ダイヤモンドに口づけを 4

ダイヤモンドに口づけを 4
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×24
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
20
評価数
6件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784862630315

あらすじ

「本当に君はいやらしいことが大好きだね。私に似合いの花嫁だ…!」傲慢な一流宝石商・陣野の溢れる熱で毎日トロトロな新妻・三森。ある時陣野を陥れようとする大富豪の陰謀によって、三森は記憶喪失に!!猛る陣野は、愛の軌跡を辿るように、超Hで甘くて強烈な花嫁修業を開始。淫らなおしおきで翻弄される三森はどうなっちゃうの!?大ヒット&Hたっぷり記録更新中!の超人気ジュエルラブ、新展開滴る激愛オール書き下ろし。

表題作ダイヤモンドに口づけを 4

一流宝石商・陣野
花嫁・三森

その他の収録作品

  • 青きサファイヤの誘惑
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

またもや新しい敵ですか?!

今回もまた陣野に敵意を持つ新キャラ登場!!
そのおかげでミオが記憶喪失?!
そしてあの御国、ウォルフヴァルト大公国の第3王子がしょっぱなから登場。
第2王子フリードリヒと違い結構フレンドリーvv

陣野の義理の兄が新しくジュエリー部門を作るという事でミオたちは偵察に
そこで待ち構えていたのが今回の新キャラ、なんちゃってインド人の竜樹。
本物の占い師が休憩中に、占いの館に忍び込みミオに暗示をかけるのです。
「神野を忘れるという…」

忘れながらも何か引っ掛かるミオ。
そのまま家政婦として2人で暮らすのですが、陣野が何もしないわけがない。
記憶がないんだからミオは強姦されたのと同じです。
でもあるきっかけで神野を忘れてた記憶が戻るのですが
実は暗示はもう1つかけられていて…

「愛してる」この言葉をミオが発すると、神野を傷つけてしまう。
最初は包丁で切りかかってました。
この暗示を解くには言葉「封印を解く」だけではなく集中させるものが必要で
暗示に使ったときと同じ宝石もしくはそれ同等の色をした何かがいるという。
でも竜樹がその宝石を渡してくれるはずも続きなく諦めていると…

はい、ここであの第3王子が大活躍とでもいいましょうか
彼の瞳の色が、その宝石と同じ感じでして
暗示を解く言葉を言うと、アッサリと暗示は解けて2人ラブラブです。
あっ、勿論エロエロラブラブですからね。

もうね、全てこうなったのも陣野のせい。
竜樹も何でミオに暗示をかけたかというと、勿論陣野が苦しむのを見たいが為。
でも何でかっていうと、自分の女を寝取られたってこともあるけど
陣野は興味のない者(物・事)は全て自分の中から排除して
竜樹が文句言おうにも何も憶えてないので、喧嘩にさえならない!!
ようは相手に(視界にさえ入ってない)されてないってこと。
(そりゃ腹立つよね)
でも今までの陣野なら、竜樹も相手にせず(忘れて)いられたのに
1人の人間(ミオ)を側に置いたと知って、退屈だった竜樹は動き出した。

でもこの竜樹だって人としては最低なんで陣野とどっこいどっこい。
金持ちの家に生まれると庶民にはわからない何かがあるんですよ…
それは後々の巻で。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ