雅に恋して!

miyabi ni koishite

雅に恋して!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784862630438

あらすじ

今をときめく右大臣家の次男・左紀は、満開の桜の下で、見知らぬ青年に救われる。もう一度あの人に会いたい…。だが、願いどおり再会した彼、高屋惟康は、左紀の一族・藤原氏を敵と狙う人間だった!

「おまえと俺は相いれない運命にある」今をときめく右大臣家の次男・左紀は、満開の花の下で、見知らぬ青年に救われる。粗末な狩衣にもかかわらず凛々しく精悍で貴公子のような彼は、一切名乗らずに去っていった。「もう一度あの人に会いたい…!」だが、願いどおり再会した左紀に彼…高屋惟康は冷たい眼差しで背を向ける。惟康は左紀の一族・藤原氏を敵と狙う人間だったのだ…!ドキドキ平安ROMANTIC恋絵巻ご覧あれ。

表題作雅に恋して!

高屋惟康 身分の低い開文院の優秀な学生 
西御門左紀 藤原氏の別曹 観学院の学生

その他の収録作品

  • 青海波
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

雅な恋物語。

なんて風情のある作品なんでしょうか。
(*´∀`*)
BLと言う事を忘れてしまいそうな作品でした。
平安時代の雅な恋物語です。

時は平安時代。
早咲きの桜の咲く中、池に泳ぐ鴨のつがいを見て、いつか自分にも睦み合う相手が現れるのだろうか。桜の花に、どうか運命の人を連れてきて欲しいと願う左紀(受け)。
そこへ桜色の薄紙が飛んできた。
まるで自分が今思っていたような歌が書かれてあった。
紙が来た方向には木蓮が満開で咲いていて、そこに美しい男性が立っていた。
それが、左紀と惟康(攻め)との出会いだった。
惟康は身分の低い開文院だが優秀な学生だったので、藤原氏の別曹である観学院の学生達からやっかみを受けていた。
身分の違いで学習する院が違い、扱いの違う事に疑問を持つ左紀。
彼は堂々として男らしい惟康に次第に惹かれていく。
そして左紀の優しさに惟康も惹かれていくのだが、左紀の為に身を引く惟康だった。


素晴らしい世界観でした。
平安時代の話なので、キスという書き方ではなく普通だったら接吻とかですが、ここでは「唇が触れる、重なる」などの素敵な表現でした。
続きの散る中での逢瀬や月明かりの中で二人が結ばれたり、現代とは違う自然のなかでの描写がすごく素敵。
まるで自分もそこにいるように感じました。
惟康の左紀を思いやる気持ち、でも自分の止められない想い。
そして純真無垢で優しい心を持つ左紀の惟康への想い。
この二人のピュアな気持ちが切なく愛しかったです。
それに身分が低い惟康だけど実は…ってところがまた夢乃先生らしいですね。

上手く書けない自分がもどかしいです。
すごく良い作品なんです。
明神先生の絵がまた可愛くってたまりません。
見開きでの挿し絵があるのですが、すごくキレイです。
この雅で素敵な恋物語、読み終わった後の余韻がまた良いのです。
(*´▽`*)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ