ロマンチストなろくでなし

romanticist na rokudenashi

ロマンチストなろくでなし
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
34
評価数
12件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403521430

あらすじ

人気小説家の姉、寧子の新しい担当編集・伊勢は仕事のできる男前。
寧子はすっかり夢中だが、和志は伊勢が苦手だった。
美容師業の傍ら寧子の世話をする和志は実のところ、寧子の描く恋愛小説のヒロイン・ユイコのモデルであり、ろくでもない男の好きなホモ。
誠実そうな伊勢は好みではない。
だが街で偶然出逢った伊勢は、人が悪くて強引で、しかもユイコに惚れていて…!?書き下ろしイージー・ラブロマンス。

表題作ロマンチストなろくでなし

夢見がちだが仕事は出来る鬼畜系編集者・伊勢
ろくでもない男と料理が好きな美容師・矢野和志

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

看板に偽りなし

1冊丸ごと表題作です。
作者様があとがきで書かれていますけれど、言われてみれば題名そのもの。三人三様の「ロマンチストなろくでなし」が繰り広げる物語でした。

和志(受け)は小説家の姉・寧子の人気シリーズのユイコのモデル。ろくでもない男に惚れるホモで、友人にも呆れられている。そんなある日、寧子の新しい編集者・伊勢(攻め)と知り合うが…という話です。

伊勢が俺様なくせにユイコのファンで夢見がちだとか、寧子がさんざん牽制をしていたので伊勢狙いだと思っていたら実はブラコンだったとか、登場人物も一癖あるタイプで面白かったです。読み始めたら分かりますが、コミカルで楽しい作品です。五秒で起きなさい、と言っておきながら、カウントが三、二、一とか笑いました。

しんみり良い話で終わりそうだったところに、ちょっとしたどんでんがえしもあって、最初の「自分勝手二人に振り回される主人公」の雰囲気に戻るという綺麗なおさまり具合でした。

どたばた楽しみたい方、ちょっと不憫な受け、カッコイイ俺様攻め、横暴なお姉さま好き、社会人カップルがお好きな方にお勧めです。

0

誰に共感できるかで感想が違ってくる

家事全般が得意な和志と人気作家の姉、その姉の新しい担当編集・伊勢の三角関係ものかと思いきや、あまり人間関係がこじれる印象もなく、すんなりと読めた。

まず、この話はどのキャラに共感を覚えるかで感想や評価が変わってくると思う。
ちなみに私的には、
攻め・伊勢=○、受け・和志=△、姉・寧子=×、寧子のヒット小説の中のヒロイン・ユイコ=× だな。

カップルのほうは、亭主関白っぽい伊勢に惚れた相手に尽くさないと気が済まない和志で、凸凹が上手く収まる感じで相性いいんでないの?

攻め・伊勢の恋愛観がしっかりしているので、人気恋愛小説のヒロイン・ユイコが理想っぽいっていう設定でもイライラせずに済んだ。
BLの攻めとして萌えるよりも、普通にいい男だなぁと感じた。

逆にあまり好きになれなかったのが女性キャラ達。
寧子は、いくら仲の良い姉弟でも弟の恋愛遍歴を女性キャラに見立てて小説のネタにする
ってのに引いてしまう。
こんな身内いやだなぁ。
それに、作中のヒロイン・ユイコが絶大な支持を得ているらしい恋愛小説も読みたいとは思えないなぁ。
どうも『だめんず好き』な女性って続き同性の支持を得ない気がするんだけどなぁ…。
(あくまでも個人的な思い込みだけど)

弟のだめんず好き卒業に姉の脱ブラコンって面も、果たしてそれが将来克服できるのかな?
と、綺麗にまとまった話だった。

0

結局ダメンズ趣味は変わらないんだな・・・

和志(受)は、もう絵に描いたような『ダメンズウォーカー』ってやつですね。ただ、それだけならBLの受としては別に珍しくもなんともないんですよ。実際私も、今までにいくつも読んでますし、苦手ですらありません。

ただ、私が和志がダメだと思ったのは、結局『最後(ラブストーリーとしてのハッピーエンドの相手)』に選んだのもダメ男(あくまでも私の見方では)だってことなんです。まあ、今までのよりはマシなんでしょうが、なぜ伊勢(攻)を好きになるのかが、私にはまったく理解できませんでした。もうこれは、和志の趣味(根っからの『ダメ男好き』)なんでしょうね。
もう、『どこから見てもダメな、クズみたいな男と別れられないバカな女』そのものでした。あるいは『悲劇のヒロイン体質』でしょうか。

和志のように、自分から積極的に不幸を招き寄せる(近付いて行く)、しかもそれを繰り返すタイプは、『可哀想』と思う前にうんざりしますが、これが『過去』だけなら別にいいんですよ。
私は不憫・不幸な健気受は大好きですし、それこそ『これでもか!』というくらいに酷い目に逢ってても、重苦しい背景を持っていても、それ自体は平気続きですし、むしろ大好きです。

正直なところ、私は伊勢には何の魅力も感じませんでした。私のキライな要素ばかりを詰め込んだようなキャラクターなので。そういう伊勢に恋する和志にも白けてしまったんですよ。本来なら和志のキャラクターは、一応私の好みの範疇だと思うんですが。

ストーリーは結構面白かったんですが、私はとにかく伊勢のキャラクターが徹底的に受け付けませんでした。和志の姉の寧子は、無茶だけど私は好きでしたね。この作品ではいちばん好みかもしれません。

渡海さんは結構好き作家さんですが、作品によって好みがハッキリ分かれるんです。これは、『私のダメな方向の渡海さん』の典型のような作品でした。渡海さんでダメだと思うときは、大抵攻のキャラクターなので。
だから逆に、伊勢が大丈夫な方には、すごく面白いんだと思います。

これ、一度読んでそのまま置いてたんですが、私は好きな本は何度も読み返すタイプなんですよ。でもこの作品は、あまり悪いイメージはなかったのに、なぜか手が伸びない。自分でもよくわからなかったんですが、再読して気が付きました。イラストがよかったんですね。夏乃さん、わりと好きではあるんですが、これは特によかったと思います。だから、そのイメージが残ってたんでしょうね。

再読しながら、否応なく最初に読んだ時を思い出して、『あ~、だから読まないようにしてたんだな(無意識に)』と遠い目になってしまい、もう何度も本を投げたくなりました。根性で二度目も読了しましたが、三度目はないでしょう。

1

攻かっこいい

姉に小説家を持っている和志は、姉の編集者である伊勢と出会うが、
どうも、この伊勢のことが苦手。

もともと和志は、ゲイであることを姉(家族を含む)にばれていて
そのダメ男ばかり好きになる残念な恋愛を
姉が小説にしているんですね~(笑)

で、伊勢は、その小説の主人公である
ダメ男ばかり好きになってしまう「ゆいこ」が好きだという。

和志は伊勢に惹かれはじめてしまうけれど、姉も伊勢のことが好きだと
思っているので、自分が引かなければと和志は思ってしまうんですね。

全体的に、テンポが良くて、軽く読めるラブコメで楽しめました♪

0

甘いラブコメ

美容師をしている和志には悩みがある。
それはゲイである自身がロクデナシばかりに惹きつけられるヒロイン体質であること。
さらにはそんな自分をモデルに売れっ子作家である姉が恋愛小説を書いていること。
新しくやってきた姉の編集者、伊勢は仕事のできる男前。
なんとなく気に入らない、そう思っていたはずなのに、街で見かけた伊勢の仕事中とは違う一面に惹かれはじめてしまう。
そんな時、姉の寧子が伊勢を狙っていると宣言してきて……

編集者×恋愛体質の美容師。
ロクデナシ好きを姉に小説という形で発表されているケナゲ弟と、姉の編集者の話。
編集者は一見誠実そうですがその実結構俺様です。
言ってることは正しいんだけど!!な理に適った俺様(?)っぷりは見ていて楽しいけど、こういう人近くにいたら大変だろうな。
姉が狙っている宣言をしている編集に段々惹かれていく弟の葛藤が切なくてよいです。
正直もうちょっとどろどろするのかと思ったけれど、後半はわりとさくさくまとまってしまいました。
ちょっと物足りないかな?という気はするけど甘い恋愛小説ならこんなもんなのかも。


0

攻めにマジ惚れしそうでした…///

お話は、他の方も書かれている通り、ドタバタコメディーです。
姉ちゃんのキャラが突き抜けていて、それはそれは読んでいて気持ちがいいジャイアンっぷり!
そうそう、上の者から虐げられる弟や妹って、何が悪いでもなく何が正しいでもなく、もう細胞レベルの条件反射で逆らえないんだよね~(笑)
ともすればありがちになりそうな設定や展開を、この姉ちゃんのキャラが美味しく引っ張っていた気がします。
それでいてラストではしっかり姉弟愛でウルッとさせてくれたりして。
こういう女性キャラが出てくるBLは私大好きです!

そんで、私はと言うと、「攻めにマジ惚れしそうでした!!!」
カッコイイよこの攻め><

私はこの攻めの口説き文句に、イチイチ萌えツボ突かれまくりでした!
中でも、「駆け引きなんて必要ない。「愛してないんでしょ」って否定の言葉を引き出すためみたいな言い方しないで、「愛して欲しい」って言えば、俺は恋人にならいくらでも愛してるって言う」って台詞がさあ!
ぎゃ~もう、身悶えするほどカッコイイんですがっ!!!!!
こういうことをキッパリ言える迷いの無さがとても好きでした。

続き他にも、「不平不満も希望もいちいち口にするぞ」とか「嫌だったらその場でちゃんと言う」とか、「不満は言ってくれ、努力はするし無理なら無理って言う」とか…、とにかく「気持ちよく一緒に居られるため」の努力や衝突を厭わないところがイイ。
好きな人相手には駆け引きをせずストレスを溜めず、お互い居心地の良い相手で居られるように努力をしようっていう考えかたに惚れ惚れしました。
こういう台詞ってもちろんBLでもしょっちゅう出てくるし、こういうこと言うキャラも居るんだけど、中には「同じ台詞なのになんで?」って思えるくらい空々しく聞こえたりキザったらしくてうぇ~ってなったりするんですよね。
けどもこの攻めは、その台詞を言うタイミング、シチュエーション、言葉のチョイス、すべてが私の萌え心を刺激しました!!!

攻めばっかりに惚れたようだけど受けも可愛かったですよ。
典型的な「尽くし型」で、駄目男に引っかかって「俺が傍に居てあげなきゃ」とか「俺だけは最後まで味方でいてあげなきゃ」とか言っちゃ最後に吸い取られて捨てられるタイプ。
それでも人を愛することをやめられないあたりがこの受けの魅力でした。

まさに割れ鍋に綴じ蓋的な感じで、この攻めにはこのくらいの受けじゃなきゃって思える2人でした。


0

テンポのよい爽快なラブコメ

駄目な男ばかりを渡り歩く恋愛体質の和志。
小説のヒロインに恋をしている男前で超俺様な編集・伊勢。
裏表のある美人作家で和志の姉・寧子。
そんな三人が繰り広げる、ドタバタなラブコメです。

三人とも書きようによっては、かなり鬱陶しいキャラになると思うのですが。
この作品ではどこか憎めなくて、可愛いくて楽しい人達になっています。
和志と伊勢はもう、出会うべきして出会ったというか。
割れ鍋にとじ蓋カップルでした。もう勝手にやってろという感じです(笑)

とにかくテンポがよくて!
すいすい最後まで読めてしまうんです!!
伊勢に夢中と思いきや、実は寧子の本音は……のくだりは、少しホロっとしました。
横暴で乱暴者ですが、弟思いのいいお姉さんなんですよね。
笑いの中にも切なさがあり、よいラブコメでした。
ラブコメ好きにはたまらん一冊です。

0

できる男の強引な攻!…けれどろくでなし?

渡海さんの作品の中で1位2位を争うほど好きです。
御本人が「バカなラブコメ」にしようと思ったとあとがきに書かれていますが、その通りだと思います。登場人物がタイトルの通りそれぞれどこかろくでなしで、全く楽しい人たちです。
受けの和志は、ろくでもない男に身も心もお金も入れ揚げてはフられて大泣きするという失恋を何度も繰り返しているどうしようもないヒロイン体質だし、攻めの伊勢はできる男でカッコイイのに軽く二次元オタクで九州男児疑惑です。お姉ちゃんもちょっと違った意味でろくでなしです。
端から見ていれば、見飽きない人たちです。たまにうんざりしそうなくらい。
だからテンポよく読むことができます。薄いおかげもありますが、さらっと読めます。
けれどただ、楽しいだけじゃない。和志の臆病な部分とか、姉の寧子が好きな人を好きになってしまった和志の葛藤だとか。ちょっと読んでいて胸が痛くなる部分もあります。自分のことを言われているようで考えてしまったり…。
しかし、姉のことが気になって素直になれない和志を、仕事ができるイイ男からプライベートになると一転して強引な男になる伊勢が、ぐいぐいと引っ張ってい続ききます!強引で少しSな男、いいです!!和志と一緒にどきどきしてしまいました(笑)
その強引なろくでもない男にそのうちくらくらしてきちゃってる和志に納得。そしてそんな和志の姿がかわいいのです。萌え!
そんな伊勢の愛のお仕置きシーンはとっても楽しそうでした。そしてとっても楽しかったです(笑)Dear+とはいえ満足できるエロシーンだったかと。

そして夏乃さんのイラストがまたオシャレでとってもあってます。しかも、私が知ってる夏乃さんの挿絵の中で一番色っぽい…!
最後の方はテンポのいいラブコメに戻っていくので、読後感もとてもいいです。
臆病な受けに強引な攻め!そんなカップリングが好きな方には是非オススメしたい本です。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ