ひとり占めセオリー

hitorijime theory

ひとり占めセオリー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×27
  • 萌17
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
19
得点
118
評価数
36件
平均
3.4 / 5
神率
19.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784862630346

あらすじ

顔フェチの若宮は高尾の「顔」が大好き。でもそこへ新しい好みの顔を持つ西岡が現れる!オイシすぎと思いきや何か違う。だって欲しくない。ドキドキするのは…ひとり占めしたいのは…

表題作ひとり占めセオリー

一人暮らしのアパートで受様に同居される大学生/佐倉
居心地が良い攻様の部屋に居ついた大学生/立花

同時収録作品恋落ちルール

受様好みの顔をもつ大学生/高尾
好みの顔に弱い大学生/若宮

同時収録作品ほころぶのは誰のため

モテルのに浮いた噂のない受様の同期/永倉
一人でネクタイが結べない会社員/広瀬

同時収録作品お世話になっております

出版社営業部勤務の会社員/松永隆伸26
出版社編集部勤務の会社員/三好章弘27

その他の収録作品

  • 蜜月ルール
  • おまけかきおろし

評価・レビューする

レビュー投稿数19

独占欲と世話焼き

◆ひとり占めセオリー◆
大学の同級、佐倉のアパートに転がり込んで同居状態。
一番近くにいるのは俺なんだろうけど、『一番』は俺じゃない、ともやもやする立花。
女の子と楽しそうに話す姿を見てイヤな気持ちになる、その気持ちに思い当たってしまう。
一緒にいたい。でも、一緒にいられない───。

うだうだ悩む立花がかわいいったら。
背中から抱きつかれんのはヤッバイよねぇ。よく耐えた佐倉!…いや、耐えんほうが良かったのか?笑
おバカというかなんというか。鈍くて暴走して。そこがかわいいんですけど。ね、佐倉。

◆恋落ちルール・蜜月ルール◆
冗談かと思うぐらい自分のツボを押す顔の持ち主、高尾。
『顔が』好き。そこに他意はないと思っていたけど、高尾が先生と仲良くしている姿を見ると胸がざわざわする若宮。
お願いだから。高尾を取らないで───。

意地っ張りで素直じゃない若宮と、腹黒で鬼畜な高尾。この二人が一番好き。
高尾を取られたくない若宮の行動がもう斜め上すぎて、なんでそこに行くんだ!とジレジレ。
若宮もテンパっていたんだろうなぁ。
くっついた後も高尾の意地悪が続くん続きですが。それに翻弄される若宮がかわいい。
そりゃ意地悪もしたくなるよねー。

おまけかきおろしに笑った。
うん、佐倉に立花、高尾に若宮。らぶらぶで良かったよ。
でも場所をわきまえなさい。笑
当て馬役として登場した西岡先生は司書のお兄さんとらぶらぶ。
先生、かわいいねぇ。

◆ほころぶのは誰のため◆
リーマン、同期のお話。
後ろからネクタイ締めてあげるって、すんごいエロく見えるのはわたしだけ?
始まりからドキドキです。といっても、まだ始まりは艶っぽい関係じゃないんですけど。
不器用な廣瀬をかいがいしく世話を焼く永倉。
そりゃそんな無防備に目閉じてちゃねぇ。
締めてあげたネクタイをほどく。永倉さん、それかなりエロいです(笑)

◆お世話になっております。◆
こちらもかいがいしく世話を焼く年下・松永と、仕事に手一杯な年上・三好のお話です。
甘やかしすぎですよー(笑)
なんかもう松永の心の広さが全面に出てる。
イイオトコだなぁ、もう。


前の2カップルは『独占欲』、後の2カップルは『世話焼き』。
どっちも好きなテーマなのでとても楽しく読めました。

0

絵の綺麗さに惹かれて再読したものの…

実はこのコミック、昔持っていたのだけど誰が誰だか分かりにくかったのと話やキャラクターが印象に残らなかったので手放した経験がある。
電子書籍にて購入して再読してみたが、やはり一度読んだだけではキャラクターの心情に入り込みにくかった。
その理由が何度か読んでみてやっと分かったのだけど、佐倉×立花メインの話に高尾×若宮カップルが顔を出したり、高尾×若宮カップルに西岡が絡んできたりして、最初誰に焦点を絞って読めばいいのか混乱したのだった。

後に他とリンクするからといっても、とにかく北上作品のカップルには愛着が湧くまでにまでに時間がかかるのだ。
当時は絵柄の綺麗さに惹かれて、今もその時と同じように絵柄が好きだなぁってのは再認識した。

ちなみにメインの高尾×若宮の話は『みちずれポリシー』にも収録されていて、この巻以上に密度の高いラブシーンに萌え度し!!

0

お世話過剰な攻め様たちが素敵!!

先に「みちづれポリシー」の方を読んだのですが、その中に「ひとり占めセオリー」に収録されているカップルの短編が載っていたので、こちらも読んでみようかな~とは思ったりもしていたのですが、でも、手に取る一番のきっかけは、「みちづれポリシー」の西岡が登場しているらしい・・・と知ったからです。

「みちづれポリシー」がとにかく大好きなので、そしてとりわけ西岡好き!なので、少しでも登場しているお話があるのなら、それは是非とも見たい!となるわけです。
実際には西岡だけでなく、お相手の篠原も登場していて、カップルでの登場は予想外の事だったのでとても嬉しかったです!!!

この本にはいくつかのカップルが登場するのですが、個人的にツボだったのは、「誰のため」という短編のカップルです。
この二人に関してはもっと他のエピソードも読んでみたいぐらい!!!

0

ちょっとした絡みが可愛い、萌える

大学生2CP・オマケ・社会人2CP

初コミックスだそうです♪

表紙のCPとタイトルは別です(笑)
タイトルのCPは裏表紙
表紙の方は「恋落ちルール」「蜜月ルール」のCP
【ひとり占めセオリー】
佐倉×立花 大学4回生

立花は佐倉と2年前から同居している。
(もともとは家より大学に近い佐倉の家に入り浸っていた)
誰よりも自分が佐倉の傍にいる。
でも大学を卒業したらどうなってしまうのか?

いやー同じベッドで背中に抱きついて寝ている2人がイイ★
(狭いからくっつかないと布団からはみ出てしまうのが理由)

【恋落ちルール】【蜜月ルール】
高尾×若宮 大学4回生(ひとり占めセオリーのCPと友人)

顔ふぇちな若宮の1番のお気に入りは高尾の顔←
でもそこに新しく好みな顔の人が現れて…しかも甘味友達にまでなってしまった!
大学なんて毎日の楽しみは高尾ウォッチングぐらいだと思っていたのに…NICE大学(笑)
けれど…その人(西岡助教授)と高尾が仲良くしているのを見ると胸がざわついて…。。。

若宮のグルグル感がとても可愛らしいです。
高尾と続き西岡先生がつきあったらどうしよーって悩んで、自分が西岡先生に告白してみたりwww
ちょ…告る相手違うからwww
立花に「若宮は高尾の顔が大好きみたいだけど知ってた?」と聞かれて「知ってるよ」と答えた時の高尾の笑みが素敵過ぎて…!!!
続編の方は、付き合い始めて1ヶ月経つのに手を出されない状態に若宮がヤキモキする話。
どうにかしようとお泊りしにいったりー奮闘していて可愛いのなんの♪
それでも何も無くてしょんぼりしてTV見て…ドラマの話に便乗して「俺も子供出来ちゃったみたいなんだけど…」といったりwww…想定外に真に受けられて焦るのも可愛いー。
グルグルしている若宮可愛くて…高尾も可愛いなーって見ているんだぜ★←

【おまけかきおろし。】
西岡先生(人文の助教授)のとある1日。
佐倉×立花が購買でイチャ×②、高尾×若宮が図書館でイタしそうなノリを見ちゃったり(笑)
その後、第一図書館の篠原に会いに行ってほんわかラブラブー。

どっちが攻めなんだろう?
やっぱ男前ーな司書さんが攻めで、ほんわかした西岡先生が受けなのかなー?と思ったら!!!
あとがきに「心優しいヘタレ攻めです」とあったよ!!!
ほほぉー先生が攻めなのですね。
このCPの話は「みちづれポリシー」として発売中のようで…今度読みたいな。

【ほころぶのは誰のため】
永倉×廣瀬 サラリーマン・同期で部署は別

自分でネクタイを占めることができないほど不器用な廣瀬はいつも友人の永倉に頼んでいる。
飲み会の後、そんな永倉の家に泊めてもらった翌日…突然キスされ抱きしめられて?!
なのに好きだなんて言われなくて…しかも「忘れてくれ」…もうわけがわからない。。。

面倒見いいなー。
カミソリでヒゲ処理している場面に萌ゆるっ!!!
ネクタイ直してもらっているときの廣瀬の思考に「えぇーーーーーっ!」となったw
そうやって手を触れられると体の力が抜ける?!
それは条件反射的な安心感を感じていやしませんか?w
何かいいわーーーーーーーっ!
んで何より永倉の廣瀬への想いが優しくて…。
キスどまりで話が終わって不憫だ(笑)

【お世話になっております。】
三好 章弘(27歳・文芸編集)×松永 隆信(26歳・出版営業)

仕事がうまくいっていない上に寝起きで…ついつい松永に八つ当たりをしてしまった三好。
すぐに謝らなくては…と思ったのにちゃんと言えなくて…。。。
なのに黙って片づけに来てくれたり、翌日には好物入り弁当を持ってきてくれて…。

攻めの心は宇宙ですか?
めちゃくちゃ甘いのですが!
謝罪した三好に「あんたはあぐらかいたまんまでいいよ。しんどい時は甘えてよ。」何それ?!
しかもちょっと八つ当たりされたぐらいで凹まないように頑張ると?!
どんだけ甘いのよー。
ベタボレですなw

1

普通の会話すら可愛い

布団1組の同衾生活と意気地なしな男心を持て余す会話のヘタレ具合に反応しすぎてページ半分で燃焼しました。

「恋落ちルール」と続編。
表題作よりも印象が強い2作品。
好みの顔があれば性別を問わず見つめてしまう若宮。
そんな彼の一番のお気に入りフェイス高尾。
2人のくっつくまで、そして初Hまでの過程が若宮の男らしい欲求と乙女の恥じらいによって迷走してしまう。
更に高尾のむっつりに翻弄されては明後日の方向へ向かってしまう思考回路に可愛さ炸裂です。

「ほころぶのは誰のため」
面倒くさがりの不器用男子と割とダダ漏れな世話焼き男子。
綻ぶ瞬間はいつかいつかとウズウズしながらエロがなくても美味しくいただける作品。

「お世話になっております。」
日常のほんのひとときを切り取ったようなドタバタ感に、今までのと趣が変わってちょっと物足りなくもあり、色っぽさのない情事に「こういうのもいいな」と思わせていただきました。

0

口絵見て…

北上さんといえば「鋼の錬金術師」ハボロイのイメージがるので
口絵みて思わず、懐かしい…と思ってしまった(^^;)

今回は2組のカップルのお話で、どちらもいい男ばかりvv
好きになる感じはどちらも似たようなもので、
素直になればいいのに、簡単にはいかないわけで…
グルグルと悩んで、相手を取られまいとしてバカな行動を取ってる感じ。
付き合い始めてもエッチに持っていくまでに凄くじらされて可哀相なんだけど可愛いvv

その後のお話で助教授の先生が出てくるんだけど
その先生から見た2組の後日談が笑える。
仲のいいのは良い事だけど人前では…
と、思ってた先生が他から見たら同じように見られてたお話。
この先生の相手と思えるキャラが少ししかでてないので
もう少し読みたかったなぁ。



0

さわやか

好感が持てる2人でした
どっちかがダメっていうパターンが結構な割合で多いのですが今回の二人はどっちも良かった

同じ大学で片方のマンションが大学から近くて入り浸ってそのまま
いつのまにか2年同棲生活となっている2人

一緒の布団に寝ている

もうこの段階でおかしいのですが
2年経過してから、くっつきます

きっかけは、女の子と親しくしている様子を目撃してしまい
自分の立場と気持ちにきがつく
という感じです

2年間の同棲生活をみてみたいです

0

「知ってるよ」にやられたw

北上れん先生の既刊を全部集めたところで、なんと来月から既刊フェアが始まりますよと。リブレめ(笑)

さて、こちらは北上れん先生の初コミックスになります。タイトルが『ひとり占めセオリー』ですが、表紙イラストも裏のあらすじも別の作品という不思議仕様。なんでじゃ?

その『ひとり占めセオリー』ですが、同居中の大学生・佐倉×立花のお話。内容もキャラクターも記憶に残らないありきたりな印象。セリフと心の中の声がごちゃごちゃしてて、非常にまどろっこしい。初コミックということなので大目に見よう。

そのスピンオフである『恋落ちルール』が表紙とあらすじになってます。高校時代からの友達である整った顔の高尾×高尾の顔が大好きなメンクイの若宮。顔が好みなだけのはずなのに、もう一人好みの顔の西岡(助教授)が現れたことで、顔だけではなく特別な存在なんだと気付いて……みたいな。こちらのお話はとても面白かったし、若宮も高尾もキャラがしっかりしてて好きですね。人気があったのか、『蜜月ルール』という続編もあります。本家を差し置いて続編(笑)
恋人になってから、キス以上進展しないことを悩んだ若宮が、あの手この手で高尾から手続きを出すように仕向けるのですが、もう若宮かわいすぎます。高尾もメロメロですよ。甘い可愛い幸せなお話でした。


あと2作品ありますが、どちらもイマイチだったので、この1冊での評価にすごく悩む。高尾×若宮だけならもっと高評価ですが、もったいない。やっぱり短編って難しいですね。

3

幸せカップリング

 「ひとり占めセオリー」

 同じ大学の佐倉と立花は同棲中ですが、立花は、佐倉に恋人がいるかもと疑い、アパートから出て行こうとします。立花の引っ越しの日に、佐倉が攻めとなり、立花を受け入れます。
 
「恋落ちルール」

 若宮は整った顔がともかく大好きな大学生。高校生の時に、すでに高尾の整った顔に惚れ込み、ずっと告白もしないままただの友人関係を続けています。ある日、若宮は大学の学食で西岡先生(『みちづれポリシー』のあの西岡です。)と出会い、そこで甘味友達になるのです。若宮が高尾を振り向かせようとしたり、高尾が若宮を奪ってみたりと、ちょっと入り組んだ王道設定なのですが、最後は丸く収まっています。

 「蜜月ルール」

 晴れておつきあいすることになった若宮と高尾。しかし、あまりにお互いぎこちなく、ほとんど進展がないのすが、しっかり落ち着きます。

 「ほころぶのは誰のため」

 不器用な廣瀬を永倉がいつも世話をしているのですが、永倉がもうお母さんキャラに見えて仕方がありません。しかし、永倉は廣瀬に一度だけキスしてしまいます。廣瀬も他から告白されて初続きめて、永倉の気持ちに気づくという、ある意味ではBLの純愛王道ものです。

 「お世話になっております。」

 三好と松永は同じ会社同士の先輩と後輩に当たり、二人は付き合っています。仕事でうまくいっているときも、そうでないときも、同じ会社だから嫌でも分かってしまう。仕事のことで当たり散らしてしまうこう三好ですが、松永に懐抱されて、ころが何だかほのぼのします。

2

甘やかし愛

【是】のファンブックに寄稿されていた漫画から興味を持ち、ついに初めて手に取りました、北上さんの作品。
もう何がって、まずはこの美しい2人。
どう考えても「眼鏡!眼鏡だ!眼鏡祭りだワッショイ!」となる私の変態ぶりがダダ漏れてしまう程の美しい。
そうそう、ノンフレームの眼鏡って美しさを引き立たせるよねと一人納得。
そして男性の縦長の爪って大好きです。どうしたのもう表紙だけでメロメロなんですけど。

…と、しょっぱなから酷い程私は悶えたのです。頑張って早く表紙めくれよ。

けど、こちらってアレなんですね。
【ひとり占めセオリー】って表題ですが、表紙は収録されている「恋落ちルール」「蜜月ルール」の2人なんですね。
表紙をめくって1枚目のカラーイラストページも「恋落ちルール」等の2人。
ほほう、やっぱり眼鏡人気なのかな(勝手な思い込み)。

「ひとり占めセオリー」「恋落ちルール」「蜜月ルール」はとある大学内の2カップルのお話(しかも4人ともお友達)。
共通して言えるのは、とにもかくにも攻めさんが受けさんに対して甘い。
もう愛情漏れまくり。
大学構内で売られてるプリ続きンやらモンブランやらより、ずっと甘くて胸やけしちゃいそうです。

「ほころぶのは誰のため」。こちらはリーマンなお話。
眼鏡リーマンはしっかり者に見えて実は物凄く抜けてる。それをカバーして甘やかすのがやっぱり攻めさんなんですね。
ほころぶって、最初はどういう意図で使われているのか分からなかったんですが、受けさんの抜け具合を見て居れば一目瞭然かなと。
それにしても、攻め彼は凄いですね。ネクタイしめてやるのから始まり、カミソリでヒゲは剃ってあげるわ寝グセは指摘してあげるわ、とにかく世話を焼きたい。
キスされて「無かった事にして」って言われて、それに振り回されて自分の気持ちに受け彼が気付くという、特段変わったお話じゃないんですけれど、甘い雰囲気がイイ。
最後に想いが通じ合った時の、攻め彼のセリフにぎゅん。
「また毎日タイ締めさせてくれる? じゃあ 解く方は?」
(「解いて解いて早く!!」と叫びそうになった事は心に留めておく事にします)

そして最後「お世話になっております」。
出版社(別部署)の年下攻め×年上受け。攻め彼は営業マン、受け彼は編集者。
既に出来上がってるカップルですが、あまりの甘々年下彼へ、ちょっと受けさんがあぐらをかいてーというお話。
…んで結局コチラも攻めさんの甘やかし度が半端ない。

もう何ですか、こちらの作品は糖度高めでシヤワセ…(*´ェ`*)ポワン

となりました。

私の様に、眼鏡男子でご飯3杯はイケちゃうような方にオススメします。
(※しかしそのご飯には相当な量の砂糖が入っております、胸やけにはご注意を)

3

一番近くにいる友人から…

タイトルは「ひとり占めセオリー」ですが、表紙は同時収録作「恋落ちルール」のふたり。裏表紙の説明文も「恋落ちルール」ものです。
表題作とは、舞台が同じで主役どうしが友人関係。

「ひとり占めセオリー」
友人の佐倉の家に転がり込む形で同居している立花。ずっと近くにいるうちに、佐倉の一番になりたくなってきて…。
友人から恋人へ。受がぐるぐる悩んでいます。悩みすぎて思考回路がやや乙女にw
そして勢い余ってHシーンでは積極的にでてしまうという。

表題作にしては短かったので、もっとじっくり読みたかったかな。とは思いましたが、おもしろかったです。

「恋落ちルール」
キレイな顔をひたすら見つめるのが大好きな若松。ものすごく好みの顔の友人・高尾のことが気になって…。というお話。
[子どもできちゃったみたい]の一件は、普段冷静な高尾の取り乱しっぷりに、若宮への本気が感じられてグッときました。
こういう、主導権を攻めが握っているように見せかけて実は、攻が受にすごく惚れてて振り回される感じ、すごく好きです。

「ほころぶのは誰のため」
受の生活能力のなさはダテじゃない!w
続き
これは、生活能力はナイけど、仕事はできる。というのがミソですよねw
これも友人から恋人へのパターン。キス止まりです。

「お世話になっております。」
H中に仕事のことを考えすぎて中断してしまう受ww
そしてそれを受け止める攻w
すでに付き合ってるカップルがプチケンカして仲直りするまでのお話w
仲直りHおいしかったですw

0

友達から恋人へ

萌えと中立の中間ぐらいかな。
面白かったんだけど、心理描写が乙女すぎて萎える部分もありました。

短編集です。
どの話も、親しい友人関係を長く続けてるうちにいつの間にか好きになってて、最終的には付き合うってストーリーです。
友人から恋人へってストーリー展開は基本的に大好きなパターンなもんで、読んでて楽しかったです。
ただ、友達時代のスキンシップが過多なのと、受けが鈍くて常にマイナス思考するのは趣味じゃなかったです。いきなり攻めにキスされて、翌日その攻めに「忘れてくれ」って言われたら「からかわれた」と思う受け、とか。こういう思考回路する受けってあまり好きじゃないんだよね。

でも全体的には読みやすくて良かったです。
絵も好き。とくに裸のラインが好きです。

1

西岡先生が好きだなぁ

大学生の話です。佐倉×立花と高尾×若宮の2組のカップルの話。
攻め2人がムッツリで受け2人が甘党・・・と作者もあとがきでおっしゃっていましたが、ぶっちゃけ、あんまりそのあたりは気にはならなかったです・・・
ぶっちゃけ気になったのは、表題作が短くないか?と思ったくらいです。
それなら「恋落ちルール」の題名の方がよかったかなぁと。
[ほころぶのは誰のため]
ネクタイ締めてもらうなんて・・・なんかエロい(汗)
しかも仕事はできるけど、ほかは何もできないなんて・・・。いやーなんかシチュエーションがエロい・・・でもエロはない・・・。この作品のエロはちょっと読みたいと思いました。
[お世話になっております]
この作品は最初からHシーンでした・・・。ていうか考え事しながらヤッてるのはすごいぞ・・・まぁ途中で中断していましたが・・・。でも攻めはいい奴だ。
きっとこういうところが好きなんだなぁと思います。

0

好きということから

BLってカラダから始まる関係が多くて(たまたま私が読んだのがそういうパターンが多かった)このストーリーみたいに、まず気持ちが通じてから関係を結ぶってのが新鮮でよかったです。

なにより萌えシチュエーションが多かった!
・ひとり占めセオリー
立花(受)を佐倉(攻)が背中からぎゅう~と抱きしめるところとか
・恋落ちルール
高尾(攻)が若宮(受)の手でぱくっとプリンたべるところとか
・ほころぶのは誰のため
永倉(攻)が廣瀬(受)のネクタイを背中側から結んでるところとか
同じく永倉が廣瀬の髭をカミソリであたるところとか・・・

大好きなシチュエーションだらけでお腹いっぱいになってしまいました。

1

 

「すごく」面白かったわけではないけれど、初コミックスということを斟酌すれば、まあまあではないかと思います。

この単行本のタイトルは「ひとり占めセオリー」なのに、表紙イラストの二人は「恋落ちルール」「蜜月ルール」の主役カップル、裏表紙の作品解説もやはりこの二人について……いいの?これでいいの? と思わずつっこまずにはいられませんでした。業界的にアリなんですか?
しかも「恋落ち~」「蜜月~」を音声ドラマ化したCDのタイトルはやはり「ひとり占め~」だし。
確かに「ひとり占め~」のほうがBL的には売れそうなタイトルですが、こういう混乱を招くような真似はして欲しくないと思いました。


一番面白かったのは、やはり「恋落ち~」「蜜月~」それから「おまけかきおろし。」の一連のシリーズですね。
「俺子どもできちゃったみたいなんだけど」のくだりは結構好きです。
頭がいいのにバカな攻めってかわいいですよね。ビジュアルもかっこいいと尚更。

「ひとり占めセオリー」は、「恋落ち~」群と舞台を同じくするお話ですが、受けの子が想いを伝えられずに悶々としてるのが殆どなので、展開が平坦で、入り続き込みにくかったです。
そしてHシーンですが、受けの子が、攻めの上に跨ってからやっと告白するのって、ちょっと順番としてどうなの!? と思ってしまいました。H中の盛り上げる感じの台詞じゃなくて、告白ですよ?
これだけは納得できない……。

「ほころぶのは誰のため」は、萌えでした。リーマンは最高。

「いつもお世話に~」は、あとがきを読まないと作品のテーマがわかりませんでした。

0

スピンオフがよい

作者も自覚しているとおり絵柄が不安定です…
雑な線が入ることがあります。

メガネ萌えがない人は、楽しく読むのはキツイかもしれません…
同じ大学生でも、精神年齢には幅があるんだな、と思いました。

私は西岡先生と篠原司書のカプが好きです。
図書館の棚の暗がりで、辺りを気にしながら手を握るところなんか、かわいくてかわいくて。
2人については『みちづれポリシー』で堪能できるみたいです。

0

CDも探そう…。

表紙があの絵でタイトルが「ひとり占めセオリー」なので、買うまではこの2人の話が「ひとり占めセオリー」なのかと思ってました。
この2人のお話は「恋落ちルール」と「蜜月ルール」
なかなか自分のツボにハマりました。

「顔」が好みなのだと思ってたのに、それだけじゃなかったみたい。
でも、どうしたら…。

若宮自分の気持ちに気付いてなんとか先生との仲を阻止しようとするんだけども、そこでそっちに行っちゃうかーという流れになんか可愛さを感じました。
意地らしいというか、なんというか…。
いつエッチするのかとドキドキそわそわしてる感じも可愛い。

そして、高尾が男前メガネだ。
雰囲気が常にかっこいー、というか好みだ。
料理作るのにエプロン?(なんて言うのアレ)してるのが最高にかっこよかったです。

是非CDが聞いてみたくなりました。
探してきましょう…。

0

ホモの巣窟(笑)

表題作「ひとり占めセオリー」は、友達のアパートに入びりたっていてそのまま同居…この感情は友情?愛情?という流れのお話です。

同時収録の「恋落ちルール」もいいです。ちなみに表紙の二人はこの話の登場人物です。いいんですけど…受けがいろんな奴に本命に似た顔にドキドキしてるのがいやだなぁ…と感じてしまいました。やはり一途でいてほしいところです。
この二つは同じ大学での話。この大学は男カップルが多いです(笑)

そして「ほころぶのは誰のため」…これが私の中では「萌」になりました。ネクタイのいいところを存分にひきだしていると思います。リーマン最高…っ。友情と愛情の狭間での流れも好きです。

巻末の「お世話になっております。」はエロ中に集中してない受けが面白いと思います(笑)

2

ずっと傍にいて、自分が一番で・・。
でもこの気持ちが何なのか気付いていなかった・・・・。
という話やね。

好きな人は独り占めしたいという話ですわ。

思ったよりは・・・・・な作品でした。
初コミックスという事なので、まぁ今後に期待って所ですかね。
BL業界も凄くにぎわって、初コミな作家さんも増えているわけですが・・・・皆さんレベル高いよね・・。
BLスキーにはタマラン時期だと思いますが。

あ、そうそう、このコミックスさ、ところどころに、ラフ画が載せてあるんですよ。
ナニを隠しましょう、ワタクシはラフを見るのが凄い好き。
だってさ、原画って、凄くキレイじゃない?
ペン入れすると表情が変わってしまうってのも1つですが、中には、ラフの方が凄いきれいな方いるわけです。
この先生もそれあるな~と、若干なりとも思いました。
デッサン力は大事だなぁ・・・・・

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ