自己破壊願望

自己破壊願望
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×22
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
46
評価数
12件
平均
3.8 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813011354

あらすじ

「この際だ。見極めようぜ?俺とお前、本当にやべえのはどっちなのか・・・・」父親の借金を返すため、ピンサロで呼び込みの仕事をすることになった夏目亮太は、店の支配人でありヤクザでもある千葉に、力づくで身体を奪われる。男が男に抱かれる惨めさ、思い出したくもない自分の嬌態。たった一度のセックスで心を囚われることなどあり得ない。まして男相手に・・・苛立つ一方で、千葉の圧倒的な強さに反発しつつも惹かれずにいられない自分に気づいていた。身体を繋ぐことはあっても、視線は冷たい。優しい言葉をかけられたことなど一度もない。どんなに虐げられても、裏切られても、千葉から離れることができない夏目だったが・・・快楽と自尊心。暴力と誘惑。ハードコア・ラブ登場!!

表題作自己破壊願望

千葉 ピンサロ経営者・やくざ
夏目亮太 呼び込みのお兄さん

評価・レビューする

レビュー投稿数4

勘違いからの

風俗を経営するヤクザさんと、呼び込みの恋。攻めは、全然気がないかもというそぶりだけど、体だけは開かされて、ほだされちゃう。でも、攻めの真意が分からずやきもきしていたら、ラスト種明かし~、みたいなストーリー。

よくあるパターンです。でも、攻めは女性と関係がありそうだったりと、本当に受けのことが好きなのか最後まで分からない。そして、種明かしもなんだか納得がいかず。攻めの口調も、芝居がかってて、ちょっと鼻白んでしまった。

でも、まあ最後まで飽きさせず読ませるのだから、と、この評価にしました。

0

俺様ヤクザ攻め

俺様で腕っ節の強い年上×女好きな今時の若者。
今まで読んだ松田さんの作品は全てこのパターン。中でもこの作品の攻、千葉は一番鬼畜。職業もヤクザですからね。
激しいセックスをするのに素っ気なく、決して心を見せない。この男に夏目と一緒にもやもやしちゃいましたよ!
最後まで読むとツンデレだったことが判明するんですが(笑)

お気に入りのシーンは、初めて千葉のマンションに訪れた日の夜です。店の女マユミと電話する千葉。嫉妬した夏目がそれを妨害しようと包帯を結び直してと要求。
しかも電話を再開すると包帯をほどいてまた手を差し出します。子供じみた行動で気を引こうとする夏目が可愛い~。ヘタな駆け引きより断然萌える!

残念だったのは長谷川。途中までかなりお気に入りのキャラだったのですが、ラストで露見した悪役っぷりがなんとも小物臭くて。飄々としてる千葉の悪友だと思っていたのにイメージが一気に崩れ去りました。
でも夏目には案外本気で惚れこんでいたんですかね。

ラスト付近でようやく千葉にデレが!斎藤さんに夏目のことを饒舌に語っている様子を想像すると可愛い。借金も肩代わりしていた事にも驚続きき!夏目を引き止めなかったのは全てにカタをつけるため。つくづく夏目は愛されていますね~。
エッチの時にで千葉が「可愛い」「俺のもの」と言っていたという文に萌えました。ただ欲を言えばこのシーンをもっと掘り下げて描いて欲しかった!エッチ中の攻めのデレ発言が好きなもので(笑)

SHYノベルズのHPで本編後のSSが公開されてるので、本編読了後は是非!

3

あらすじを見て面白そうだと思って購入したのですが…。

あらすじを見て面白そうだと思って購入したのですが、少し物足りなさを感じてしまいました…。

ヤクザ・千葉×父親の借金のために働く青年・夏目

ガソリンスタンドで働く夏目は借金取りの計らいで千葉がオーナーを務める風俗店で働くことになる。
一目会って夏目は千葉に強烈に惹かれるものを感じたが、それまで女にチャラチャラしていたこともあって最初はそんな自分を受け入れられず。
千葉はといえば気に食わないことがあると暴力で支配するような男で。
暴力の延長線上の凌辱として一線を越える。
それは確かに凌辱でしかなかったはずなのに、夏目の中で感じる部分があって。
自分が千葉を好きなのだと自覚させられることに。

千葉がただの暴力で支配するような人物なら夏目も惚れるようなことはなかっただろうが、不意に見せる優しさがギャップ萌えして惹かれちゃうんだな。
9:1くらいで完全に暴力の方が比率が高いのに、その1があるがために嫌いになりきれない。
どんなに相手にされていなくても嫌いになれない。
好きで好きで仕方ない。
どちらかといえば夏目は時に駆け引きめいたこともするけれど、自分の気持ち続きを正直にぶつけて(顔に出やすいタチらしい)
一方で千葉は最後の最後まで本心を見せずにいて。
最後の最後で千葉がツンデレなんだってわかりました(笑)
いや、本心は見せてないし乱暴な抱き方はするけど、それが毎日とか朝までコースとかガッツいてるようにしか見えない部分もあるんですが。
それが夏目には「暴力」というか「支配欲」みたいなのしか見えない部分もあったみたいで。
最後にちゃんと千葉が告白?した時もどこか信じられないような面持ちだったし。
これからもきっと目一杯千葉なりの可愛がり方をするとは思うが夏目を大事にしてもらえるといいね。

個人的には長谷川がなんとも気になる存在でした。
途中までの軽いノリと実は黒幕的な。
結果的にワルイ奴なんだろうけど、なんか憎めませんでした。

1

エロくてハードでリアル

松田さんの描く作品て胸にズシッとくるんです。
このお話も印象深く残りました。タイトルどおり期待を裏切らない。
ソープ経営のヤクザ×呼び込みの青年
悪い男を認めたくないけど好きになってしまったら・・・
こんな感じかなと自分でもいろいろ想像してしまうほど変に共感わいた。人間の感情をリアルに描く上手さがあって。
なんかほろ苦いような甘いような・・切ない気分にもなる。
いつも冷たく接するくせに、たまに荒々しく抱く男の心理を計って翻弄される日々。
主人公の複雑な境遇、冷たい男、男の腐れ縁の元ヤクザ、店の女の子たち
マユミやユイナみたいな女リアルにいそうっ
様々な人間を通して描かれる世界は十分に読み応えがあり、否応なく引き込まれた~。やっぱ面白い。
全体的には内容が内容なのでシリアスな雰囲気だけど、淡々としてるかな。
不幸な境遇に、諦めとか達観しつつもそれなりに明るい未来も捨ててない主人公好きだ~夏目~がんばれ~!
夏目のラストのセリフというか志がすごい!
身勝手な男に負けないがんじ絡めの強い愛みたいなのを感じました。

凌辱・暴力シーンも多数あるので苦手な方にはお薦続きめしませんが、ハードチック・ちょいリアルなのが読める方はぜひ一読を!


1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ