十字架の愛罪

jujika no aizai

十字架の愛罪
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
4件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
ラピス文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784829654507

あらすじ

継いだばかりの教会を守るために、神父・令毅は、ヤクザのような男・伊沢からの要求を呑んでしまった。「神父よりも、娼婦になったほうがいいと思わせてやる」神聖なる十字架に括りつけられ、伊沢にされるがまま醜態をさらしてしまった。それ以後、毎晩のように蹂躙され、冒涜の限りを尽くされる。だが、ふとした拍子にみせる伊沢の態度が、令毅にとって『憎むべき相手』としてではなく、なぜか曖昧な気持ちを抱かせる――。

表題作十字架の愛罪

伊沢・元ヤクザの社長
篠崎令毅・神父

評価・レビューする

レビュー投稿数1

色々切なくて

 借金をタテに~というシチュ、攻めが元ヤクザとかだからか鬼畜・凌辱系シチュに弱い人にはキツイかもですが、十字架に押さえつけて凌辱、お尻に大人のおもちゃを淹れられたまま信者の前で説教など、神父凌辱モノが好きな人には中々イケるかもです。
 攻も受も愛を知らないこと、その出会い方などから色々ぶつかり合ったり傷つけあったりしてしまいますが、それだけについに結ばれるときはひとしおです。
 挿絵の明神先生の受神父もとっても素敵なので、バーバラ先生のみならず、明神先生のファンの方にもお勧めです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ