古都の紫陽花

koto no ajisai

古都の紫陽花
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
雄飛
シリーズ
アイノベルズ(小説・雄飛)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784902543520

あらすじ

鎌倉南署の刑事・大門京介と美貌の刀鍛冶・当麻博雪は一対の妖刀を巡る事件で出逢い、結ばれた。今は眠る刀を守りながら愛を深めている。そんな時、中年男性が刺殺される事件が発生し、京介は捜査で忙しくなる。一方、博雪は不思議な美少女につきまとわれて…。少女に優しく接する博雪に苛立つ京介。だが殺人事件は次の犠牲者を出してしまい、しかも現場に落ちていた凶器は博雪の守り刀で―。

表題作古都の紫陽花

大門京介,刑事,30歳
当麻博雪,刀鍛冶,28歳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

「古都の紅」の続編

「古都の紅」の続編です。とはいえ、前作で大活躍?した紅丸と白丸は、鍵をかけた倉庫におり、大門の夢で少し登場するくらいです。

1冊丸ごと表題作です。前作同様、大門の目線がメインで進んでいきます。

短刀で殺される事件を捜査することになった大門。最初の現場で紫陽花の木の間にいるのを見つけた、女の幽霊をその次の現場でも見つけます。そんな中、博雪は物産展で長髪の少女と知り合います。女が苦手な博雪にしては珍しく親しげな様子に、大門は嫉妬をしてしまいます。そして次の被害者の現場には博雪の守り刀が落ちてあり、更に被害者に最後に会ったのが博雪であったことから疑いがかかり…。

大門は霊感がありますが、普段は見えるだけで話すことはないので捜査に目立って役立つ事はありません。しかし、博雪が逮捕されたことから、助けて欲しいと訴えたところ、紫陽花の女幽霊が犯人の家へと導いてくれます。ご都合主義かと思いきや、大門とコンビであるベテラン刑事の小橋が既にその事実を掴んでいて…と、霊感というオカルトに頼りすぎないのが良かったです。

前作の妖刀は鳴りを潜めておりますが、事件の捜査に、大門の霊感と、大続き門と博雪や小橋との関係が絡んでおり、読み応えのある作品です。

博雪が男前でカッコイイです。
大門が博雪の仕事場で身体を求めたとき、嫉妬をしたとき、それぞれの対応が大人だなぁと感心しました。ちょっと落ち着きがありすぎじゃないかとも思うのですが、読んでいて安心しました。

恋愛だけじゃない、どっしり安定した大人のカップルの話が読みたい方にお勧めです。

0

続編も嬉しい

霊感体質の刑事の攻と、謎がある刀鍛冶の受というカプがナイス。なんとなく、割れ鍋に綴じ蓋という感じで、ベストパートナーになってるのがすてきかな。もっと、この二人の話を読みたかったな。レーベルが亡くなってしまうと、難しいんでしょうか。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ