ボクのわがままなハニィ

boku no wagamama na honey

ボクのわがままなハニィ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
10
評価数
4件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784775508060

あらすじ

かなたは一礼がいないと何もできないダメダメっこ。甘やかされお世話されるのは「一礼がオレを好きだからだよね」と思っていたある日、クラスメイトが「一礼は誰にでも優しい」と言っているのを聞いてしまい大ショック。自分は迷惑かけてきただけ? と考えたかなたはダイスキな一礼に嫌われないよう頑張ろうとする。けれど頑張れば頑張るほど、なぜか一礼の機嫌が悪くて……。

表題作ボクのわがままなハニィ

一礼 高校生
かなた 高校生・一礼がいないと何も出来ないダメっこ

同時収録作品ハニードロップ / ハニーハニードロップ

藤咲 学内カウンセラー
まこと 高校生

同時収録作品ラブ・ギミック

黒沢大和 高校生
可愛 高校生

同時収録作品恋愛スペクトル

竜見 後輩
壱 先輩

その他の収録作品

  • ハニーシロップ
  • ハニーハニーシロップ

評価・レビューする

レビュー投稿数3

考えたら一礼って結構…?

登場する人物、ほぼ全員高校生です(カプの一人に大人のカウンセラーがいるだけかな?)。
表題作のカップルを中心にして、その友人、兄弟の恋愛模様がまとめられているので、登場人物たちを把握しやすいし、感情移入もしやすいと思います。
表題作のカップルは幼馴染で、しっかり者の攻め様が頼りない受け様の身の回りの世話を焼くというお話。
この攻め様、とってもいい人に見えるんですが、実は結構計画的に行動してたんですね~(笑)。ダメな子の世話を焼きたい攻め様もいいです。^^

2つ目のカップルは表題作カプの友人なんですが、私はこちらのカップルの方が好きでした。
ちょっと鬼畜な年上眼鏡クールビューティと年下のクールで綺麗なしっかり者の高校生。
受け様の少しツンデレなところが好きでした。

全体的にコミカルで軽く読めるお話だと思います。

0

笑った…。

親鳥と雛鳥の恋?
出来が良くって、面倒見のいい男の子・一礼と、
ひたすら甘やかされて駄目っ子に育った幼なじみ・かなたの話です。

かなたの『一人でできるもん』チックな頑張りが、可愛らしかった~。
ここんちって巣立ちは、無さそうですね。一礼が許さないんだろうな…。
まぁ、ありがちな感じのお話だとは思いましたが、ギャグのセンスはイイと思う。
ちょこちょこと、笑わせて頂きましたし。

表題作以外のお話(それぞれがリンクしていたり、このカップルに戻ったり)も
面白かったと思います。
単純に楽しめる、笑えるBLがお好きな方には、いいんじゃないでしょうか。

2

ダメッコはやっぱりダメッコw

全体を通して、同じ学校のいくつかのカップルで構成される話が1冊に詰まっているとう感じですね。
んで、最初は、あらすじ~なカップル。
そもそもは、受側のかなたくんは、小さい頃に両親の都合で引っ越してきたのね。そして面倒を見てもらったのが近所に住んでいた一礼だったというわけですよ。二人はすぐに打ち解け仲良くなりまして、いつでも一礼が面倒をみる。世話を焼くというのが日常になったわけです。
高校生になった今でもそれは変わらず、いまでもベッタリ。
そんなときにですね、いつもつるんでいるもう1人の男子にいわれるわけですわ。「まるで親鳥とヒナだな。親鳥が何にも居ないとなにもできないんだろう」
ヒナ鳥・・かなたは、そんなことを言われ腹を立てます。「1人で出来るもん!!見返してやるんだからなっ!お前らみてろよ!!
(ナゼカ一礼まで巻き込まれてるww)

それからは、猛勉強し、1人で行動。「自分ひとりで出来るんだから!!」を通し続けます。しかし、一礼にしても、それは不都合なこと。オレが世話を焼きたいの!!!みたいな話ですね。

結局バカップル誕生☆な話
表紙の絵がちょっと濃いかなとい続きう印象はありますが、中は綺麗です。ナカナカウマwww
表紙はピカイチなのに中は・・ってのも有りますが、これは逆ですね。可愛い。

他、短編も問題なく楽しめます。
作品と作品の間の中継ぎ漫画も、凄く可愛くて、面白かったので、そういった面ではもう少し評価を上げてもいいかなともおもう面もありました。
ま、また機会でもあれば他の作品も読んでみたいかな。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ