手に負えない激情

te ni oenai gekijou

手に負えない激情
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×24
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
22
評価数
6件
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784592874881

あらすじ

大学二年の大塚望巳は、憧れの存在でもある従兄弟の家に同居させてもらい、インターネットカフェでアルバイトをしていた。
そんなある日、高校時代の後輩・水原遼也が面接を受けに店へやってきた。
望巳は上京前に一度だけ彼に抱かれたが、あくまでそれは水原の同情と気まぐれによる行為だった。
けっして本気にはならないと言いながら、意味ありげな態度を取る真意がわからないまま、望巳は水原に翻弄されて…。

表題作手に負えない激情

水原遼也 高校の後輩(19歳)
大塚望巳 高校の先輩(19歳)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

見え隠れする独占欲

大学2年の望巳のアルバイト先に、高校生の時好きだった後輩・遼也が、新しいバイトとして入ってきた。
高校時代に好きだと伝え、一度だけ関係を持ったが、それきり会っていなかった。
遼也は身体の相性が良いからセフレにならないかと持ちかけてくるが…。
ずっと好きだった相手にそんな事を言われて断れるはずもなく、頷いてしまう望巳。
それからどれだけ関係を持っても所詮セフレ扱いだと思い込んでいる望巳と実は望巳に惹かれている遼也。
ある日セフレの女性を手酷く捨てているのを目の当たりにして、いつか俺もああなるんだ…と思いつめる望巳は従兄弟の裕司に後押しされ、電話で遼也に「もう寝たくない」と伝える。
慌てて望巳の家に押しかけくる遼也は望巳がバイトを辞めて本当に自分と縁を切ろうと知って焦り、
「人を本気にさせといて今さら捨てんのかよ」
望巳が好きならもっと大事にしてあげていればこんなに追い詰められる必要なかったのに素直じゃないなあ。
あとさすがにバイト前に何回もやってたら体の負担が重い。痩せていく望巳見て何も思わなかったのかと。
まあ遼也も最初に寝た時から他のセフレと望巳は何か違う…って分続きかっててセフレには絶対しないような事も望巳にはサラッとやっちゃうし愛はあるから萌えました。
あと過保護な裕司さんに構われる望巳を見て嫉妬したりそもそもバイトも望巳目当てだったり結構独占欲ありましたね遼也。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ