青菫館のはなびら

aosumirekan no hanabira

青菫館のはなびら
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
0
得点
1
評価数
2件
平均
1.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
雄飛
シリーズ
アイノベルズ(小説・雄飛)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784902543551

あらすじ

貧苦に悩む名門・芹沢伯爵家当主の薫はある日、観梅の宴で一人の男と出会う。男の纏う刃のような鋭さと凛々しさに心奪われ、別れた後も彼を忘れられずにいた薫。そこへ、芹沢家を救う一報が届く。赴いた先に待っていたのはあの男―彼は過去に芹沢家と因縁のある月岡男爵家当主・敏弥だった。ある条件の下、敏弥が『買った』もの、それは芹沢家所有の館・青菫館と、薫自身であった…。

表題作青菫館のはなびら

男爵家当主 月丘敏弥
名門伯爵家当主 芹沢薫 22歳

その他の収録作品

  • 秋の夜
  • あとがき

評価・レビューする

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ