極・華

gokuhana

極・華
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
ラピス文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784829654132

あらすじ

やくざのせいで両親に心中された水樹は、窮地を救ってくれた男の愛人となった。
が、今や政治家のその男を脅かす極道・八島を消せと指示される。
やくざへの怨恨を元に殺意を奮い立たせた水樹だが、八島を狙う他の刺客に刺されてしまう。
図らずも八島の命の恩人となった水樹はしかし、八島にまっすぐな目で射抜かれるたび戸惑いと熱い疼きが生じ…やくざを憎みつつ、また、殺意を抱きつつも、命がけで八島に抱かれたいと思いが募る―。

表題作極・華

矢島 矢島組組長
水樹 政治家の愛人

同時収録作品極・華

龍ヶ崎義純 ヤクザ
真木洋平 龍ヶ崎の『嫁』

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

極道の人ってそんなに悪い人ばっかりじゃない。

ヤクザが家族を奪った。
そんな、水樹を拾い飼い馴らしたけど…
その男を救うつもりで、ヒットマンになるものの、
狙った相手、八島に夢中になる。

0

受けの水樹、萌えとは違う意味で好きだ

なかなか骨のある誘い受けで、非常に面白かったです。
頭がよく、適度にずるく、適度にプライドが高く、適度に一途で、適度にビッチ。
八年間も政治家の愛人をしたあと、その愛人を苦しませるヤクザを殺すために、みずから鉄砲玉としてそのヤクザのもとに出向く。
でも、殺すはずが、そのヤクザの命の恩人になってしまい、怪我を負ってしまう。
で、怪我が治るまでそのヤクザに面倒を見てもらうことになる。
ともに過ごすうち、どうしようもなくそのヤクザに惹かれていく受け。
ヤクザを油断させて殺すためにベッドに誘いながらも、「抱かれたい」という本心は、否定するそばから沸きあがってきて。

こういう受けは、BL小説では珍しいので、ゾクゾクしながら読みました。
こういう性格の受けで、遊郭モノとか読みたいな。
ほんと面白かったです。

難点は、文体というか、文章の構成が、私には合わないことかな。
会話のあいだにモノローグを挟むという文章構成を多用されるので、疲れてしまいました。

ちなみにこれは、『極・愛』『極・艶』『極・恋』と続いてきた、極シリーズの四冊目です。
毎回主役が変わるので、前作を読んでなくても内容は掴めます続きが、順番に読んだほうが面白いです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ