ワイルドでいこう

wild de ikou

ワイルドでいこう
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
14
評価数
5件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784199004131

あらすじ

子犬のようだった弟分が、十年後は獰猛な猟犬になっていた―!?実家が詐欺に遭い、呆然とする壱矢の前に現れたのは、子供の頃別れたきりの幼なじみ・隆充。
昔は可愛かったのに、今では手下を従えてヤクザ同然の整理屋稼業!!その変貌に驚きながらも、再会の喜びに心揺れる壱矢。
けれど隆充はなぜか壱矢に冷たい。
しかも「俺はそんなに従順な飼い犬だったか?」と突然押し倒してきて。

表題作ワイルドでいこう

隆充
壱矢

その他の収録作品

  • ワイルドで決めろ

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ワンコだったりワンコじゃなかったり

子供の頃になつかれて可愛がっていた隆充〔攻〕は10年前に突然に町からいなくなってしまい、そして隆充と壱矢〔受〕は10年後に再会します。
再会を喜ぶ壱矢に対して、一つ距離を置こうとする隆充ですが、壱矢はめげないタイプでそれでも隆充の事を聞いたり知りたがったりとなかなか積極的。

壱矢の実家が経営する食堂が詐欺に合い土地の権利を取られてしまうのですが、それを何とかしてくれるのが隆充とその仲間達。
彼らは、違法スレスレの整理屋をやっているのですな。
従順なワンコだった隆充の面影はもう無いのだけれど、それでもどこかしら大型犬を思わせる隆充。
裏家業めいた整理屋の隆充と、車販売営業と真っ当な職業の壱矢。
隆充は自分の仕事に、壱矢を関わらせようとはしていないんですが壱矢は自ら乗り込んで参加していっちゃいます。
時にワイルドに、時にまたワンコに、2人の関係や脇の登場人物もなかなか魅力的でした。

1

野良犬・飼い犬

あらすじと紺野さんのイラストに惹かれて購入したこの作品。思ったよりも面白い作品でした(´∀`)

両親は定食屋を営んでまして、でもそんな定食屋継ぐ気がないから、家を飛び出してサラリーマンをしていた壱矢。しかし、突然つげられた実家の店の危機。
帰ってみればただならぬ雰囲気。
そこでまたしても驚きの名前を耳にする。
10年前だまって姿を消したきりの幼なじみ。2つ年下で、子犬のように懐き可愛がってやった男。
そして、その恩も忘れて連絡をよこさない男・隆充。
再会を果たした2人はどうなった?
というお話。

再会してみれば、クールで強面。壱矢を拒絶。ちょっとハードボイルドな隆充は良かった。
話が進むにつれて、隆充のおもいや言動。リードを握られたままなワンコっぷりも可愛い。
ごついからだとも相まってなかなかにww

逆に壱矢も、受ではあるもののナヨナヨせず。
のっけから、隆充と電話してる男につかみかかり~とハチャメチャぶりも素敵。
男らしいというか(・_・;)

ワイルドでいこう!
このタイトルと、可愛いワンコな話。
妙に似つかわしくないこのテイストが好きです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ