BABY BITCH!

baby bitch

BABY BITCH!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×25
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
11
得点
67
評価数
21件
平均
3.4 / 5
神率
23.8%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
松文館
シリーズ
ダイヤモンドコミックス(コミック・松文館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784790118435

あらすじ

彼が借金の担保に預かったのは人間の男・・・
繊細、且つ豊饒。艶っぽく端麗な線、瑞々しい空間。
センシティブ&エロティシズムBOYSLOVE。
井ノ本リカ子、再び!
(出版社より)

表題作BABY BITCH!

和田 学生
借金の担保

同時収録作品father

神父を陵辱する男達
神父

同時収録作品ただいまダーリン

主人公
シロ 同棲注の恋人

同時収録作品ヤバイって

赤沢
青木 元クラスメイト

同時収録作品さよなら恋人

富山
早野

その他の収録作品

  • Pin-up 1~3

評価・レビューする

レビュー投稿数11

歪んでいて倒錯的で痛々しい

メイン作品+短編4作品入り。
賛否両論承知の上で、私は「アリ」評価です。
ただ人に薦められるかというと、タブー要素が多すぎて薦められるようなものではないかなとは思います。
「神」の下が「萌2」になるのでこの評価ですが、萌えは求められない気も…
5作のうち3作はハピエンとは言い難いです。(かといってバッドエンドとも言い切れない)

以下、主にタブー要素について多分にネタバレを含みます。

「OH MY BITCH!」(全3話)
主人公(和田)から金を借りている友人が借金を返すまでの担保がわりに一人の男を寄越します。
「何やってもOKだから」
やってきた男と友人の関係は不明で、何故ゲイでもない和田に男を寄越したのかも謎。
全編通して二人の間にこれといった会話はなく、ただただずっとセックスシーンが続くのですが、エロ目的で読むようなストーリー無しの話かと言えばそうでもなくて、和田の本人ですら整理出来ていないと思われる心の揺れが描写されていたりするために、その心のモヤモヤが苛立ちとなって鬼畜行為に出てしまっているのだろうなぁとも推測できてしまうわけで……
和田の鬼畜さ加続き減に胸糞悪さはあれど「趣味じゃない!」とも言い切れない、痛ましさの残る不思議な読後感です。
「けっきょくアンタは誰の何なの」
受けが何者だったのか謎のまま終わるのは確かにスッキリしませんが、まぁそれはそれでいいのかなと。謎は謎のままで。
最後に受けが何かを言いかけて結局言わずにチュッとキスだけして去っていくのですが、たぶん彼は気づいてたんじゃないかな?和田が寝てる彼に無意識にキスしかけて未遂に終わっていたことを。

各話が雑誌掲載された時の特集が
1話目→メガネ攻特集、2話目→制服特集、3話目→品性下劣愛特集となっており、
2話目の宅配に来たお兄さんの目前で受けにお尻に詰めたビー玉を放出させるシーンもどうかと思いましたが、それ以上に3話目の内容が本当にとんでもない下劣さ(子供が遊んでいる公園での青姦+子供達に受けへの放尿を促す)で、ここはさすがに吐き気がしました。
あと、2話目にはトイレで性器から直接尿を飲ませている描写もあります。

「father」
タブーは輪姦と殺人。
決して赦されてはいけない結末だけど、やっぱりこれも不快には思えなかったです。
閉塞感と解放。
ただ二人が幸せになることはないでしょうね……

「ただいまダーリン」
安心して読める同棲カップルのエロ甘ストーリーでした。
朝ごはんのシーンは究極のエロティシズム表現かと。
ラストには思わずキュンときました。

「ヤバイって」
ホモじゃないのに男相手にときめいてしまってアタフタしてるお話。
ヤバイって、ヤバイってって心のなかでは叫びながらも暴走が止められない。
これもラスト(手紙の中身)に思わずキュン!

「さよなら恋人」
誰と誰が話してるのか全く飲み込めないまま読み進めて、ラストでようやくストーリーを理解させてもらえる仕掛けモノ。
内容的に悲しくはあれど、主人公が恋人の死から解き放たれるという意味では光を感じる素敵なお話でした。

私はいつも電書で読んでいるので帯とは無縁なのですが、この作品はRentaでだけ何故か帯込みの表紙絵が使われていて、
黒地に白抜きでただ一言
「犯せ。」
そのインパクトたるや…!
書店で見かけていたら迷わず手に取ったと思います。

1

ビックリ

ほぼ無修正(しかもリアル)でエロシーン満載です。
ビックリしました(笑)
男性向けエロ本なみにエロいです。
これで規制されなかったのが不思議ですね。
(規制されなかったからおかげで読めるわけですが 笑)

でも痛そうだったり(流血あり)無理矢理するセックスが多いから、
これできちんと恋愛してからのセックスだったら神の域ですね(笑)

井ノ本リカ子さんが描く恋愛描写とか
もっと他のプレイを見てみたいなぁと思った一冊でした。

0

う、うーん。

感想で「エッチシーンが全部の話にあります!とあったので、短編集で全部にエロありってどういう構成なんだろう?と気になり、読んでみました。
あ、そういう事か。
エッチシーンが全部に話に有りではなくて、全部の話がエロしかなかったです。
まあ、間違ってない(笑)
表題作は、友人の借金の肩によこされた謎の人の話。
何してもさせてもいいという条件なので、お約束通りそういう事をし始めます。
で、謎の人に別の感情を抱き始めた頃、友人が借金を返したので関係終了。

で?
君は誰なの??
謎は解けぬまま。何とも消化不良です。
他もそんな感じで、エロ目的でないとキツい気がします。

最後の話は比較的好きですが、これは恋人が死んでその幽霊という事?ちょっと、これも分かり辛かったです。

2

生粋のエロ漫画

作者はその後男性向けに転向したほどの生粋のエロ漫画家です。
心して、エロを堪能したい、SMが好きだ、特殊プレイが好きだ、恋愛要素なんて皆無でいい、ともかくエロが読みたい!!!という人向け。
甘くドキドキではなく、エロくちょっと切ない話、でもエロすぎて切なさポイントうっかりスルーするくらいエロい一冊です

2

表現がエロ過ぎて批評思考が止まるその2

BENNY'SさんのBABYBITCHと同時期に発売されている本で、
表紙もそっくりですが、感じる印象もよく似たものがあります。

これも
「表現がもろエロ過ぎてそれ以外に何も考えられなくなる」
直球に表現がモロ。BENNY'Sさんよりさらに「借金のかたに売られる」「ビー玉入れられる」のようなSM的要素や野外セックスのような変態的要素を含みややダークです。

「エロスイッチ」だけバチッと入れてしまっていいように思いつつ、それだけで済ますにはちょっと重いかな?という所もあります。
特に蹂躙されている神父を救うべくリンカンしてた相手を殺してしまう「father」。実に余韻が強い。

この本もチンコ以外の表情は普通のコミックスなのに、チンコだけ
「勃起させて実際にデッサンでもしたのだろうか?」
と思うような生々しさを持っています。なんせ陰毛のちぢれや包皮、血管の表現がっつりです。

「抜ける」という意味では一二を争える出色ものなのですが、
これも「腐女子向けですか」というと違うような・・・。
「美少年好きのゲイ向けなんじゃね?」と思わせます。

ただBEN続きNY'Sさんの本に比べると少し、ストーリーはあります。
でもストーリー重視の人が読んだらエロの強さにあてられちゃいそうだ。

3

ほぉ。。

まだ腐女子成りたての頃で、色々手をつけて読んでたけど、
この時は井ノ本さんに一番衝撃をうけた気がする…!

アニメイトで「売れてる!」ってなってたから
買ってみたら、、、うわぁぉ(´▽`*)www
なんじゃ、この半端ないエロ描写は!!と、びっくり。

表題作は公園でやったり、ビー玉?使ったり、
ちょっと受け付けられないのもあり。
自分が基本愛のないHはあんま好きじゃない、ということを
学びました。(゚うェ´。)゚。

でも最後の『ヤバイって』は面白かった~♪
赤髪ロンゲで肉体労働のバイトくんと、独り暮らしの元同級生との話。
休憩中のクーラー目当てで家に入り浸っていたバイトくんが、クーラー壊れて暑っつい中、家で待っててくれたその同級生の子につい…みたいな!

Hの最中、攻が中で出したものが潤滑剤になって、さらに激しくやっちゃうシーン。
あれは良かったw

井ノ本さんのHシーンは、擬音語と心の声が多様されていて
ほんとえろーって感じです(=゚ω゚)ノ


2

タダものでない!

「SWEET」を読んだ時、単に学生が発情してるだけって感があって、あまり評価はしなかったんですが、でも他の作品も見てみないとと、選んだのがこの作品。
ちょっとすごいかもしれません、自分認識改めました。

作者が何を狙っているのか、後味の悪さか、それとも究極のエロか、ストーリーよりイメージとか雰囲気を重視しているのか、そんな小難しい事は考えなくてもいいんですね。
ただ見て思った事だけ感じていればいいのですね、そんな印象です。

表題はちとショックでしたよ。
借金のかたに手元に来たのが人間、腹いせのように犯りまくる。
まさにそれは奴隷で、不満も意義もいわず、もくもくと言われる全てをこなして、、しかも、汚いおやじでなくてよかった、とか言うし。
借金の返済がなされたとき、持ち主の元へ返す段になり、キスしとけばよかった・・・って。
彼は一体何だったんでしょうね。不思議なんだけど、変に不快感がないんです。

他に印象に残った作品は、
「Father」も、玩具にされる神父を慕う少年が、神父が犯した罪と同じ罪を犯すという、なんだか輪廻のような不思議世界。
「さよなら恋人」は続き亡くなった恋人との最後のわかれは、霊との交接?それとも妄想?ちょっと切ない。

エロを分類すると”腰乃”さんもこの系統にはいりますよね、あちらはストリーとかラブを重視した作りになってますけど。
表紙も、中扉のカラーも”つゆだく”でエロいです!
BENNY'Sさんの「アニマルプレイ」と並べると、卑猥ですよ~!

3

すげぇ…

借金の担保にどんどんのめりこんでいく主人公。
ドエロなのに、読後感は強烈なほど切なかった…。
切ない――なんか、主人公の味わった喪失感にシンクロしちゃうんですよ。

評価の高い『SWEET』を読む前に、ほかの作品を読んでおこうと思って手に取った作品なんですが、独特でした。
繊細で綺麗な絵柄と、モノのリアルさつゆだくっぷり。ミスマッチなようでいて、ぜんぜんミスマッチじゃないという。

で、とにかく表題作です。
露出プレイに子供を混ぜたのはかなり引いちゃったんだけど、そのへんをのぞけば完璧でした。
少しずつ惹かれていき、惹かれば惹かれるほどセックスはノーマルになり。またそんな自分をもて余して、変態プレイへと走り。
もう、なにをどうしていいか分かんなくなっていく主人公のキレ具合いが良かったですね。

で、最後の最後に交わした羽根の触れ合うようなキス。
胸がギュイーンとなりました。

3

何もかもが

すばらしい♪<(〃`∀´〃)>ァ'`,、ァ'`
決して、甘いだけじゃなく、けっして楽しいだけじゃない作風なんですが、綺麗な絵と繰り返される卑猥な行為はに胸が騒ぎます。


借金の担保としてやってきた男。
そんな気はなかったのに、男は自分の上に乗ってきた。
慣れてるのかと思いきや、受け入れたソコは固く。
夢中になった。
抵抗しない男をいいようにもてあそんだ。
その内、普通のセックスで相手がいつもより感じていることに気づく。
また夢中になった。
そして・・・・・

行為自体は限りなくエロイです。
抵抗しない男の真意がどうなのか。
宅配のお兄さんスイマセン。
公園の少年少女たち・・・・
いろいろありますが、受が気持ち良さそうな顔をしているのが何よりも良かった。
最後、ハッピーエンドで終わらなかったのもこれはこれで味かなとおもいます。
大体の作品って、BLだととくに、ラブエンドっていうのがお決まりだったりしますからね。

他作品も、エロくて、魅力的なキャラクターたちが楽しませてくれます。
帯の「犯せ」を見た瞬間。
本屋で思わず顔が・・orz
消し続きたい過去です。

7

お~

ちるちるを見て、気になったので、
早速本屋にいって、
買ってみた作品なんですが、

とにかく、すごいっ

確かに印象に残る場面だぁと思いました。

本当に配達の人に申し訳ない感じになってるっ

申し訳ないです

設定としてすごい好きな設定で、早速レビューしよって思ったほどお気に入り作品になりました。

あの本屋にこの本があって幸せでしたっ

買ってよかったと思えた作品っ


是非読んでみてください

4

エロエロだけど飽きない

井ノ本先生はエロが濃厚で、汁だくそしてリアルなイチモツが印象的だったんですが、話がワンパターン化してないところや、ハッピーエンドだけでは終わらないところがまたおもしろかったです!

表題作は受けが借金の担保でやってきたわけですが。
攻め、男には興味ないと言っておきながらヤりすぎですw
受けがなんでも言うことを聞くのをいいことに、色々し放題。
一番衝撃だったのが、宅配便の人に受けの醜態を晒したことですかねw
あと子供がいる公園で青姦してたりw
受けが誰のものかもわからない攻め。知りたくて。自分のことをどう思っているのか気になって。
でも結局彼は担保でしかなかったことが意外なオチでしたね。

『father』と『さよなら恋人』は切なかったです。
『さよなら恋人』は最後まで読んでああそうだったのか…と。
『ただいまダーリン』はヘタレ×女王様受けに萌えましたw
受けがフェラしたあと普通にご飯食べてるのがエロかったw

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ