YEBISUセレブリティーズ 3rd

yebisu celebrities

YEBISUセレブリティーズ 3rd
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
30
評価数
10件
平均
3.2 / 5
神率
20%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784862630261

あらすじ

デザイン事務所“Yebisu Graphics”に集う恋も仕事も超一流の男たち──その名もエビリティ。BL界を席巻する人気絶頂コラボの3rdシーズンは、ついにボスの過去と傷が明らかに──! その時はるかは…!? 漫画&小説のWかき下ろしも収録。

表題作YEBISUセレブリティーズ 3rd

代表取締役兼プロデューサー通称ボス35大城崇
アルバイトから正社員になった最年少24藤波はるか

同時収録作品番外編 NIGHT ROSE

同時収録作品番外編 Silent Eve

ワイルドな容姿なのにハートは乙女な建築家35レオン
笑顔でシニカルな毒舌をはくコピーライター29高館要

同時収録作品ショートノベルズ 初めての… by岩本薫

協調性皆無のグラフィックデザイナー26久家有志
クールビューティなアートディレクター27益永和実

評価・レビューする

レビュー投稿数6

大城を守りたいと思うはるかも男なんだなー

大城×はるか ボスと新入社員の歳の差も身分差ラブ

大城が嫌って家を出た父親が経営する一流時計メーカーの次期社長と言われている大城の従兄弟からの依頼で引き受けた仕事が成功し、次の仕事のプレゼン参加の打診を受けた。
大城は仕事第一で妻のことを蔑ろにし子供は会社を継がせる道具にしか思っていない冷酷な父親を憎んでいた。

過去の出来事や父親との確執からの父親の会社とはかかわらないと決めていた大城だったが、はるかの一生懸命さと大城を思うまっすぐな気持ちにいつしかこだわりが消えてった。
仕事上でもプライベートでもはるかの成長がみられたのはよかった。

落ち込む大城の助けになりたいとベッドの上でも頑張るはるかのせいいっぱいがかわいかった。
不慣れな奉仕と騎乗位に萌えました。

0

成長したなぁ…

見習いから正社員へ。
やっとオフィスの一員となったはるかですが、今回彼の健気さが爆発です。

国内一のシェアを誇る時計メーカー「CASTLE」の競合コンペの参加依頼が来た。
けれど大城はコンペを断ると独断で判断、はるかはチャンスをください!と大城に直談判、一切大城は関わらないという条件でコンペを受けることになった。

はるかが仕切ることになったコンペ。
悩むはるかに、関わらないといった大城ははるかなりにやってみろと背中を押します。

今回大城の過去のしがらみが少し明らかになりました。
大城の中にある空洞。
その隙間を埋めることができたのは、純粋で真っ直ぐでなによりも全力でぶつかってくるはるかだからこそ、なのかもしれません。

初めてのクライアント。がんばってね、はるか。

しっかし浅倉がのうのうと混じってることに、コイツ裏では和実にあんなことしてたんだよ!と言いつけてやりたくなってしまった(笑)
まぁ一悶着あった「CASTLE」との最初の仕事はコミックではさらっと受け流しているので、ここにいる浅倉は改心したあとなのかしら。

地下三階にそんなモノが!続き
No.5からNo.1のランクの理由に笑ったw
叱られたいと思ってしまったわたしは、しっかりエビリティに毒されている気がする…。

0

両方楽しんでいから読むといいかも

 今回のお話は、ボスとその恋人・はるかのお話がメイン。
 晴れて、エビリティの社員になったはるかさん。
 そのはるかさんが、ボスが家を出る原因となった確執にちょっとクビをつっこんじゃって、ボスの過去がちょっとだけ明らかになりました。

 ボスの実家から、一度、依頼が来て、それが好評だったので競合コンペの依頼が来たが、断ることにする。
 ところが、他のメンバーの不満を代表する形で、はるかがケンカを買ってしまったので、ボスのアドバイス抜きで仕事を進めることになる。

 というはるかちゃん大活躍の巻き。
 偉大なボスであり恋人を持ったはるかちゃんは、もともとのおとなしい性格のせいもあって(負けず嫌いなところもあるけど)、彼と比べてしまってなかなか自身が持てずにいたのだけれど、今回の件でちょっとだけ自信が持てたのかなー……という感じでした。
 他にも、他カップルの小さな漫画と、小説カップルもちょっと出ているので、漫画・小説、両方を見てから楽しむといいなと思います。

0

やっぱりこの2人が好き。

3巻です。
3rdシーズン。

メインはボス×はるか編。
晴れて正社員となったはるか。
そんな彼らの前に現れた次のクライアントはボスとすごく関係のある会社で。
ボスの過去にまつわるエピソードも明らかになり…。

ボスとはるかの成長物語?
はるかははるかで一生懸命に自分にできることを探して前向きにいこうと思うし、ボスはボスで神谷に指摘された部分と向き合ってはるかのおかげで歩み寄りができたような。
2人の絆が強くなるようなお話でした。

ホスト編も面白かった。
オールキャストでそれぞれの位置づけが妙にハマってて。
そうか、No.1、No.2は大人の魅力なんだね。
個人的にはこの2人はないのですが(爆)自分ならやっぱ狩野か高舘がいいのですが。
たぶん、その場を楽しませてくれるという意味では久家が一番のような気も…。

レオン×高館編。
どうしてもムードを壊してしまいがちな高館。
言ってから「失敗したー」みたく落ち込んでる表情がとても好きです。

SS、久家×益永編。
やっぱりこの2人好きです。
ろくに料理もできないのに久家のためにやってみようと続きする益永がステキ。
そして、ちょっかい出しちゃう久家も久家らしくていいな。
ところで出来た料理は食べたんでしょうか?
久家なら「和実が作った物ならなんでも!」って喜んで食べそうな気もするけど、「口直しに何か食べに行こうか」とかサラッと言いそうな気もする(笑)

1

3rdの王道定義は「俺にやらせてください」

1巻にて王道定義「マイフェアレディ」で
超俺様ワンマンボスに、公私ともに育てられちゃったはるか。
3巻では、出会いから1年という月日が経っています。

今回は、ボスの実家のゴタゴタが語られます。
実家絡みのことになると、なんだかいつもの勢いがなくなるボス・・・
守られてばかりいるんじゃダメなんですっ!
今度は、はるかがボスを助ける番ですw

「ボスのためにも俺自身のためにも
だから俺全力でがんばります」

健気~v
ボスが断ろうとしたコンペを
はるかは、強引にお願いしてやらせてもらうことに。
でも今回は、ボスの力は借りられない
ひとりでやらなくっちゃ!やりとおさなくっちゃ!
なんとなくギクシャクするふたり・・・

そしてボスに逢いたくて
雨の夜、傘もささずに←ここが王道v
走ってボスの家まで走っていっちゃいますよ!

まったくもぉv
はるかは、何かあるとすぐに瞳にうるうる涙をためちゃって
ボスを誘惑しちゃう無意識最強受けちゃんです。

さて。
3巻の王道定義は「俺にやらせてください」です。

昼と夜。公私。2つの「俺にやらせて続きください」が
1冊にきれいに描かれております。さすがです☆
仕事面での成長
ベッド面での成長
1年という月日で、どれだけはるかが成長したのか
ニヤニヤしながら見るといいですv

3巻収録カップルは・・・
ボス×はるか 編
レオン×要 編

番外編コメディで、エビリティがホストクラブだったら!?という
マンガが収録されています。

書き下ろしショートノベルズ「初めての・・・」では
久家×益永 編

1

ギャップ萌え

「YEBISUセレブリティーズ」
大城崇(35歳 代表取締役兼プロデューサー ボス)×藤波はるか(アルバイトを経て正社員となる)

ショートノベルズ「初めての…」⇒久家×益永

アルバイトだったはるかも晴れて「Yebisu Graphics」の正社員となりますが、大城の実家で大手時計メーカー「CASTLE」から依頼された仕事をめぐり大城と意見が対立してしまいます。

正社員になったはるかは大事なコンペの仕切りを任され、(ちょっとボスに手助けしてもらうところはありますが)無事にその大役を果たすなど仕事面での成長が著しいのですが、恋人・大城との関係にしてもただ与えられるのを待つだけではなく、大城が悩んでいる時には支えられるように強くなりたいと思うなど、受け身の恋愛ではなくなってきていてこちらもだいぶ成長が見られました(Hにしても奉仕してあげたりとか…)。

はるかがしっかりしていた一方、いつも強気で俺様なボス・大城が今回はナーバスになり弱気キャラだったというギャップが良かったです。普段の強気な姿もセクシーなのですが弱っている姿もまた捨てがたい魅力で、はるかが「抱きしめてあ続きげたい」と思ってしまう気持ちがよく分かりました。でもどうせならボスをいい子いい子してあげるシーンとかあったらもっと萌えたのになぁ。結局は弱ってても最後までカッコいいまんまだったボスというのがちょっと不満でした。もっとはるかに甘えてグダグダになってしまえば良かったのに!!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ