春に焦がれて

haru ni kogarete

春に焦がれて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784775508459

あらすじ

男爵家の長男・春臣は、敗戦により華族の称号を失い、日系アメリカ人の功によって使用人の地位へと貶められるが……。

表題作春に焦がれて

押尾 主人
春臣 使用人

同時収録作品ナイトキャップを二人で

剣持鉄也 バーのマスター
神名木礼 作家

同時収録作品優しく教えて

金城要 ホスト
野々山真実 新人ホスト

同時収録作品恋のオーディション

山城健人 アイドル志望
織原悠吏 医者

評価・レビューする

レビュー投稿数1

無し・・ではないんだけど

戦後すぐのお話ですね。あんまりこういう時代的な作品っていうのもものめずらしいのでいいのではないでしょうかね。

話としましては、終戦・敗戦により、身分制度が無くなった。
だから、春臣も華族という身分を失ってしまうことになったのね。
家も別荘も売りに出しても残るのは借金ばかり。
そこにやってきたのが、日系アメリカ人の功(つとむ)。病弱な母親を抱える春臣は、小さな小屋に、母と姉を住まわせて欲しいと、かわりに使用人として働くことになった。
しかし、母の病気もじょじょに悪くなるばかり。食糧難で物資の価格も高騰。春臣は、薬代を貸して欲しいとたのむわけです。
しかし、それには条件があって・・・。


「生きる為になんでもするというわけか」
「そうです」
「おまえもか?」
「ええ」

なんていう会話がありまして、・・もうお解りですよね?

金を貸してやる代わりに、身体を差し出せ。
んで、二人とも徐々に惹かれあい~な。
春臣も、途中で、姉の婚約者が帰り、抱かれる必要が無いのに毎日だかれてみたりとか。
そんな話。

結末は、妙に在り来たりすぎると言うか・・・な続き感じを受けました。
もう少し捻りがあると面白いかも。
これ以上何を捻るんだよといわれても困るんだけど。

エロスはね。
うん。モロ描きです。
修正?ぼかし?モザイク?が無いので、モロ見え( ´^ิー^ิ`)ニヤリ
なので結合部分が○×▽□でございますv
いうなれば
「お゛お゛」という感じでしょうか←ワカリニクイワ

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ