二響螺旋―愛と熱情のアリア―

二響螺旋―愛と熱情のアリア―
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
8
評価数
4件
平均
2.8 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ワンツーマガジン社
シリーズ
アルルノベルス(小説・ワンツーマガジン社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784903012810

あらすじ

天才的な声を持つ端麗なソプラニスタ・槙一洋は、残酷に自分を捨てドイツに留学した恋人・岸本恭輔の記憶に囚われていた。声楽を通じて互いの才能に嫉妬し憧れるがゆえに、いっそう愛しいと焦がれる絶対の絆。そう信じていたからこそ深く傷ついた槙は、左手に癒えない傷痕を抱え続けていた。そして5年振りに岸本と再会する時「おまえは逃げたんだ」と、槙の抑えていた愛と憎しみが溢れ出し―!!螺旋のように絡み、高め合う珠玉の愛。

表題作二響螺旋―愛と熱情のアリア―

岸本恭輔,恋より歌を取った努力家
槙一洋,天才的な声を持つ端麗なソプラニスタ

評価・レビューする

レビュー投稿数3

不思議な話

ライバル関係の恋愛というか、なんとなく不思議な話。
よくわからないなりに萌えはあったけど、微妙。

0

努力型の秀才VS天賦の才能を持つ天才

受けの復讐と復活愛と、秀才攻めVS天才受けの意地と意地のぶつかり合いです。
どちらも才があるが故の悩みと苦しみと戦いながら、愛にも惑わされます。
リバにはなりませんが、攻めに捨てられてから槇が受け攻めどちらもいけるタイプになるので苦手な方はご注意。

声楽家(テナー)・岸本恭輔 自信家攻め×声楽家(ソプラニスタ)・槙一洋 プライドが高いタイプで誘い受け
五年前に一方的に別れを告げていなくなった岸本のことを、槇はいまでも引きずっていた。
そんな時に、岸本と再会することになって、岸本への復讐を決意するのだが。
まだ残っている岸本への思いが蘇る度に、辛くなって。

『一度躓くとダメージの大きさになかなか立ち直れない、弱くて人間臭い所が案外可愛い』
岸本が一緒に連れてきた友人兼、伴奏者の結城が言っていたことが、岸本の本質をついていると思います。
攻めの打たれ弱さが、無性に愛おしくなります。
岸本に復讐を誓っていながらも、いざ弱った攻めを見ると心を痛めてしまう矛盾も、愛憎が通った人間らしくてよかったです。

声楽家のライバルとして、そして恋人として、常に側にいたが故の続き悲劇のような感を受けました。
時間が2人には必要であり、あの時の別れは必要であって、互いの大事さを知ったいまだからこそ、思いきりぶつかれたのだと思います。
それには、プライドが高くて凝り固まった2人の間を結城が溶きほぐす事が必要でした。
珍しいポジションに立ったキャラで、2人から同時に想いを寄せられていながら、自らの着地地点を知っている大人な癒し系の方でした。

BL業界だと受けがぼろぼろに打ちのめされる展開が多いので、ここまで弱る攻めって中々見かけないので、ヘタってしまう攻めが見たいと言う方にもオススメです。
復讐するのであれば、男を抱けるようになった受けが、攻めを攻める逆転現象があったら、もっと衝撃的だったと思いました。

エロ:★3 誘い受け、普通
総合:★3 3人目である結城の存在が珍しいポジションで、新鮮でした。

0

天才についていくのは、大変なんです。。

天才ソプラニスタが恋人に一方的に別れを告げられ5年。その彼が日本に恩師の退官公演のために恋人のピアニストを伴ってかえってくるところから話が始まります。
別れを告げられ、自殺未遂にまで追いつめられたほど愛していた男が帰ってくると知り、主人公は復讐のため相手のピアニストを奪おうと画策します。
捨てられたという憎しみと岸本を忘れられない悲しみが、からみあい、なんだか豪華な二時間スペシャルドラマをみているような愛憎劇です。うまいです。池戸裕子さん。
岸本が不器用なんです。(笑)諸悪の根元は、すべてこれ。
こつこつと努力して苦しみながら現状を手に入れた岸本、不器用だから、槇を愛し続けながら、歌を極めることができなかったんですね。
そんな岸本の事が理解できない天才槇。
復讐のため岸本のことはわすれたという振りをして、誰とでも寝られる事ができるようになったと岸本を誘います。
槇より歌を選んだというのに、まだまだ未練が残っていた岸本は、ほいほい槇の奸計にはまってしまって・・
槇にふりまわされ、おいつめられ、岸本はぼろぼろになり、歌えなくなってしまいます。槇としては、復讐なんですから無事続き目的を達成したわけですが、後味の悪い想いにさいなまれ、後悔し始めます。
槇を捨て、歌をとったはずなのに、その歌さえ取り上げられ追いつめられる岸本。
どうなるんだ、この二人と最期まではらはらどきどきさせられます。
槇を選ぶ“ふり”をして、岸本に本心を気づかせる役回りの、ピアニスト結城がすごくいいですね。自然体で、岸本や槇のぼろぼろに疲れた心をいやしてくれます。二人どちらからも求められたのが納得いきます。
ラスト、いつも自分のレベルにはい上がってくる事だけを要求していた天才槇が、かわいらしいところをみせてくれまするのがいいですね。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ