絵になる大人になれなくても

e ni naru otona ni narenakutemo

絵になる大人になれなくても
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×26
  • 萌14
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
11
得点
119
評価数
34件
平均
3.6 / 5
神率
29.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784344807983

あらすじ

電子機器メーカーの営業・坂上真弓は、新しく入ったバイト井原峻之に驚く。
坂上と井原は、高校時代、親友だった。
しかし卒業と同時に井原は坂上の前から姿を消したのだ。
そのことに傷つき、いまだ引きずっている坂上は八年ぶりの再会に戸惑う。
「あのころから俺のこと、好きだっただろ?だから離れたのに」と言う井原に坂上は…。

表題作絵になる大人になれなくても

フリーター 舞台俳優 井原峻之 人当たりが良い
電子機器メーカー・営業 坂上真弓 不器用

その他の収録作品

  • そして透明な
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数11

すべてが合わなかった・・・

『大人』(あるいは『韋駄天』ですが、今回出てないので・・・)シリーズですね。

高校時代に親友だったのに、卒業を機に攻が黙って姿を消したことで音信不通になっていた2人が、偶然受の職場に攻がバイトに来て再会して・・・

え~、もう読みながら終始イライライライラ・・・

再会ものは結構好きなんですが、これは例外的に苦手なパターンでした。
幼馴染みでも学生時代の親友でも、ただ離れてただけじゃなくてなんらかの事情(大抵は攻の一方的な)で、険悪まで行かなくても単に『疎遠』ってだけじゃないのがもうダメなんです。

その上、とにかくキャラクターがまったく好みじゃない。どころかすごく苦手なタイプ。どちらにも一切魅力を感じませんでした。

特に伊原(攻)がものすごくダメだった。
坂上(受)も鬱陶しいアホでしたが、それさえ気にもならないくらいに伊原がイヤで堪らなかったよ。

すごいダメ男ってわけではないんですが、こういう身勝手なキャラクターが大キライなんです。ズルくてセコくて辟易しました。

ただひたすらに読むのが苦痛でしたね。いったい、この作品のどこに『大人』が続きいるんだ?ホントに25・6なのか?

途中に、出逢いの高校時代の挿話がありますが、せめて全編高校生同士ならこの青さ・バカさもなんとか大丈夫だったかもしれません。

初読み時は、とりあえず投げずに最後まで読み通すだけで力使い果たしました。

『これはダメだ・・・』とそのまま何年も放置していたのを今回気合い入れて読み返したわけですが、やっぱり読むんじゃなかったとしか感じませんでした。もう二度と読みたくない。

読んでる最中も読後も、非常に気分の悪い作品でした。それしか言うことはありません。『中立』ですが『しゅみじゃない』に限りなく近いです。

そして、イラストも非常に苦手なので、個人的にはまさしくなにひとついいところのない作品でした。

このシリーズ、最初の『その指さえも』だけはすごく好きなんですけどね。

さらに、スピンオフ『大人は愛を語れない』が出ています。

3

攻めが好きじゃない。

崎谷先生の初期の作品?だいぶ前に書いたものを改稿して文庫化したものだそうで。これの出版がすでに数年前なので、もっと前のものってことですよね。
だからでしょうか、始め文章が頭に入ってこなくて(泣)
思い出してみると、前にも初期の作品を読んで全然理解できなかったことがあったんですよね…。
このところ、崎谷作品がマイブームでずっと読んでいたのでつい買っちゃいましたが、初期のころの文章とは相性がよくないみたいです(汗)
あらすじとかは今さらなんで何も書きませんけど、感想として一言いうなら、攻めが最後までズルかった印象しかありません。この攻めは好きじゃないです。
受けは過去を忘れていたのに、そして忘れていたかったのに、結局忘れさせてもらえず、強引に向き合わせられ、葛藤し、自分なりの答えを見つけ、終着点を見つけ、けじめをつけようとするのに、攻めがそれをさせてくれなかったわけです。まぁ、けじめつけさせちゃったら、2人がくっつかないことになっちゃうからそれはそれでいいんだけど、それにしたって態度?がズルいよね。
過去を許すことも、告白も、これからの未来への覚悟も全部受け任せじゃないですか。続き
攻め、何かした?なんにも印象に残ってない。何か残ってるとしたら、逃げてたってことだけ。
それでも、受けにとっては辛い時期の自分を甘えさせてくれて無防備になることができた唯一の人だったんだもん。
もっと器のでかいとこを多少なりとも見たかった。
最後の番外編?短編?も、せっかくの攻め視点で挽回のチャンスなのに、また受けの懐の深さに甘えて逃げただけ。
まったくもって良さがわからなかった。
ただ、受けのがんばりにとても心打たれたので評価は『萌』にしました。

0

もぅ 出血しそぅでした。www鼻からwww

BL小説を単行本で買ったのはこれが初めてです。
雑誌とかは結構買って読んでたんですけど。
単行本では二の足をふんでたんです・・・。(;゜(エ)゜) アセアセ

で 原作つき漫画の作画 山本小鉄子さんので有名な
【あしたのきみはここにいない】
【あの日のきみを抱きしめたなら 1・2】
がすごぃ好きだったので、とりあえずこの人の小説から
と思って買いました。(でも BOOK・OFFで・・・スミマセンm(。_。;))m )

んで 読んでみたら~~~~~~~
キタ━━━ヽ(´ー`)ノ━━━!! コレ
やばぃっすwww電車の中で読んでて(読むなw)
めっちゃ赤面しました。 エロ過ぎます。
もぅ なんてのか 濃厚です。
ぃぁー こりゃ 嵌りますなwww
漫画より「クル」かもしれません。
活字マジックの虜になりました・・・ィャン(*ノ∇)ゝ
てかぅちが妄想激しすぎるんかもしれんけど・・・(@Д@; アセアセ・・・

んで 小鉄子様の漫画で読んでたシーンとかと
結構 似たような部分とかあったので
やはり小説でも、その人の癖みたぃなのがでるんだなって
思い続きました。

崎谷様の書くモノは 「どうしたら きらいになれるの」や
「好きだから 汚したくなくて 離れた」
って感じのをだしてるなって思いました。
ぅーむ で漫画より結構長く楽しめるんですよね。
漫画は1冊30分程度で読み終えちゃうけど
小説は1日かかるし・・・
そして妄想力は、かなり膨れ上がりますし・・・
しばらく 嵌りそう・・・うふ♪(* ̄ー ̄)v

1

神と萌の狭間。

何回読んだか分かりません。
素敵です。崎谷先生。

会話、仕草、心理描写全てが最高です。
特に真弓が伊原に自分の気持ちを
伝えに行くシーン。
どうした、心臓。
ってなくらいにドキドキします。

全て自分が独占したいから、
優等生で純粋な真弓のことを考え
自ら離れていった伊原。

そんな井原に抱いてるのは恋心だと気づかず
モンモンとする真弓。


素敵じゃないですか!
素敵じゃないですか。この設定。大好き!人ラブ!ゴホンゴホン


いつもは余裕そうな感じなのに
受けの前だと理性が保てなくなっちゃう攻め
が個人的に大好きなので。
Hシーンもドッキュンバッキュンやられました。
射止められた・・・っ!

同時収録の井原目線「そして透明な」も
ものっそい可愛い。
恋人になった2人のラブラブ生活が垣間見れて、
本当に読んだこっちが幸せだよバカヤロー!
という感じで。

とりあえず、良い作品だってことが
伝わればいいです。(笑)


「神」にちかい「萌」評価です。






限りなく神に近い萌ということで。

1

今だからこそできる恋

再会モノ。
高校時代もともと人付き合いが苦手だった真弓の一番の親友が峻之。
だけど何も言わず逃げるように消えてしまった彼に真弓は余計に人間不信気味になってしまいます。
真面目で、だからこそ不器用な真弓がかわいいんだ。

営業先の困った客にいちゃもんをつけられている真弓をさりげなく助けてくれる峻之がかっこいいです。
こんな風に助けられたらそりゃ惚れてしまうわ……
それでも自分の気持ちに気づけない純粋さと紙一重でにぶさにうっかりときめきます。かわいいヤツめ。
峻之が助けたくなる気持ちもわかるし、それと同時に壊したくなるとか!!
(何かのテンションが上がる音)

高校時代潔癖すぎる真弓への気持ちに気づいたせいで、離れて再会して、それでも手放せない峻之は戻ってきた時少しだけ卑怯な大人にレベルアップしています。
居直った峻之の執着ばりばりな言動には激しくときめいた。

一応役者×リーマンになるのかもしれないけど、それは割とさらりと。
ただ峻之がテレビにばりばり出てるスターじゃなくて、知る人ぞ知る舞台役者っていうとこが個人的にポイントが高めです。

1

「絵になる大人」になってほしくて・・・

崎谷はるひ作品の中でマイベスト5に食い込むかも!
やっべー萌えたv

高校時代。潔癖で真面目な坂上は、親友だと思っていた井原が
自分のことを「しんどい」と、こぼしているのを盗み聞きしてしまう
そして卒業後は、音信不通になってしまった井原に
まるで捨てられて置いていかれたような傷を受けてしまうわけですが
8年後に偶然再会して、古傷の痛みに戸惑う・・・
って、お話。

井原の「しんどい」発言だって
坂上の古傷の痛みが何を意味しているのかなんていうのは
読者は、最初っからわかりきっていてv
(・∀・)ニヤニヤしながら読むんです!

井原は坂上を結果的に8年間置き去りにしてきたけど
逃げたわけじゃなくって、逃がしてやってたんですよね。
もぉー、ほんとに好きすぎて殺しかねないwww
そんな危なさが井原にはあるんですよ。
顔も身体も頭も良くて、恋愛も手馴れてるけど
本気の「好きだよ」は、坂上にしか捧げないとかv

高校時代の初恋。
大人になる自分を「絵になる大人」と想像してた部分もあるけど
相手が「絵になる大人」になってほしかったんじゃないかな。
続きだから井原は、坂上を手放したし
大人になってから恋心を自覚した坂上も
井原に「絵になる大人」でありつづけてほしいと身を引こうとしたような・・・
不器用な坂上も、要領のいい井原も、相手を思う気持ちは一緒v

井原は、ひょうひょうとしてるけど
いろいろ知ってる恋愛経験豊富な男。かなり好きな攻め様でした。
激しく奪っておいてあとでとろとろに甘やかすとか
やばいですvこれ。
井原は声だけで濡れるという声帯の持ち主だとか!
これはぜひともCD化していただかないといけませんね。

崎谷シナリオでは、時々甘ったれた受けが登場するけど
坂上は、女顔だけどヤワじゃない!
自分ひとりで踏ん張って立ってる受けが好き。
そこもよかったんですよねーv

あまりにも萌えたんで、繰り返し読んでしまいましたv

2

恋愛は本音と生身のぶつかりあいってことかな?

突然自分や仲間の前から姿も消息も消した男が、8年ぶりに目の前に現れたら。
互いの複雑な思いが絡み合い、ぶつかり合い、それは互いを思いやっているのか、思いやり過ぎて遠慮になっているのか、つまらない意地の張り合いになって平行線。
表面は取り繕いながら、底にあるいつまでも子供のままの感情でしか接することができなくても、それが本音のぶつけ合いなのかな?と感じました。

一見大人びた坂上は、突っ張って周りと溶け込むのが下手な人です。
高校時代、そんな彼の本質を見破り、惚れた井原は、自分のあからさまな欲望をまだ坂上が受け入れることはできないと悟り、それで彼の元から去ったのですね。
8年ぶりに再会して、坂上は井原のそんな事情も知りませんから、ただ薄情な奴だと恨んでいたから、素直に昔みたいに接することができない。
でも、その素直になれないというのは実は”友情”じゃなくて”恋情”だったからということに遅まきながら気がつくのです。
しかし、井原は別れてからそれなりに色々やってきたようですが、再会してあの時の恋心がムクムクと再燃してしまったのでしょうね。
坂上の相変わらず不器用な真面目さに続き、オレがいてやらないとなんて、親心ももたげたでしょうか。
井原みたいな人だったら、きっと他にもいい人がたくさんいるでしょうに。

そして、坂上に過去やってみたいと妄想していたあんなことやこんなことを実践しちゃう・・・とまあ、ここまできたら崎谷氏お得意(?)のエロまっしぐら。
堅物の坂上もエロエロになってしまいますね~
愛情に不器用な坂上を人当たりのよい井原がリードして、とは思いますがこのカップル色々引き起こしそう(といっても痴話げんか)で面白いカプだと思いました。

1

執着の末に手に入れたもの

崎谷作品によく見る執着攻め。今回も見事な薄暗い執着を見せていただきました。セックス描写も執着じみていて凄かったです。

坂上真弓(受)は、高校時代に井原峻之(攻)という親友がいた。しかし井原は卒業と同時に真弓の前から姿を消した。親友だと思っていたのに何故?そして8年ぶりに井原と再会。真弓の会社にバイトとして入ってきたのが井原だった。驚き戸惑う真弓に井原は…?

…というストーリー。この作品は井原の薄暗い執着で成り立っているものだと感じました。なにより一つ一つの台詞が強烈。自分の執着を真弓に打ち明ける場面では、


「俺がこの身体素っ裸に剥いて、とんでもねぇもん突っこんで泣かしたいなんて思ってるの知って、平気でいられた?」

「無防備に、俺の前で平気で裸になって、なついてくる真弓のこと、頭ん中じゃ、毎日強姦して、犯しまくってたよ。我ながらあの妄想は引いたね。実行してたら即犯罪者だ」


う~ん…井原も苦しかったんだなぁと。そう告げられた真弓は嫌悪するどころか、歓喜で胸が震えているのがこの作品の怖いところだなと思いました。
しかし真弓が相当動揺していたのも事実で、続き最後だからと思い詰めた井原に半ば無理矢理抱かれてしまいます。最中の痛みで苦しそうな真弓が可哀想でした。

目が覚めると井原はおらず、また置いていかれた事実に真弓は怒りと寂しさ、悲しさを覚えます。しかし大人になった今、真弓は逃げませんでした。

「好きだ」と「さようなら」を言いに来た真弓に驚く井原。手を伸ばそうとすると「遊びならやめてくれ」と言われ「遊んでねぇよ。おまえなんかで遊べるか、こんな重っ苦しいってのに!」と叫ぶ井原も苦しそうで胸が痛かったです。

自分を欲する井原に対し真弓は、全部丸ごと食われろと言うなら、骨まで残すなと差し出すだけだと井原の腕の中へ。10年の執着の末井原が出した結論は、「別れてやんない。女作らせないし結婚もさせない。俺に縛りつけて俺だけのもんにして、昼夜なく好きなときに抱いて、ひどいこいっぱいするよ。それでもほんとにいいのか」というものでした。


続編は井原視点。高校時代の回想の中で、自分が真弓に覚えた執着を語る井原が切ないです。

エロスもまぁ濃い。10年分の溜まりに溜まったものを、全部真弓の身体にぶつける描写は長くてしつこくて凄いです。全体的に分厚く読む価値ありの作品でした。

2

「絵になる大人」って?

10年越しの誤解が
見事なまでに坂上と井原をすれ違わせていて
かなり焦れ焦れさせられるこの作品。

でも、話の端々に
二人がいまでもお互いのことを忘れられずにいるのが見えるので
長いながらも、確実に訪れるであろうハッピーなシーンを楽しみに
読み進めることが出来ました。

タイトルの「絵になる大人」っていうのは
不可抗力で高校受験に失敗した坂上が
彼が理想とする男像を思い浮かべたものだったんだろうな、と思います。
でも、自分はなかなかその理想に近づけない。
そんな自分とは対照的に
自分にないものをすべて持っているように見えた井原。
つまり、坂上のいう「絵になる大人」は井原だったのかも?とも。。。

10年分の誤解とすれ違いで焦らされた後の2人のバカップルぶりは
なかなかに萌えました~。
しかも、素直になれてなかった坂上が
尋常じゃないほどエロ可愛くなっててさらにびっくり!!

いやはや。崎谷さんのエロい受けは絶品です!w

2

絵になる大人になれなくても

うんおもしろかった~
攻めがイッちゃってますね…
表には出さないけど内心独占欲強くてエロいことばっか考えてるww
劇団ラジオゾンデとか懐かしい!崎谷作品にはあちこちで出てきますね~
職場にバイトとしてきたのは、八年前高校時代に親友だった…ていう再会モノな話です。
受けは割と無自覚で人を誘ってる系…
ちょうどビタチョコ読み返してたからそう思うのかもだけど、傾向としてはこの二人に似てるかも~
あ、でもやっぱりビタチョコのが好きですがww

1

わかりすぎる・・・

キーワードの「大人」いろんな意味がりますよね。そして状況も
大人になれたかどうか、自分自身ではよくわからないし、しかもそれがいい事なのか悪い事なのかもよくわからない。
ただこの二人にとっては大人になることはとても重要な事だったでしょうね。

坂上の勤める営業所にやってきた新しいアルバイトは、高校卒業以来全く音信不通になってしまった元親友の井原だった。
井原の方から切るようになくなった二人の関係に、高校時代親しかっただけにどうしても未だに納得がいかない坂上。
だけど井原は自分に微妙な距離を置きつつ平気にしている、それにいらだち振り回され続ける坂上。
短期バイトで入った井原が、あともう1ヶ月でここを辞めてしまうと気付いた坂上が取る行動は…と言う感じでお話は進みます。

いやーー…切ない部分長い! ホントもう、これでもかこれでもかと切なくさせます。かなりヤバい、絶望的だ!って気分になってきます。
坂上よりな書き方なので余計に切ないんですよ。
坂上の戸惑い、真面目で融通のきかない性格、いい子的な建前、何だかどこかで見たことあるような雰囲気持ってます。というか、こういう人は続き多そうですよね。
対する井原は快活でだれとでもすぐ仲良くなれる。
そういうのに憧れてコンプレックスも抱く坂上の気持ちもよくわかります。
わかるから余計に入っちゃったのかもしれないですね。

坂上視点で見た井原はかなり爽やか好青年だったんですけど、井原視点から見た方でそれは違ったんだとわかりました…。
ある意味坂上の井原像は理想像でもあったんですね。まぁでもこちらの方が人間くさくていいです。
きっとこれからこの二人は、8年のブランクを埋めた上に、こういう本当の所もお互いに知っていくんだろうなという気持ちにさせられる爽やかなラストでした。
…爽やかではありましたが、エロは結構濃厚でした。井原の弁を借りれば10年分の思いが詰まってるから当然と言えば当然かもですね。かなり以前から相当エロいことを考えていたようですし…。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ