学園ヘヴン 丹羽編

学園ヘヴン 丹羽編
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
14
評価数
6件
平均
2.7 / 5
神率
0%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784862630094

あらすじ

人気BLゲーム「学園ヘヴン」の丹羽ルートをコミック化。

表題作学園ヘヴン 丹羽編

学生会長 丹羽哲也(3年生)
高校生 伊藤啓太(1年生)

評価・レビューする

レビュー投稿数5

ゴッチャゴチャで分からん

えー、スンマセン。
ゲームは既プレイです。

まず言いたいのが、「不親切すぎる!」ということ。
しょっぱなから、キャラがゴッチャゴチャで意味不明!!
「なんじゃ、こりゃ」って感じです。

私は、ゲームを既にプレイしているので
分かるんですけどね…、うーん。
「原作に忠実に」は、作られているとは思います。

けど!
ゲームをプレイしていない人にとっては、あまりに不親切すぎ。
攻略キャラ10人が主要人物として、前半にゴチャっと登場したら、
誰だって、訳分かんなくなりますって…。
頭、こんがらがるよ…。
もちっと、考えてくれ……、spray(ゲームメーカー)さん。

学園ヘヴンは、漫画化しているシリーズ(○○編とか)が
いくつかありますが、今からそのシリーズ見るのが怖いな…。

-------------------

今回は「丹羽編」ということで、王道……とでも
いうんでしょうか。
そのルートの漫画化です。
私もゲームをプレイした時は、丹羽を最初に攻略しました。

でも今考えると、最後まで丹羽を「王様」って呼ぶのは
変だなぁ……。
続き
アダ名って言うより、畏敬の念を込めて、
学園のファンたちが勝手につけたような名前ですからね…。

主人公の啓太(受け)が晴れて丹羽(攻め)と恋人になって、
エッチするときも「王様」って呼んでましたからね…。
凄い違和感がありました。

私がゲームをした時は、残念ながら(?)
直接エッチシーンが出てこなかったので、
(寸止め朝チュンみたいな感じだった)
致す時まで啓太(受け)が丹羽(攻め)を「王様」と
呼んでいたのかどうかまでは
不明ですが……。

-------------------

このゲームは、好きです。
単純明快で、ルートも分かりやすい。
主人公にも魅力がありますし、周囲のキャラも豪華!
ボイスもあって、素敵です。

でもなぁ…、漫画化にするときは
もちっと考えて欲しかったなぁ。

というか、ゲームの素晴しいイメージを
どうか壊さないでくれ!(切実)


「丹羽編」と銘打つならば、それに的を絞って欲しかった。
それならば、こんなにゴッチャゴチャにならずに
済んだものを…とか思います。


それに不満なのが「ラブ」が少なかったこと。
BL学園なのに、「ラブ」がないとは何事だ!(笑)

-------------------

他にも「学園ヘヴン」のシリーズがあるみたいなので
手にとって見たいとは思いますが、
「丹羽編」のようなゴチャゴチャがありませんように…と
祈ります。
簡潔で明瞭にお願いしたいですね。

スンマセン。

1

生徒会長と転校生の恋

学園ヘヴンに興味を持って、コミック版を読んでみました。
この本は学園ヘヴンの丹羽編が書かれており、大体のゲームの流れを知ることが出来ました。
ざっと言うと王様と呼ばれている生徒会長と、運だけが取り柄の転校生の恋。主人公の啓太の退学を取り消すために、全てを投げ打って必死になる生徒会長…まるで少女マンガのようで、キュンとしました☆
だけど、啓太は女々しい印象は受けませんでした。他の人もおっしゃっていますが、自分からキスしたりします。あんまりにも女の子みたいな受けは好きじゃないので、ここは良かったです!
ただ、私はゲームの概要を知るだけで良かったので気にしませんでしたが、長いシナリオを一冊にまとめてあったので、少し話の展開が速かった気がします。ゲームが気になっている方にはおすすめです!

0

入門編

ストーリー自体はゲームの丹羽ルートをなぞっているだけなので、学園ヘヴンの入門編にいいと思います。一応大まかなストーリーの流れとかキャラの性格とかはわかるのでは。

個人的に、丹羽×啓太が一番好きなカップリングなのでそれなりに楽しめました。

啓太ってごく普通の男の子ですけど、いやだからこそですかね、けっこう積極的ですよね。告白シーンで自分からキスしたり。ゲームもきれいだけど、やっぱり氷栗さんは漫画絵のほうが好きです。

ラストの丹羽と西園寺に爆笑。確かにどっちも嫌(笑)。

0

ゲームをプレイしてからの方が楽しめるかも。

BL作品は初めてという作家さんですが、絵はすごく上手です。
カッコイイとかわいいとキレイがきちんと書き分けられてる!
原作はゲームと言うことで、ゲームをプレイしたことのある人の方が
楽しめる内容になってるのかな?
ゲーム未プレイの私には、ちょっと展開が早くて、
丹羽=王様の魅力とか、どうして主人公が丹羽を好きになるのか
とかが伝わってきませんでした…。残念。

あと、気になったのが、「王様」って呼び方…。
Hの時までそれはないんじゃない???と思ってしまった…。

いきなりお姫様だっことか、今時ありえない髪型の、男なのに"女王様"キャラとか
学園モノだけどある意味ファンタジー?(笑)
非日常を楽しむのにはいいかも。

0

王子様の道はイバラ道

人気BLゲームのコミック化です。
ゲーム中、最も男らしいバンカラ生徒会長・丹羽編です。
退学勧告を取り消すべく、MVP戦に挑戦する、
啓太と王様こと丹羽会長のお話ですが、これがなかなか…
一難去ったらまた一難…とばかりに、
まさに障害物競争です!
そして啓太のお姫様っぷりといったら!
(誤解しないでね、啓太はちゃんと男の子です。)
そう、彼はほうっておけない風な子なんです。
知力体力ともにトップクラスの王様が、
すべてを投げうってでも助けたくなるような子です。
何やら溺愛のお姫様の雰囲気すら、醸し出していますが、
これはこれで災難…。
王様の溺愛ぶりに疑問をもった中嶋さんには、
あーんなことされましたしね。
(これはゲームでも有名なあの場面です。
 エロいおしおきシーン。)
柔道3バカトリオには、監禁されそうになったり…。
そして…その度に王様は、
カラダはって闘っています、凄い!
(このMVP戦、頭もカラダもフル回転させてるのは王様です。
 啓太じゃなくって…。)
ああ、これがお姫様のお姫様たるゆえんなんですねぇ。
さっさと王様に、全部任続きせちゃえば問題無いのに…
俺にできる精一杯のことを! …とばかりに頑張ってしまうから、
危険な目に遭うんですよっ。
(足を引っ張ってるんですけどね、この子は憎めない…。)
それを王様が助けないはずがないわけで、
守る王様は更に危険な目に遭うという、
白馬の王子様役はイバラ道ですよ、まったく…。
(これじゃあ、王さまは倒れることもできませんよ。)
啓太のお姫さまっぷりは、なまじ純粋なだけにタチが悪い。
正直、こういう関係なら、これくらいの体格差があって良かったと思いますよ。
だって王子様の道は障害物だらけですから、
まずは体力です!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ