愛と仁義に生きるのさ

ai to jingi ni ikirunosa

愛と仁義に生きるのさ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
13
評価数
5件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784592874867

あらすじ

大のヤクザ映画ファンの三佐和悠は、弟の透と二人で両親が残したクリーニング屋を営んでいる。
仕事の腕は確かな熱血漢だが、恋愛にはウブなのが玉にキズ。
近所の高級マンションに越してきた長嶺治彦は目元に傷痕があり、高級スーツをまとう姿はどう見てもアッチ筋の人。
映画のように侠気あふれる長嶺の言動に、悠はひかれていくが…!?ヤクザ(?)×クリーニング職人が繰り広げる大人のラブコメ。

表題作愛と仁義に生きるのさ

悠の店を利用する謎の客 長嶺治彦・34歳
クリーニング屋 三佐和悠・27歳

評価・レビューする

レビュー投稿数4

バカバカしいけどおもしろい

ノリがなんともいえないんですが、アホの子受けというか、天然入った受けが好きな人にはいいかも。
攻めも、けっこうボケボケです。
お似合いですね。

でも、せっかくのイラストも、タイトル文字のだささで台無しですね。

0

クリーニング屋さん

クリーニング屋さん(受け)とデザイナー(攻め)
ヤクザに間違えちゃうお茶目なクリーニング屋の悠くんが、振り回されながらも恋愛を実らせていくのには感動したよ。

0

ご近所ラブストーリー

攻・長嶺治彦(34) ファッションデザイナー
受・三佐和悠(27) クリーニング店主

任侠モノ映画好きな悠のクリーニング店に、ヤクザ映画に出演していそうな風体の男がやってきました。
男・長嶺は実はファッションデザイナーなのですが、体格も見た目もその筋の迫力満点。
悠は一目ぼれです。

悠に自分がヤクザ者だと思い込まれていると知って落ち込む長嶺。
ええ、長嶺も一目ぼれだったんでしょうねぇ。

デザイナーの長嶺は、悠の技術とポリシーと仕事へのプライドを知って、自分の仕事を見直すほどだったんです。
受が攻の仕事をする姿に惚れるというのよりも、受の仕事をする姿に惚れる攻の方がいいですね~。

長嶺から依頼されるクリーニングの品を見て、誤解したり傷ついたり。
それをフォローする長嶺もカワイイです。
何せ、悠に会うためにわざわざ試作品のドレスシャツを引っ張り出したりしてるんですから。

互いの誤解が隣人のトラブルと不運にも重なってゴタゴタしますが、基本は明るいラブコメです。
気楽に楽しく読めました。

振り返ってみれば…結構バカップルかも。

0

男心に男が惚れて・・・な世界

タイトルとか表紙とかがとてもヤクザ×イロって感じなんですが、全然違います。
目元にキズがあって、見た目ヤクザな長嶺はデザイナー、見た目がかわいい悠は、弟と二人で町の小さなクリーニング店を切り盛りする、任侠映画オタクの青年です。
二人の関係は、悠のクリーニング店に長嶺が洗濯物を持ってきたところから始まります。
BLの世界からすると、出会いがまずかなり地味ですよね。
しかし、二人はもうこの初対面からそれぞれの仕事に対する真剣さから、お互いを意識し始めます。

最初、悠は長嶺をヤクザだと誤解しますが、諸事情があってその方が都合がいいということでしばらくその誤解のまま付き合い続けます。
二人ともノンケで、最初は本当に男として、人間として尊敬しあってたはずなのに、お互いの気持ちがあふれてしまって、遂には一線を越えてしまう・・・という展開は結構好きです。
そして、仕事を一生懸命やってたりするのも好きです。
デザイナーものは色々出てくるので見てきましたけど、今回クリーニング店という一見地味な職業観点から見た服に対しての評価っていうのが、とてもよかったですね。
そしてそんな風にプラ続きイドと一家言を持って、仕事をしてる悠に長嶺が惚れてしまうのもわかる気がしました。
個人的な趣味ですけど、私は受けが攻めに養われるように付き添うのよりも、一本芯を持って、自分の力で食べてるタイプの方が好きなんです。
だから、そういう意味では見た目かわいくて、でもオトコマエで、恋愛には素直な悠は、かなりツボなキャラでした。

でも悲しいかな、クリーニング屋はモテないという悠の言う事も何となく心当たりがあってわかった。切ない。確かにそうだ。
そういう意味では、何かこの世界の人は、生きてるなって感じがして、読んでても上滑りしなかったですね。
ヤクザってのも、後々まで色々あるので、単に出しただけで終わってないのがいいなと思いました。
安心して楽しめる作品だと思います。だから、本当は「王道」とどっちに印を入れようかと迷ったんですよね。
でも話が割と二人の日常なので「ほのぼの」にしてみました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ