恋愛のセオリー 上

renai no theory

恋愛のセオリー 上
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
37
評価数
12件
平均
3.3 / 5
神率
16.7%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784862520197

あらすじ

高校生の千洋は、俳優志望の賢悟と出逢い、優しい彼を兄のように慕い始める。そんなある日、突然賢悟にキスされてしまい!? 甘い恋心をたっぷり描いた、きたざわ尋子原作のピュアラブストーリー完全コミック化!

表題作恋愛のセオリー 上

長谷川賢悟 / 若手俳優
広瀬千洋 / 高校生(人気女優の弟)

その他の収録作品

  • おまけ
  • あとがき(隆巳ジロ )
  • あとがき(きたざわ尋子)
  • キャラクターデータ(&ラフ)
  • 読者が選んだベストシーン

評価・レビューする

レビュー投稿数8

急に恋愛対象になったような印象でした

評価を中立か萌で迷いましたが、気になるところが多かったので中立評価にしました。
上下巻あるようなので、この本ではほぼ中間までお話が進んでいるのですが、充分ページ数はあるはずなのに攻め様が受け様に惹かれた理由がそれ程描かれてなくて、普通の年の離れた友人から急に恋愛対象として見るようになったな、という印象が強かったです。
絵柄の好みもあると思いますが、受け様がとても可愛い外見という設定なのですが、私にはそれ程特別に綺麗でも可愛くも見えなかったのも、このお話に感情移入しずらかった原因の一つかもしれません。
この作品は元々ドラマCDを聞く目的で読み始めたので、下巻まで頑張って読もうと思います。

2

甘くてかわいいカップル

萌えにしようか迷ったのですが、中立で。
主人公の千洋は16歳。
お相手は父親の経営する芸能事務所でスタントマン兼役者として活躍する長谷川。歳の差カップルです。

歳の差カップルが好きなので手を出したんですが、この二人の関係は最初はまるで兄弟のような可愛さがあり、普段好んで読む歳の差ものとはちょっと好みが違っていたので中立にしました。

長谷川を慕って、彼の周りに頻繁に顔を出すようになる千洋。長谷川も千洋を本当に可愛がってくれます。でも長谷川が千洋に惹かれるのがかなり早く感じまして、そこがするっと自然な感じで読めなかったです。
千洋はショタとまではいかないけど、中性的で中学生でも通りそうな外観です。なので、ゲイでない長谷川が性的な興味を持つのが早く(もともとそういう趣味ならいいですが)説得力が…!

隆巳ジロさんの絵は好きなのですが、千洋が「誰もが振り向く美貌」みたいに扱われてるのに私にはとてもそうには見えない^^;
やんちゃな中学生て感じです。
そんな子供がズボンをはかずにシャツ一枚でウロウロしてチラチラ脚が見えてるのに大人の男がドキドキ・・・というのがなんかしっ続きくり来なかったです。このお話、先に恋に落ちるのは長谷川の方なんですよね。
逆ならまだわかるんですが、(長谷川の大人の魅力に惹かれて、とか)長谷川がなぜ周りには綺麗な女優さんがたくさんいる中で千洋の裸にドキドキしているのか、というのが何だかわからず・・・。

可愛いというのはわかるけど、「抱きたい」というのはまた別問題だと思いますので。
それと、千洋の内股でグラスを傾ける仕草シャワーを浴びるシーンなど、どうみても女の子に見えてしまう箇所もBLとしては少し苦手に感じました。

しかし、隆巳さんの漫画は読みやすいので好きです。
きたざわさんの小説はあまりたくさん読んだことがなかったので、先入観なく読めたのはよかったと思います。

1

可愛い王道ストーリー。

きたざわ尋子さん原作です。

とはいえ、原作は商業では未発表(同人誌で出されたもの)で、のちに原作小説が全員サービスの非売品小冊子になっています。

きたざわさん作家買いの一環で、申し訳ありませんが(漫画はほぼ読まないので)作画の隆巳さんはまったく未知の作家さんでした。

絵について言うなら、とにかく可愛らしくて結構安定しています。←え~、すごくデッサン力があるとか上手いという絵じゃないんですが、読んでてイラ立つような不安定さは感じませんでした。私はそれが重要なので。

まあ、千洋(受)がショタっぽいというかとにかく可愛いので、そこで好みは分かれるかもしれませんが、私は可愛い受はまったく抵抗ないどころかむしろ好きなので平気です。しかも高校生受けは大好きだ。

その上、(元が古いからか)きたざわさんなのにというのもなんですが、賢悟(攻)が爽やかないい男だった!でも、決して完璧な男じゃないところがまたイイんだよ。若さがいい方に出てる感じでよかったな~。

若いので『大人げない』にはならないにしても、とにかく『傲慢』でも『俺様』でも『ヘタレ』(イヤ、これは好みだか続きらいいんだけど)でもないんです。きたざわさんなのに!←もういい。

ストーリーは、きたざわさんらしい『王道一直線』って感じです。『年上攻・高校生受』もお得意設定ですし。

でも、私はもともときたざわさんのそういう作風が好みなのでそこは何の問題もないですね。ありがちでも王道でも面白かった。

上巻は、2人の気持ちが通じたところで終わって下巻に続きます。←こちらのH(的な)シーンは、ほぼキャラクターの妄想や夢です。

大好きです。

2

可愛い話

俳優志望で大学生の長谷川〔攻〕と、長谷川が所属する事務所の社長の息子であり有名女優を姉に持つ高校生・千尋〔受〕との可愛い恋愛話。原作は

大学生と高校生だからそんなに年齢差がある訳じゃないんですが、千尋がちとショタっぽいのと体格差があるのでちょうどいい具合に萌えますな~。
姉の撮影現場に一緒に行った事から、長谷川と千尋は知り合い、長谷川のスタントに千尋は夢中になってすっかりファンに。
父親の事務所所属なので長谷川に会いに行ったりと懐いてくれる千尋に長谷川は欲望をおぼえる様になります。
惚れたのは長谷川が先、そして憧れていた長谷川にキスをされて千尋も次第に自分の気持ちに気付いていく。
オマケ漫画や、ラフ画や設定図など巻末にあってなかなか楽しいです。
絵柄も可愛いんですが、長谷川の太刀シーンはちょっといただけなかったですね。
妙な踊りかと思っちゃいましたですよ。

しかし千尋の父親の俳優育成事務所は某JACを思わせますな、かつて今のジャニーズ並みにアクション俳優が人気があった時代があったのですよー、なんか懐かしい~~とか思っちゃいました。

1

ポジションが気になったので買ってみた。

俳優の卵×高校生(女優の弟)
ぶっちゃけ、ショタの受けっ子は苦手なんですけど、これは、萌えた。というかドラマCDのキャストを見たら、平川×岸尾だったので、ぜひとも聴きたいと思いました。まぁ2巻ものなんで、物足りなかったので、早く下巻が読みたいです。
しかし好青年が、悶々しているさまは個人的に結構好きです(笑)
お姉さんも個人的に好きです。

1

わからないなら読み返せ!←

萌えか中立評価に迷いましたが、この作品は読み返すほど面白さがでるのだと思います。
(゚ω゚`)~~最初はショタっぽい感じでなんかなー…と思ったのは事実でw

しかぁあし!千洋の可愛さが読むごとにわかり、「か、かわゆす!」。そして賢悟は「かっこいいぃぃい!」となり…この2人の良さが!
最初はどこがおもしろいんだろう…とか馬鹿なことを思っていましたが、読み返せば味のある作品でした。

願望を言うならば、千洋が幼い顔じゃなければよかったなー…うん。やはり見た目がショタなのでねw苦笑

1

恋愛のセオリー上レビュー。

BL小説方面に疎い私でもきたざわ尋子さんの作品は何度か読んだ事があります。私の中できたざわさんというと、プチトラブル&ハッピーエンド作家さんです。

本誌でチラチラ読んでいて、ショートカットの女の子にしか見えない受が一生懸命恋しているのがなんだか可愛いなぁと気になっていました。
どうやら上下巻モノになるみたいです。

上では出会いから告白までの流れがメイン。
高校生の千洋は、俳優志望の賢悟と出逢い、優しい彼を兄の様に慕い始める。そんなある日、突然賢悟からキスされてしまいました。

………唐突にチューです。流石きたざわさん。
でもキャラが可愛いから見守りたくなる話です。

受の千洋は素直で無邪気でくるくると表情が変わって可愛い子です。
こりゃ男の子でもイケますって。

攻の長谷川さんは男前で仕事に真面目で努力を惜しまない若手俳優。良い体をしている上に優しい。
こりゃメロメロになりますって。

なんか、くっ付くべくして出会った2人です。

1

恋のときめき

人気女優の弟・千洋と、若手俳優・長谷川が出会い
戸惑いながらも、お互いに惹かれあっていく過程が、丁寧に描かれています。
この作品は上下巻で完結していますが、
上巻は2人が気持ちを通じ合わせるまでのお話です。

千洋は、素直で可愛くて好感が持てました。
表情豊かで、誰からも愛されるタイプってところでしょうか。
一方、長谷川は、男前で、努力家で、かっこいいです。
千洋と一緒にときめいてしまいました…。

恋をしている時の高揚感が伝わってくる、素敵な作品です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ