キミのとりこ

kimi no toriko

キミのとりこ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
6
得点
12
評価数
8件
平均
2.1 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
双葉社
シリーズ
アクションコミックスBLシリーズ(コミック・双葉社)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784575832921

あらすじ

?好き?。
弟・千晶を見つめる友人・詠の熱っぽい視線を、いつも感じていた兄の千鶴。
だがある日詠に「好きな人はいないのか」と聞かれて千鶴の気持ちはゆれる。
恋愛なんて興味がないと思ってた、でも千晶に向けられる詠のまなざしが気になって――。
表題作、初めての恋に翻弄される『キミのとりこ』
40P描き下ろし+切なくて温かい愛あふれるオール単行本未収録作品集!!

表題作キミのとりこ

弟・千晶の友人 詠
恋愛に興味が無い(ってホント?) 千鶴

同時収録作品ひだまりの庭

同時収録作品ヘブンズルート/天使たちのルール

評価・レビューする

レビュー投稿数6

嫌いじゃないけど。

全作品購入してる作家さんですが、
絵はいつも見分けがつかなくなります。

この本は、古い作品も入っています。
この作品に限らず古い作品は時折入ってますが
読むまでに暫し躊躇い、読みます。

村上さんの描く受けの男の子は、
黒目がちで可愛いので好きなのですが
この本に関しては足早に過ぎた印象をうけました

内容を忘れていて、読み直したのですが
印象には残らなかった

人妻と付き合ってるって事の方が
気になって仕方ない。


必要な設定?

とは言え、村上さんの作品は好きです。

0

評価少し厳しめですが…

表題作は書下ろし、同時収録作品は1998~2000年発表のちょっと古い作品です。
この古い作品、絵柄がかなり違います。はっきり言ってびっくりしました^^;
もともと絵柄的にはそれ程好きでない作家さんだけに、この絵の古さはちょっと厳しかったのですが、お話としては悪くないです。但し、BLではありませんが。
家族愛とか、同志愛というものに近いと思います。無理やり「少年愛」という括りに入れることも出来ないことはないかと思いますが、普通のBL恋愛モノを期待して読むと裏切られると思います。
お話としてはちょっと前の少女漫画にありそうな「いいお話」だったのですが、登場人物は基本的には皆「いい人」で、裏社会を舞台にしたファンタジーでこの設定はインパクトに欠けるなと思いました。

唯一のBL恋愛ものは表題作ですが、こちらはまぁまぁでした。ちょっと切ない系のお話です。

2

絵柄の古さが耐えられなかった

村上さんの作品の唯一の読み残しだったので、
これも読まないといけない、と思って読み始めたのですが・・・

正直言って途中からどんどん読破意欲が落ちてしまい、挫折してしまいました。
最初すっと読んでいた作品がいきなり2000年前後の古い作品になったせいで。
話の筋は多分アリなんだろうと思いますが自分、村上さんの古い絵柄は地雷みたい。
やっぱりあの突き刺さりそうなとがり顎がダメでした・・・orz

表題作で感じたはずのほのかな萌え心はザクザクと顎に切り刻まれて
ごめん、正直だめでした。元々ギリギリのバランスでヘタを逃れてる感じがする
作家さんなのでちょっとの違いでえらいことになっちゃうんだよなぁ・・・

0

ぬるい感じ

なんか薄いというかぬるい感じがしました。
昔の少女漫画っぽいというかなんというか…。

『キミのとりこ』
兄弟の親友に恋をした主人公。
気持ちよく大円団でした。
でも、萌えるとこまではいかなかったかなァ。
悪くないんですが、もうちょい主人公をへこませてから浮上させてくれたほうが私好みなんですよね。

『ひだまりの庭』
非BL。
ほのぼのした話。
再婚した両親が亡くなって、残された子供たちが家族になるまで。
いいお話でした。
でもあまり響かなかったかな…。キレイすぎると逆に響かないんです。私の心が汚れてるからかも。

『ヘブンズルート』
『天使たちのルール』
非BL。SFです。
事情のある子供ふたりが、互いに愛を感じ、ふたりだけで生きようとする。
この話、もうちょい小汚ない雰囲気が欲しかったな。
壊れてるというジゼルだけど、兄貴肌で優しくて、まったく壊れてる感じもしなかったし。
あといろいろ簡単に上手くいきすぎる気もしました。
主人公二人に若干のダークさがあれば良かったのにな。人間らしいずるさや弱さがあれば魅力が増したろうになと。

1

兄と弟の親友

表題作以外はBLとは呼びにくい作品ですかね。お話自体はほのぼの系です。
絵柄も少女漫画のようで。今とは作風が違いますが、村上左知さんらしく、心が温かくなるよなお話です。

表題作「キミのとりこ」ですが。
弟の親友っていいですよね…!!すっごい大好きなんですよ。
親友の兄に思いを寄せる年下クンも、弟のようにしか思えない弟の親友にいつしか恋心を抱く兄も。そして兄・弟・親友の三角関係に発展…というパターンが多いですよね。
で、この「キミのとりこ」は弟の親友・瑛が弟・千晶を見つめる姿を見て、瑛は千晶を好きなんだと思っている兄・千鶴。彼は瑛の千鶴を見る視線も気になっていた。自分と千晶が似ているから自分に対してもあんな視線を送るんだろうと自分に言い聞かせて。
どんどん瑛に惹かれていく千鶴は、瑛に「千晶はほかに好きな奴がいる」と瑛に嘘をついて…という流れです。
予想通り瑛が好きだったのは千鶴で、ずっと千鶴のことを見つめていました。そのことを告白し、想いが通じ合ってからHに至るわけなんですが。
もー全編通して可愛すぎるんですよね、この二人。
見てる側からしたらお互い好きなのバレバレ続きなのに。ブラコン千晶も策略があるからかちょっとすれ違ったりもしましたが、お互い好き同士だから、まぁすんなりくっつきました。
でも弟として兄とじぶんの親友がそんな関係になっちゃったらショックですよねー
両方とられちゃったかんじだし。
今作は年下攻めも味わえるし(『千鶴さん』呼びがたまらん…!)、相変わらず可愛いし、お勧めです。

1

同時収録は絵柄が古いけど面白いですよ

「いち好き」や「ラキッシュ」に描かれていた古い作品と、描き下ろし(表題作)になっています。よって、エッチシーンがあるのは表題作のみです。

表題作は、弟・千晶のところに遊びに来る詠の視線が気になる兄・千鶴のお話。視線に鈍感な千晶にヤキモキしていたのは、自分が詠に思いを寄せていたから・・・っていうよくあるタイプのお話と言ってしまえばそれまでです。誤解が解けてハッピーエンド。

「ひだまりの庭」は兄弟2人のところへ保護者としてやってきた義兄のお話。再婚同士の親が事故で死に、3人暮らしをはじめるものの、何かにつけ受け入れられない弟・春樹とキャパシティーの広い兄・哲司、一番大人だけれど一番寂しがり屋の義兄・名波。なんとなく哲司×名波の関係だけれど、そんなことは些細なことで、お母さんの形見のピアノを通して3人が家族になっていくお話です。ほのぼの。

「ヘブンズルート」「天使たちのルール」は未来もの。こどもであっても甘い暮らしはできない時代に二人で生きていこうとするジゼルとカインのお話。
支えあっている二人はBL的な関係に見えなくも無いですが、そんなことは些細なことで、「ヘブンズ~」続きは拾われ育てられたハッカー集団から脱出するお話。「天使~」はその後、泥棒稼業をしながらさすらっている二人に依頼された宝石泥棒に関わるお話。

古い方のお話を読みながら、「あー、昔はこのくらいで萌えられたわよねー」と思いました。色恋よりも細かいストーリー立てが大事なのっていいと思います。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ