コイノイロ

koi no iro

コイノイロ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×26
  • 萌9
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
12
得点
80
評価数
24件
平均
3.5 / 5
神率
20.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
ミリオンコミックス HertZ Series(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784813050483

あらすじ

そばにいたい・・・ただそれだけ。高校生のナオは誰にも言えない秘密があった。それは親友の平に恋をしているということ・・・ある日、ナオは「カオ変わった?」と平に言われ動揺する。好きなことがばれた・・・!?思い悩むナオだったが・・・?キュート&ハートフル・ラブストーリー登場!

表題作コイノイロ

高校生 平
高校生 吉沢ナオ

同時収録作品理想の恋人

フリーターの居候 佐々木俊男
会社員 牧野楓

同時収録作品幸福論

大学生 松野和之
大学生 コータ

同時収録作品笑顔の行方

ホテルのベルボーイ 柏木洋介
フロントマン 佐古

同時収録作品MIX

大学生 山崎
大学生 吉野

同時収録作品友情方程式

その他の収録作品

  • 卒業旅行

評価・レビューする

レビュー投稿数12

ひとつひとつが完結した短編集

ドラマCD聴いて、読んでみました。
ドラマCDでは「コイノイロ」カプの話と「理想の恋人」のみですが、
コミックは数組のカプの短編集です。
各々のカプにつながりはありません。
短編集って、「えーここで終わり!?」って作品がままあるのですが、
この本はひとつひとつがまとまっていると思います。

「コイノイロ」のあらすじはちるちるさんにお任せして‥。

「理想の恋人」
「理想の恋人」を追い続ける受様と受様を一途に思い続ける年下ワンコの話。

「幸福論」
5年前に告白してフラれた親友に逆に告白されて逃げまくる受様の話。

「笑顔の行方」
カムアウトしてから冷たくなった憧れの先輩(受様)と、酔って一夜を共にしてしまい‥。ホテルのフロントマネージャーとベルボーイの話。

「MIX」
親友に告白され、断ったら2度と合わないと言われた受様。
親友を失いたくなくてOKするが、
大学進学を機に同居することになって‥。

「友情方程式」
好きだった女の子から親友にラブレターを渡してくれと頼まれて‥。
んー、これが唯一「これで、終わり!?」な作品かな。
この続きページ分、他の作品に回してほしかった。
「理想の恋人」か「笑顔の行方」の後日談とか。

「卒業旅行」
「コイノイロ」カプ 後日談。

長くなりました。すみません。
エロはあっても爽やか。絵もきれい。
トラウマもなく、悪人もなく、命をねらわれたりすることもありません。
ちるちるさんのトーンのとおり、
ちょっとせつなくて、あまあま、ほのぼのしたい方、おススメです。

2

いいですね~^^

上田さんの初コミックスです。
全部で6つの短編と表題作の描き下ろし作品が収録されています。
そのうちの「友情方程式」と「幸福論」は2003年と2004年に同人誌で発表されたものの再録だそうです。
作品が発表されたのが2003~2006年なんですが、絵柄の変化はほとんど感じませんでした。

どのお話も短編としてはうまく纏まっていて、キャラの心情も描かれているので、物語に入っていきやすかったです。
絵柄からも感じられるんですが、爽やか系と言いますか、主人公の年齢が若いというのもあるかもしれませんが、初心で純な雰囲気のお話がいいですね。可愛いです。^^
Hもしっかり描かれている作品もあるのですが、やっぱり爽やかさを感じました。

1

懐かしい感じがします

数年前に読んだ記憶があり
面白かった気がすると思ったため改めて購入しました

ショートストーリーがつまっています

どの物語も新しいジャンルではなく
よくある話なのですが
それなのに、暖かい気持ちになれる
ものばかりでした

新鮮さはないですが、昔を懐かしめるような
そんな感覚が蘇った作品でした

全面的にしっかりと明るいがあるからな気がします
しっかりとというのは、
主に攻めの方ですが
しっかりしているんです

中でも一番好きなのは
理想の恋人というタイトルの作品です

このみのタイプってどうしてもあると
思うのです
外見じゃなく内面に惚れ込んだとしても
やはり外見がこのみの人がいたら
目が向いてしまうのは仕方ない

それがたとえ、世間一般から普通以下の
外見でも。

キュートな話でした

2

可愛らしい恋の数々

こちらを購入当時は、ホテルマンの『笑顔の行方』がものすんごくツボって、
これしか印象に残らなかった(ひどい)のですが
改めて読んでみたら、これがなかなか良作の短編集。

どのカプも受けがツンデレ気味で
自分の気持ちに気が付かなかったり、気が付かないようにしていたり。
ちょっと素直になれなくて、でも攻めに離れてほしくない。
攻めが口数は少なくても優しくてというのが多いけど
『理想の恋人』は年下ワンコ攻め全開でした♪
受けの理想って…ぽっちゃりおっさん系!?意外な最後の一コマ☆

攻めの黒髪率が非常に高く、性格もみんな好ましくて萌えー。
涙をぽろっと落としてしまうのも
全然女々しくなかったし、受けを大好きで仕方ないというのが伝わります。

どのお話も続編があってもいいように思いました。読んでみたいです。
やっぱり“くっついちゃったら終わり”って物足りなく感じてしまう私。

単純に優しくて可愛らしいお話を読みたい時、
ほんわかしたい時におススメです♪

3

そうそう解る!な一冊

この作家さんの絵はあっさりなんだけど丁寧さが感じられて、
キャラによっては色気もあって、好きですね~(^-^)

表題作「コイノイロ」
当人同士じゃなくても
"この人恋しちゃってるな~"と
解るときあるよね!
当人同士ならなおさら?
"こいつ俺のこと本当に好きだよな"って…
きゃ~青春だわ~とEDはにまにまでした!(*^.^*)

「理想の恋人」
好みじゃないのに好き=すごい愛
そうなんだよねぇ…
好みのタイプを好きになるかって言うと、そうでもないんだよねぇ。
(もちろん=な人もいるだろうけど)
まぁ理想と現実は違うと言えばそれまでですが(笑)

「幸福論」
友人のままなら別れはなく、恋人にはいつか別れがくるから
と本当は好きな友人からの告白を断る主人公。
う~ん、これもわかりますわ(-.-;)
別れたら普通は一生それっきり、だものね。

他短編。
全体にほのぼのハピエンがこの作家さんの絵の
雰囲気に合っていてよかったです。
私が一番好きだったのは、ホテルマンのお話でした(レビューに書いてないけど)
きっと彼は意外にエロいはず!

エロスはあんまり描かない作家さんなのかな…
表情とかと続きてもいいので見てみたいな~。

1

大満足な短編集

7つの話が入った短編集で、6つのストーリー。

ここまで満足した短編集は初めて!

この作家さん、かわいいお話描かれるな~と
以前目にした「同級生」を読んで思っていたから
これを見つけて、つい読んでみた。

読んでよかった。ホント良かった。
短編なのに、全部キッチリストーリーがあって
切なくなる部分や幸せ部分や
そういう要素が全部ちゃんと盛り込まれていて読み応え満点。

*コイノイロ
高校同級生のお話。
親友を好きなんだけど、もうすぐ卒業だし
告げずにこのまま終わらせようとしていたところ・・
ちょっとしたスレ違いから切ない事に。。。
このお話とっても良かった。

*理想の恋人
既に社会人だけど・・・大学時代の先輩後輩のお話。
攻めの後輩君がキュートw

*幸福論
大学生のお話。
一度振られた相手に告られて、
嬉しいのに色々考えちゃってグルグルするとこは
微笑んでしまうw

*笑顔の行方
ホテルのフロントマン同士のお話。
このお話も切なくて良かった~~~。

*MIX
大学生のお話。
頑張る攻めと戸惑う受けの気持ちが続き
リアルっぽくって、きっとみんなこんななんだろーなーと
これもちょっぴり切なくなりながら楽しめる。

*友情方程式
高校生同士のお話。
これはこの本の中ではちょっぴり笑える方かな。

*卒業旅行
コイノイロの続編。
もぅホントこの2人かわいい!
この先のストーリーも読みたくなるくらい。

大満足の1冊。

1

ピュアでかわいい男の子達

「コイノイロ」
あぁ~もう、かわいすぎるよ、ピュアすぎるよ、この2人!!
上田規代さんの学生モノ大好きです!
何でそこで泣くかなぁ~?かわいすぎるじゃんww
自分のことを好きだと確信持ってる強気な攻なんだけど、
恥じらいながら確認するところがまたかわいい~www
どうでもいいけど、ユリちゃんの強気な泣き顔も好きです♪

「理想の恋人」
幼い顔のリーマン受にメガネは似合わないなぁ~
でも、攻が『牧ちゃん』って連発しながらベタボレなのがかわいい★
振り向いてもらえず健気にお世話焼いてる姿にキュ~ン!
ラストでやっと好きになってもらえて泣いてる姿にもキュ~ン!!
ホレっぽい牧ちゃんと付き合うとしんどそうだよ、佐々木...

「幸福論」
ツンデレ受君、5年越しの恋をやっと実らせました。
恋愛感情封印して友情を優先してきたけど、
押しに弱いから負けちゃったね~

「笑顔の行方」
佐古さん、自分から誘っといてそれはあんまりじゃないの!?
それに、いきなり攻のことをずっと好きだったって
告白にもビビっちゃいました。
ちょっと唐突過ぎたかな?

「M続きIX」
攻が受にベタボレの設定多いですよね~
そして、またもやメガネ...
流されまくりの受君ですが、メガネはずしてわざとボヤけた顔に
しないとエチできないって...ヒドイっ!
でも、ラストで想いを伝え合うとこはキュンキュンなんで大満足です★

「友情方程式」
3年前の同人誌作品だそうですが、絵が全然違いますね...
この3年で随分と上手になられてますよ~
ちょこっとギャグも混ざった、かわいらしいお話でした。

「卒業旅行」
「コイノイロ」のその後の初エチ編です。
『オマエとヤル気でいるよ?』って心の声がかわいい~ww
一大決心して裸で待ってるナオもかわいすぎる~www
まるで少女マンガの朝チュンなんですが、かわいいから許しちゃうぜ!

上田規代さんのイラストやっぱり好きです。
細かく描き込んでるわけじゃなくて、昔ながらの少女マンガタイプの
イラストなんですが、攻がなんか色気あるんですよね~
でも、エチシーン自体に色気感じないのは、受の表情が乏しいからかな?
しかし、メガネ率高いなぁ~
受のメガネはイマイチ萌えないんで、攻の方にして欲しいっす!

1

初々しくって、可愛いです~

一つ希望を言うなら1組のカップルで1冊ってのを読んでみたいですね~絶対面白いと思うんですが・・ちょっと物足りない気がして、かなり後を引く~・・って、それが、いいのかもしれない・・・
6組のカップルのお話ですね~どのカップルも好きですね~あえてって・・言えない位どれも可愛い~学生のが4組と社会人ものが、2組ですね。学生モノはどれも友達からって感じなんですが・・「MIX」は良かったですね~
後、表紙のカップルの「卒業旅行」あれは、ちょっと切な可愛かったですね~「時間がないよ~」って、泣く所はとっても可愛くて良かったです~

3

続きがあれば読みたい短編集

ストーリーはまさお三月さんと同じ系統です。
学生やサラリーマンが、勘違いや思惑の行き違いを経て、関係を進展させるほのぼの系統。
わりとBLの定番に沿った作品なので、あまり新鮮味は感じられませんでした。
短編なので仕方ないかもしれませんが、あっというまに読めてしまい、いまひとつ満たされません。各話のその後が見たかったです。

・コイノイロ 24ページ
・卒業旅行 巻末13ページ
高3。表向きは親友としてふるまうが、本当は恋心を抱いている。もし想いがバレて嫌われるくらいなら気持ちを隠したままそばにいたい、という定番。

・理想の恋人
40ページ。後輩→→先輩→同僚など。
ふられて傷ついた心を癒してくれるのは、一途に告白してくる後輩。絶対にタイプじゃないはずなのに次第に…

・幸福論
22ページ。高校以来の親友、大学生同士。
女が好きだけど、こいつだけは男でも特別。

・笑顔の行方
28ページ。ホテルマン同僚。
職場でカミングアウトしているベルボーイが、朝起きたら、同僚ノンケと裸で一緒に寝ていた。

・MIX
28ページ。大学生。
親友から告白さ続きれる。恋人か絶交か二択を迫られ、結局付き合うことにしたが、親友と H するなんて受けいれがたい。メガネをはずせば相手がぼやけるため、それでやり過ごしてきたのだが…

・友情方程式
19ページ。好きな子から、友達にラヴレターを渡してほしいと頼まれ、失恋確定。

1

甘酸っぱい青春ラブが詰まった作品集

初々しいラブがギュッと集約された短編集でございました^^


私は好きです、こうゆう青臭いお話。自分がもうそんな時代からかけ離れてしまったからかもしれませんが(笑


全編を通して受けがグルグル悩んで空回りしてる話が多かったように思います。私はそうゆうの大好物なんで「よっしゃあ!!」という感じだったのですが、もどかしいキャラやお話を苦手とする方にはちょっと物足りないかもしれないですね^^
ストーリー展開も割と先が読めちゃう感じで大きな盛り上がりというのには若干欠けます。でも絵がそれをカバーしてくれる位可愛いので私は全然気になりませんでした(^_^;)まぁでもこれは個人の好みで好き嫌いが分かれるかもしれないですが…。

こちらは同人誌発表を含んだ6作品が収録されてます。私的には表題作の「コイノイロ」と「MIX」がお勧めかな。特に「MIX」は親友に告白され戸惑う受けがHの時に眼鏡を外すことで自分の気持ちに折り合いをつけるというシチュエーションに激しく萌えさせて頂きました!!攻めの余裕がない感じも若者らしくて良かった^∀^

書き下ろしは表題作のカップルによるラブラブ卒業旅行続き編。後書きにもあるように読んでるこっちが恥ずかしくなるくらい甘々な2人でございましたっ(≧∇≦)

学生もの好きの私には今後ももっと頑張って貰いたい作家様の1人です^^

3

短編集です

同漫画家さんに『同級生』っていう短編集があるんですが、色がまったく同じです。読みはじめた直後にストーリーが見えますw
純愛系ですが、こっちのほうがややエロ度が高いかな。
学生同士の恋がいくつかと、リーマン同士の恋が入ってます。
読み終えて思ったのは、どの作品も主役二人の性格がほぼ同じっていうこと。
とくにリーマンものは、『同級生』に収録されてたものとシチュエーションまで酷似してて、ちょっと笑ってしまったw
ただ、感じたのは作風の狭さではなく、この作者さんは書きたいカタチのBLをまっすぐに描いてるんだなぁと、そこに好感を持ちました。

3

イロコイw

正直言いますと、内容はあってないようなものというか。ペライですwwなんというかね。うん。描きたい事を書きましたという感じですかね。妙に移入できないのは描き方かな~~~。
個人的に好みじゃないの一言かもしれんですがね(A;´・ω・)フキフキ

ただ、好きで好きで好きだけど、相手が自分に興味があるなんて微塵も思っていないナオの無意識の行動が本当はナオに気がある平の神経を触りまくり、妙にそっけなくなってしまった平に動揺し~~な流れは意外と嫌いじゃないですww
鬱憤を晴らすように素振りをする平は男前!!!

「泣いてるのは俺のせいか?・・・おれのせいだっ言えよ」

すみません・・・あの・・・この視線のもって行き方は私にはNGです。なんかね~~あのね~~なんだ・・・・えっと・・・・。
ホラ!恥ずかしげもなくくさいセリフを言って、自分はカッコイイこと言ってますよホラ☆。ときめきなさいよ。みたいな・・・・・
感じがして好きになれません。
純粋に読めば全然イイシーンなんですけどね。
はっきり言って見せ場だろこれは(笑

暴走気味のナオと、不器用な平。
ナカナカ可愛いかな続き~とは思うんですけどねwww

□□ 友情方程式 □□

なんだカンダで、コレが一番好きです。
可愛くてwwww
コレが最初に書いたBLとかあとがきにあったような・・・・無かったような・・・でも、そうするとすばらしいな!と思うのです。
素敵でござる。こういうホノボノ系は癒されますしね。
ちょっとアホな子も好きですしね。うん。

ほら、主人公の子がね告白した相手はね、親友のことが好きで・・・その親友はね、主人公が好きでと言う。

俺⇒好き⇒女⇒好き⇒アイツ⇒俺。
「え!?俺が一番!?キラーーーン☆」なにかが間違っている。
というか、全てが間違っている(爆


他、短編多数。
雰囲気は好きな作品なんですよねw

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ