高慢な天使の僕

高慢な天使の僕
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ワンツーマガジン社
シリーズ
アルルノベルス(小説・ワンツーマガジン社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784903012643

あらすじ

刈谷美幸は怜悧な美貌を持つ心臓外科医。
とある深夜、病院に忍び込んできたチンピラ・唐沢亨に、人違いで犯されてしまう。
驚きと恐怖に見開かれる美幸の瞳。
だが亨は薄茶の瞳にふわふわの髪、体は大きいがヤクザにあるまじき仔犬のような性格をもっていた。
はじめて男に抱かれたはずの美幸の心と体は過敏に反応し、快楽をもとめていく。
そして後日、平身低頭でやってきた亨を美幸は「ポチ」と呼んで可愛がる(!?)ことにしたのだが…。

表題作高慢な天使の僕

唐沢亨(19歳) ヤクザ 人懐こい性格 「ポチ」
刈谷美幸(33歳) 心臓外科医

その他の収録作品

  • 罪多き彼の秘め事

評価・レビューする

レビュー投稿数1

せめてHのときくらいは…

唐沢亨(19歳 下働きのヤクザ 人懐こい性格 大型ヘタレワンコ「ポチ」)×刈谷美幸(33歳 心臓外科医 ワーカーホリック 無愛想)

※この『高慢な天使の僕』では刈谷・兄、『罪深き夜の僕』という作品では刈谷・弟の話になります。(発行順は『罪深き…』→『高慢な…』)

ヤクザの唐沢に全く身に覚えのない借金のためいきなり犯されてしまう刈谷ですが、実際は刈谷の名前に似た別人と勘違いされただけのとばっちりだったという事がわかります。憤慨する刈谷ですが、人懐こくてどこか憎めない唐沢に昔飼っていた犬の面影が重なり、「ポチ」と呼んで身の回りの世話をさせるようになります。

あらすじを読んで、ヤクザものとは言えどちらかと言えば軽いタイプの話なんだろうなと想像していましたが、実際読んでみても想像通りのコミカルで甘々な話でした。おバカで一途なヘタレ大型ワンコを愛でるという楽しみ方ができれば、思う存分堪能できる作品だと思います。

それにしてもHの時も「ポチ」と呼ぶのはどうなのよ!?まぁ可愛いっちゃ可愛いような気もするんですが、せめて1回ぐらいはちゃんとした名前で呼んであげてほしいなと思って続きしまいました。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ