梁田家の食卓-やなだけのしょくたく-

yanadake no shokutaku

梁田家の食卓-やなだけのしょくたく-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
学習研究社
シリーズ
もえぎ文庫(小説・学習研究社)
発売日
価格
¥524(税抜)  ¥566(税込)
ISBN
9784059040255

あらすじ

高校二年の勝伊は、三歳の時に自分をひきとって育ててくれた養父・梁田伊月が、ずっと好きだった。
春休みのある日、朝食の席でついに告白!しかし軽くいなされてしまう…。
義父への恋心が募る勝伊の前に、実父・紀彰が現れる。
伊月にとって勝伊は邪魔な存在だから、離れるようにという紀彰。
その目的は…?親と子、また人と人との絆を描く、新世代ホームドラマ。

表題作梁田家の食卓-やなだけのしょくたく-

高校2年生・梁田勝伊
養父・梁田伊月(36)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

葛藤が足りない……かも

高校二年生の勝伊には好きな人がいる。
それは三歳の時から自分を育ててくれた養父の伊月だ。
ずっと秘めてきた想い、ある朝ついにそれを告白した勝伊だが、伊月の反応はいまいちつれない。
そんな時に勝伊の実父、紀彰が姿を現した。
この実父と紀彰はかつて恋人同士だったらしく……

複雑な家庭環境の中で生まれた息子×義父。
ここ最近父親属性に弱い私ですが、この作品にはそんなに萌えられませんでした。
思うに一番大きな原因は主人公があんまり悩まない子だからではないかと。
葛藤がね、葛藤が足りないんだよ。
パパに秘めたる想いを抱えているのはいい。だけどそれをぽろっと朝食の時に言っちゃったってどうなの!!
もっとご飯が食べられなくなるくらいぐるぐる悩もうよ青少年!!っていうのは私の趣味の問題です。ごめん。
パパが若作りの美形で魔性のゲイっていうのはとても楽しかったです。
こっちの設定がもっと全面に出てきてくれてたらよかったのに。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ