの日を迎える。
 大勢の男たちが争う中、大金を積んでその権利を競り落としたのは、広域暴力団組長・御門春仁だった。
 自分を売ったのも暴力団で、椿は暴力団なんて大嫌いだったのに、あろうことか椿の前に現れた男は、椿を花降楼に売った男だった。

 最初は反発した椿だったが、御門の「俺の身代を傾かせてみろ」の言葉に、負けず嫌いが刺激される。
 御門はその後、椿の許に通ってくるようになり、椿は御門を傾かせてやろうと贅沢や我が儘をたくさんいうが……

 という話。

 今度は蜻蛉とは別の意味の、もっとわかりやすい女王様受け。
 贅沢が好きで、わがままも欲しいものもはっきり言う。
 蜻蛉は、何にも興味がなくて、それゆえ皆が必死になって蜻蛉の興味を引こうとする、という女王様、というお嬢様な感じだったんですが、椿は完全に女王様。
 贅沢も好きで、派手なものも好き! という……(苦笑)

 一方の御門はそれを鷹揚に許している……という。
 いや、どんだけお金あるんだよ!! って続きいうツッコミはなしですよね。
 ファンタジーだもんね!

 で、負けず嫌いな椿と、大人の余裕のつもりですべてを背負っちゃって何にも本当の事を言わない御門は、二人の間に誤解があって、なかなか椿が素直になれないんだけど。
 その誤解が解けたら無事にハッピーエンド……でした。

 女王様受けも萌えますよね!

1

椿いいなぁw

やはり私は3巻が一番好きですが、この話は2番目に好きですね☆
キャラがいい!
設定もいい!
3巻の蘇武は私的表現で色男でしたが、この4巻の御門は男前!って感じでした。
どちらも超タイプww

この二人の駆け引きがすごく良かったです。
特に水揚げ後の送り出すシーンの下駄を投げるところが好きですw
下駄を投げる椿も可愛いし、それを持って帰る御門もいいし♪

あと、ほのぼのエピソードとして卵焼きのところも可愛くて好きでしたww
初めは綺蝶×蜻蛉が一番だったけど、こうやって読み進めてみると他にもどんどん好きなCPが出てきました♪

0

ツンデレに萌えます

私の場面、先にドラマCDを
聴いてしまっていたので
なんとなく内容はわかった
状態で読みました。


ドラマCDにはない話が
含まれていたりして
満足できる作品でした!

椿が元客に命を狙われる
シーンがあるんですが
その時の御門がすごくかっこいい!

小説は滅多に読み返さないのですが
この小説は何度も読んでしまいます!

オススメです!

0

普通

わりとありきたりなテンプレのカプというか、定番な設定。
主人公がアホの子というか、頑なな意地っ張りでバカな子という感じ。
わたしはイマイチだったかな。

0

マキシマム! 勝気な婀娜花は、最高に高くつく男

「花降桜」シリーズ・第4作目です。
さて今回の美妓は、廓に売られてここ数年、
やることなすこと一流好み、派手好きで、
成金趣味は御愛嬌! お職目指して今日も戦う…椿にございます☆
その贅沢好きは、19世紀のクルティザンヌも真っ青www
男で良かった(…っていうか、女性なら完全に嫌われてる!)この椿、
鼻っ柱の強さも一流なら、負けん気も天下逸品で、売られてきたのにこの言葉!
「お職にでも何でもなってやる…てっぺんを目指してやる」とかなんとか…。
こんな椿を見受けした酔狂者の御門というこの男…
広域暴力団組長で、これまたやることなすことケタ外れ!
紀伊国屋文左衛門真っ青の金使いで、椿をモノにしてしまいます。
(↑ああ、趣味の悪さも超一流でしたね…成金趣味。)
実はこの男、椿を遊郭に売った超本人で、水揚げの相手で、
ついには身請けまでしてしまうのです。
まさに揺り籠から墓場まで…もとい、
女衒から身請けまで…の遊郭物語のフルコースであります☆
ここで…ちょっとびっくりなのは、それでも椿は十分綺麗なんですよぉ!
まぁ…もともと美人なのは保証済みで売られてきたの続きもあるけれど、
これくらい気が強ければ、いろいろと貌にアクのひとつも出てきそうなのに…
このミラクル、いったいどうして???
それはたぶん…自分をとびっきり高く売りつけたい精神が、
ずーっと続いているからですよ。
これは1種の魔法みたいなもので、こういうスピリットを持ち続けていると、
どうしたって「不特定多数にアピール」する美貌を、
磨いてしまうんです、どうしてもねっ。
廓ライフで上客を物色していると…つい、
いつどこでどんなお大尽と巡り会うかも知れない…っていう、
(良くも悪くも)前向きな緊張状態が続きます。
そうやって綺麗になっていくんです、これが魔法の正体☆
(↑あ…これって、彼氏がいなくて結婚願望が強い女性にも、
  よくある現象です。こういうパワー、好きですよっ。)
対する御門も、こういうイキのいい妓が大好き見たいで(笑)
ドロッドロの甘やかしてますねぇ。
やっぱり…イキのいい受にはセクシーな攻が似合います。
さて褥では…お殿様ごっこ、笑いました。
でも、これくらいは許してあげましょう。
なんてったって大門打ちまで、やってくれましたから、ご褒美です。

1

蛤になったつもりで締めろv

このセリフが大好きです(*´д`*)

売春防止法が廃止されて十数年後の
仮想現実の中のお話。

近代の話ではなく現代のお話です。

美妓ばかり集められた
花降楼は吉原イチの男娼専門の大見世v
このシリーズは、男娼=色子たちが運命の客に見受けされるまでの物語。
シリーズ第4作目です!

春を売る花降楼の色子はみんな花の名前の源氏名を持ってます。
今回の主人公は、椿。
真っ赤な椿のような大胆で派手な色子です。
美人で負けん気が強くて、ちょっと意地悪w

お相手は大きなヤクザ組織の若頭v御門。
まぁーvこの男のお金の使いっぷりが半端ないですwww
おそらく一番お金を使ってるのはコイツだと思います。

受けも攻めも、ふたりとも気風が良く男前なところが
大好きなCPですねぇ~v

椿を売ったのも買ったのも見受けしたのも御門w
どんだけ無駄使いしたんだろwwwっていうのも含めて
御門が一番お金を使ったと思うんだけどね。

受けは、髪を伸ばし女郎のような赤い襦袢を身に着けるというスタイル。
ぱっと見、受けは女子ですw
それでもやっぱり受け続きは、男子だと思える不思議な作品です。


1

ツンツン椿がカワイイ

花降楼シリーズ、椿編
派手好みで負けず嫌いな椿。
椿は、お職になって、自分を郭に売ったヤクザを見返し、いずれは金を貯めて母と暮らすという目標があったが、そんな椿を水揚げしたのは、その自分を売ったヤクザの御門で、
と、始まる椿編。

この本と対になっている「夜の帳~」に登場する椿は、気の強さばかりが目についたが、椿メインになってみると、
か、かわいい!

どんどん御門に惹かれていっているのに、ツンツンしちゃって
か、かわいい

最後には誤解も解け、めでたく御門に身請けされる椿、
シリーズのその後の本では、立派に姐サンしてる。

ともあれ、このシリーズって、ちゃんと「身請けされる=ハッピーエンド」の、わかりやすい所がいいよね。


このCD版は、椿=成瀬誠、御門=諏訪部順一
成瀬さんは、絡みのあるBL作品はあんまり無いけど、ツンツン椿にぴったりな勝ち気声。
べ様の御門は、もう、これは決まりすぎて、エロ過ぎて、怖いくらいでっせ。

2

シリーズ4作目

父親は、どうしようもない、チンピラだった。
母は、昔、飛び切りの美人だったらしい。
それも今は昔。

借金の方に、父親に自分と母親を売られた。
母だけは守りたいと、自分を売ってほしい。高く売れたら母親は開放してやってほしいと椿(源氏名)は言った。
売られてきたのは、花降楼という男の遊郭。
ヤクザは嫌いだ。
そして、月日はながれ、水揚げの日がやってきた。
目の前に現れた男に椿は目を見ひらく。
あの時、自分を売った男。
何よりもきらいなヤクザ。
せり競って、高額な額で買った男は・・・・!?


という感じですね。
売られてきてどうの~な、ちょっとハードな設定ではあるものの、気丈というか、気が強いというか、根太いというか。
椿の性格のためか、あんまりセンチメンタルな気持ちにはならないのが不思議でした。
こういう子も、面白くないわけじゃないんですが、盛り上がり的には、この性格のせいで若干落ちたようなきがしなくもなく(-ω-` )
逆に、攻のヤクザさんは、案外甘くてよかったです。
つんつん突っ張る椿を、甘やかし放題。
もともと、売ったときも、なんだかん続きだで助けてくれた形になってたわけで。
椿のために、お金も使い放題。
すきにさせ放題。
身請けされてくれるならどんなことでもしよう。
他の男に触れさせたくないと。
なかなかの乙っぷり(っ´∀`c)キュンキューン

もうひとつの楽しみは、シリーズ中、各キャラクターは、かならず誰かと絡んでるんですね。
その絡みの場面がですね、あ~そうか。
と。
ようするに、違うキャラクターメインでのストーリーのときに、そのキャラクターが感じていた感じと、逆のキャラクターになったときの感じが違う視点でみれるのが面白い。
忍(夜の帳~)との卵焼き事件は良かったなww

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ