陵辱に綻ぶ華

陵辱に綻ぶ華
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
5
評価数
3件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ワンツーマガジン社
シリーズ
アルルノベルス(小説・ワンツーマガジン社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784903012674

あらすじ

櫻井雅巳は厚生労働省のプリンスといわれるエリート官僚。出世を狙い不穏なカジノバーを偵察するが、居合わせた政治家秘書の吉敷にムリヤリ犯されてしまう。弱みを握られ、複数の男達に痴態を晒す日々が始まる…。次第に雅巳の躰は辱められて感じる肉体に変化していく。トップに伸し上がるには綺麗事だけでは叶わない。そんな現実を思い知る雅巳は、陵辱に耐え、吉敷の秘密を暴くチャンスを掴む!!失脚を画策するが、それも吉敷の計画どおりで…。

表題作陵辱に綻ぶ華

政治家の私設秘書・吉敷高明
厚生労働省のエリート官僚・櫻井雅巳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

萌えた頃には終わってしまう……

エリート官僚の櫻井雅巳は、出世のためとある大臣の悪い噂を聞きつけ、あるカジノバーへと単身偵察に乗り込んだ。そこで出逢ったのは、議員秘書を務める男、吉敷だった。
たばこだと偽られ、勧められるままに吸い込んだマリファナのせいでされるがまま吉敷に犯されてしまう雅巳。
さらにはそれをネタに吉敷は雅巳を脅迫してきて……

さらりと読めるエロ度高めのBLです。
天涯孤独でたった一人がんばる官僚の青年と、彼を罠にはめおとしめて自分のいいようにしようとする政治家秘書と。
丁寧語メガネ攻めです。ええ。途中まで。

ひたすらに自分の目的のために雅巳を使う吉敷ですが……
愛はいずこーと思っていたらラスト付近、吉敷の目的が単に雅巳の体ではなく、自分に見合う共犯者を手に入れることだったということがわかります。この共犯者という単語が、もうちょっと前から出てきていたらもっと萌えたかもしれないなとぼんやり考えました。

1

愛はないの?

政治関係とあってちょっとお堅い内容でした。

官僚の雅巳は自分の出世のためあるカジノバーに足を運ぶ。
しかしそこで薬を使われ吉敷に無理矢理抱かれ、雅巳は吉敷に弱みを握られ、まんまと吉敷の手玉に取られてしまう。
この吉敷の命令で雅巳は政治家の前で淫らな行為を強いられたりしてしまいます。
エロは多かったと思います。異物挿入ありです。
陵辱好きな方にはいいかもしれませんね。

最終的に2人は一緒になるのですが、そこに愛はあるのか…?
「愛している」とも言っていなかったし、結局この2人の関係は共犯者というカタチで締めくくられてしまいました。
純愛好きな人には向いてないかもしれません;
ただ2人は成功することができてよかったと思います。

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ