脳内恋愛のススメ

nounai renai no susume

脳内恋愛のススメ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
1
得点
0
評価数
2件
平均
1 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199603143

あらすじ

平凡な花屋のバイト・裕(ゆう)は、実は多重人格者!!クールな“要(かなめ)”は、眼鏡の似合うエリート弁護士。ワイルドな“亮(りょう)”は、喧嘩上等! なボディガード。二人の別人格に溺愛され、体を乗っ取られてはひとりHさせられちゃう毎日だ。そんなある日、裕は片想いしていた須合(すごう)にデートに誘われて!?恋もSEXも三者三様ノンストップLOVE。

表題作脳内恋愛のススメ

精神科医・須合
多重人格で花屋のバイト・裕

同時収録作品脳内恋愛のススメ

雨宮/検事
要(裕の別人格)/エリート弁護士

同時収録作品脳内恋愛のススメ

亮(裕の別人格)/遊び人
忍/二重人格

その他の収録作品

  • スペシャル番外編 多重人格は大忙し

評価・レビューする

レビュー投稿数1

多重人格の受け

受けが多重人格の話です。
人格が変わると、パートナーを変えて、攻めになったり、受けになったりもします。
あすかさんの二重人格物の小説を、関連して思い出しました。

精神科医の須合 天然真面目攻め×花屋のバイト・五十嵐裕 元気天然受け
多重人格の裕が、いつも花を買ってくれるお客の須合を好きになる。
裕のことを好きな他の人格はそれが気にいらなくて、恋路の邪魔をしてきて。
自分以外の他人から愛されたいと思っている裕は、2人を無視するようになる。
デートを重ねる内に、須合が多重人格の症例に興味を持っていることに気付いて。

花屋でバイトを週に3日する平凡なタイプの青年の五十嵐裕がメイン人格です。
子供の頃の母親からの虐待が原因で、多重人格に。
要は、超エリート弁護士で25歳にして事務所持ちでメガネをかけたクール系です。
亮は、腕っ節の立つ遊び人タイプです。
3人で交替して身体を使っていて、人格が変わった時は見た目も性格も変わります。絵柄も違うので、殆ど別人感覚でした。
要も亮も一番愛しているのは裕で、裕の意思を残したまま右手を使っての自慰というか、手淫が一番萌えま続きした。
話が進行していくにつれて、人格それぞれに相手が出来てしまったのが個人的には残念です。

精神的にはSで、肉体的にはMの雨宮検事×弁護士の要
遊び人の亮×元多重人格の風見忍
最後の番外編では、非常に忙しい夜の生活が描かれています(笑)

一人の身体で受け攻めどっちも出来るということは、つきつめれば両方やっているって事になるので、個人的に苦手展開でした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ