また あした

mata ashita

また あした
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神16
  • 萌×212
  • 萌11
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
21
得点
162
評価数
43件
平均
3.9 / 5
神率
37.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784862630575

あらすじ

――家に荷物を届けにきた年下の逞しい働く「男」――。
自分をかばったせいでケガをしてしまった間中に、謝罪をしたいと家を訪ねる木下に思わぬ展開!? 
一度きりのはずだったのに、交わす小さな約束「また明日」…。
いつしか、泣きたいくらい、体が欲情に熱くなる。
肌で愛を感じ合う――不器用な大人の恋情・リーマン大全集!!

表題作また あした

間中 ガテン系おっとりワンコ
木下 乙女系リーマン

同時収録作品ア・ロット・オブ / 愛は降り積もる

仁村大 リーマン
堀内 リーマン

同時収録作品やっかいな恋と君 / やっかいな境界線

榎木田聡 優秀な若手社員
藤井 リーマン

その他の収録作品

  • あしたのつづき
  • 引っ越し

評価・レビューする

レビュー投稿数21

絵のギャップが凄すぎです!!

この優しいタッチからは考えられないくらいリアルな性描写…本当エロエロです。この優しいタッチから…ギャップにノックアウトです!!

ゲイだから、人と親しくなるのが怖いとバリアをはって、会社の女の子達から怖がられている木下さんが、運送やさんの間中くんと知り合い 物凄い可愛くなっちゃう話でしょうか。
一話ですんなりくっついて、すんごいエロしてます。
二話で仕事と恋人と、時間の問題で揺れる二人。
会いたい、尽くしたい。けれど時間は決まっていて、どちらを優先するかしないか。
気持ちは嬉しいけどそれで恋人が疲れている姿は見たくない。
そんな二人かだした答えは…。
台詞のない、絵だけで進む二人の描写がもうたまらなく愛おしかった!!

そのあとに2カプ。
主人公全員がみんな優しくて絵そのもの。
優しすぎて若干女々しいと感じるかも。
でもやっぱりエロがリアルでエロい!!
受けはみんなちょっとツンのかなりデレ。
優しいお話が好きでリアル描写がお好きな方におすすめかな。

0

働く男達の可愛い恋

互いに関連のない、社会人3カップルの短編集7作品が収録されています。雑誌掲載4作品と描き下ろし4作品。

間中×木下「またあした」「あしたのつづき」「引越し」
一目惚れの自覚無しに、落ちてきた荷物からかばって負傷した運送業者(攻め)に礼を言いたい、明日は食事を作らせてくれと押していく木下(受け)が可愛らしかったです。そのくせ、迫られると逃げてしまうというピュアさも。私は、セリフがない描写のみの「引越し」が一番のお気に入りでした。ラブラブな新生活初日に笑んでしまいました。

仁村×堀内「ア・ロット・オブ」「愛は降り積もる」
リーマン後輩×先輩。「人が一つの恋愛で使えるエネルギー量は決まっている」という堀内の説に、花粉症に対する花粉量の説明みたいな話だなぁと考えながら読みました(笑)

榎木田×藤井「やっかいな恋と君」「やっかいな境界線」
キスを失敗してアゴにしてしまう、フェラが疲れてすがってしまう、仕事でぶつかった日は嫌われるんじゃないかと不安になる、そんな藤井がとても可愛らしく、年下の榎木田が甘やかしてしまう気持ちが分かります。

ふんわりと優しい話が詰まっていま続きす。コミカルテイストで明るい気持ちになります。恋のみならずちゃんと働いているのにも好感が持てました。甘いエロも充実しています。この頃はまだそんなに修正がキツくなかったんだなぁと思ったりしました。
仕事もの、可愛らしい年上受け、頼りがいのある優しい年上攻めがお好きな方にお勧めです。

2

初コミックス

待ち望んでいた作品ではなく一瞬だけブーイングしそうになりましたが( 笑 )、やはりファーストインプレッションは間違いなかったと実感しました。

配送業者という職種に質の違うエロさが漂ってしまうのですが、木下の朴訥な性格と間中のちょっと出来過ぎなほどの優しさによって健全な友情が芽生えていく過程を愛おしく感じられます。
あどけない木下を包み込む間中の包容力。
穏やかに「またあした」と約束を繰り返す日々。
そして近寄り過ぎて気を許し過ぎた分、心の弱さを吐露したくなる甘え。
木下の間中にだけは偽り無い自分でありたいと、思う心の純粋さが招く思わぬ展開にそれぞれのセクシャリティが都合良くも見えますが、その分木下の混乱に微笑ましく寄り添う事も出来ました。
その後の2人の愛あふれる穏やかな日常と多少の波乱。
ゆっくりと成長し育んでいく2人に心暖かくなります。

他同時収録2作品あり。
どちらも恋に不器用で、相手が男なことを理由に後一歩を踏み出そうとしない臆病な心を宥めすかして懐柔されていく。
思わず身を委ねてしまった心地よさに気恥かしさを感じる姿を見てつい頬が緩んでしまいます。続き

どの作品もその後の日々を思い描くだけで愛おしさを感じる作品ばかりです。

1

こういう雰囲気好きだわ

運送業者間中とリーマン木下の真面目な恋・・
自分のせいで怪我をさせてしまった間中の見舞いに行って
どんどん仲良くなっていく二人。
一緒に食事を作り、話をしそして・・・

この2人、すごく真面目で純情です。
いい大人なのに、心は中学生なみ。
好きで好きでしょうがない、どうしていいかわからないほどの気持ち。
社会人としてやるべきこと、仕事や付き合いや恋人以外のいろいろなこと。
わかっていても心はいつも恋人を求めてしまう。
特に受けの木の下が、中学生の恋愛のように恋する気持ちに振り回され
心も体も右往左往して、泣いたり笑ったり怒ったり忙しく
だけどやっぱり心から間中のことを愛していてるのが伝わってくる。
メールや電話を待つ木下は、ホントに女子高生のように可愛く
木下の気持ちに感情移入して、きゅんとなってしまいました。
なかなか会う時間がなくて、とうとうアパートの前まで来た木下が
「すぐ帰るから、その前にぎゅっとしてほしい」なんて言っちゃうなんて
女子かっ!?てツッこみたくなるようなシーンですが可愛いんです。
久しぶりに会って1か月以上もしてなかった二人が、続きもう貪り合っちゃうところなんか
リアルですごかった。
やってもやってもやり足らなくて何度も何度も、求め合う二人。
一度達した後にもう本能のように自分のものを間中のものにこすり付ける木下。
もう、体がもっともっとって、欲しているんだと生々しく見えました。
でも、それが嫌じゃないんです。
それがホントの気持ちなんだと妙に納得してました。

いつも「またあした」と言って別れる二人が同棲することを決める
最後の「引っ越し」が一番好きです。
セリフは一切なしで、引っ越しの様子と二人の表情で感じるストーリーです。
二人で掃除をし、荷物を運び・・(間中はプロだから運ぶのうまいです。)
新居の寝室に運び込まれたダブルベッドを見た時の木下の嬉しそうな顔。
お風呂に入るように勧める間中に、一緒に入りたいと恥ずかしそうに訴える木下。
お風呂から出れば・・やることは決まってる♪
あのダブルベッドへgo!
セリフがない分、自分なりに解釈し二人の気持ちがひしひしと伝わり
幸せそうな二人の寝顔にほろりとなってしまいました。
いつでもお互いのことを想い愛し合い、大きな障害もなく同棲にまでいくお話は
ちょっとストーリーとしては起伏にかけるのかもしれませんが
私は、このほのぼの感がなんともいえなく好きだなぁ・・・と思いました。

1

かわいい おとな

榎田先生とのコラボ作品恋愛シリーズで、初めて読んだ町屋さん。
優しい雰囲気で悪くないけれど、と思いながら他の作品に手を出す程でもなく
そのまま日が過ぎていたのですが、偶然このデビュー作と出会ったので
読んでみました。

感動もしないしツボりはしないけれど、好感が持てる。
印象を一言で言うとそんな感じ。
心優しくピュアな大人の王道恋物語。
だけれど、Hは露骨で結構ボリュームがあります(笑)

全て天然誘い受けの3カップルの短編集。

宅配業者の間中と、彼に誤って怪我をさせてしまったサラリーマン木下。
押せ押せのゲイのリーマン仁村と、会社の先輩堀内。
部長(♂)に淡い片思いをしている藤井と、藤井を好きな部下の榎木田。

表題作の書き下ろし、台詞のない「引っ越し」が可愛くて好き…でした。

2

レビューが良いからって自分に合うとは限らない

なんというか、かなりトントン拍子に話が進みます。
配送業者の方に怪我させてしまい、恋してしまい、

なんだけど…最初の20ページ以内に
おさんどんしてあげる仲にまでなってしまうのは
BLならではなのか、凄いと思う。
男女間でもなかなか見ないというかね。

そして近付いたと思ったら
『こんなの違う!』とか…。
それでまた積極的に告るとか…。

私にはここの部分のイヤでも系の心理が
さっぱりわからないというか、なんというか。
若干イライラしつつも、終始甘いんだと
このテンションに慣れればソコソコ楽しめました。

大人っぽい恋愛だと思ったのに。
あれれ?

3

町屋先生のデビュー作。天然&誘い受オンパレード! 萌えます‼

町屋先生の初コミックスです。デビュー作なので、若干絵に荒さがありますが気になりませんでした。やはり雰囲気を出すのが上手な作家さんなので、町屋ワールドの原点ここにあり…という感じで読ませてくれます。お話も絵柄とあっていて、懐かしいというのか、ほのぼのしていていい味が出ていました。

町屋先生のもう一つの魅力は、エロ描写が濃厚な所(笑)
裸体が綺麗に描かれていて、エロがっつりな割にエグさはありません。ギャップを感じてしまうと、好き嫌いが別れそうな方かもしれませんが…私は結構好きなんです。
2人の甘々雰囲気もいいんですよね。初期の作品でも、丁寧に描かれているので萌大でした。やっぱり町屋先生の作品いいなあと思いました。

お話は、全編オール誘い受&天然‼しかもリーマン&スーツという、私のツボを抑えまくった設定だったのもお気に入り作品の理由です。なかでも、「また あした」というお話が一番好きです。可愛い誘い受けなかなか美味しかったですよ。

日常の何気ないやり取りも、読んでいてとても優しい気持ちになれます。いい本に出会えたな〜と思える一冊でした。

2

こういう男性にお目にかかったことは少ないです

 町屋はとこ先生の描く男の人って、なんて頼りがいがあって、渋いだろうなーっていつも思います(笑)間中さんのような男性にお目にかかるのは、なかなかないことだし。

 肉食系とも草食系とも形容しがたい間中君は、強いていうならば、本当に古き良き時代の「男児」といった具合です。そうその設定だけで十分で萌えますが、どのカップリングでもHシーンがありますから、本当におなかいっぱいになれます。
 読後は、読んでいるこちらが、「ごちそうさま」と言ってしまいたくなるような余韻です。

4

初恋にも似た・・・

大好きで何度も読み返しているので、てっきりレビューは書いたものだと思っていたのにまだでした^^;
町屋はとこさんのデビューコミックで、初めてこの作家さんに出会ったのもこの本でした。
絵柄はシンプルで素朴な感じ。
それがこの本全体に流れる、派手さはないんですが素朴さとか朴訥さとか、まるで思春期のように手探りで不器用な、ドキドキする感覚にとてもあっていると思いました。

どのカップルのお話も好きなんですが、皆さんも書かれているように、やはり受けの無自覚に誘っているのにドキュン!としました。
恋愛初心者のような感じなのに、なんなんだ、その大胆な誘いは!(笑)
いや~攻めがブッ千切れてしまうのも頷けます(笑)。
どのお話もほのぼの、幸せ溢れる作品です。

2

誘いうけ3連発!!(天然入り)

1冊に3つのストーリーが数作ずつ入ってたのですが、
どの作品も誘い受が満載で萌過ぎる~!! 
それでもって天然入ってるし、
私にとってはド・ツボでしたーっ!! 
絵柄がおとなしめでストーリーも甘甘なのに描写は凄い!!
でも不思議なことにエロく感じないんだよね~(笑)


表題作「またあした」[「あしたのつづき」「引っ越し」
怪我をさせたお詫びから、気がつけばつき合うようになり
同棲までに至るお話。
会ったときのドキドキや会えない時の寂しさ、
本当に日常誰もが恋で感じる普通のストーリーなんですが
受けの誘い方が本当に可愛いvv
「引っ越し」は一切台詞無しの作品なんですが幸せ感じる~vv


「ア・ロット・オブ」「愛は降り積もる」
リーマンのお話。
恋愛に不安ばかりの受キャラは
攻キャラの告白を毎回スルーしてしまうんだけど
いつしか恋に堕ちていたお話。
これまた天然誘いうけで萌てしまう!!


「やっかいな恋と君」「やっかいな境界線」
これまたリーマンものです。
部長の事が好きでいつも(受は)目で追っていたのですが
それに気づく人物(続き攻)がいて…
受の気持ちを知った上で、優しくしたり、甘やかしりで
いつしか攻めの事が好きになってるお話。
仕事で口論になった日は攻に嫌われたくなくて
不器用なくらいの誘い受けでこれまた萌!!

とにかく読んだ後に和む1冊でした。

3

うおお…萌えたっ

私の苦手な乙女系の性格した受けばかりだったのに、萌えた萌えた!
この、「苦手なはずなのに萌えさせられてしまう」っていうパターン、ものすごく好きです。
これがあるから、苦手系のものにも手を出してしまうんですよね~。
大抵は撃沈するんですが、これはツボでした。
あとエッチ描写がすごく丁寧で、身体の線が綺麗で、体勢が自然で、そこもかなりポイント高かったです。
あとあと、仲良くなったあとも「さん」づけしてるところや敬語で話してるところも好き。
すぐに呼び方を変えるよりも、このくそ丁寧さに萌えます!

『また あした』シリーズ
受けが健気すぎ。
この尽くしっぷりは、女として見習わねばならぬ!と思いました。(無理ですがw)
無自覚の誘い受けっぷりにギャップ萌えしては野獣になってしまう攻めの気持ちがよーく分かりました。

『ア・ロット・オブ』シリーズ
このシリーズはもうちょいヒネリが欲しかったな。
はじめての夜の翌朝の「男はたいてい「一度だけ」とか「何もしない」とか言って相手を手ごめにするもんでしょう!?」っていう攻めのセリフは大好きです。

『やっかいな恋と君』シリーズ
メガネの受けがかーわーいー続きいー!!!
三シリーズとも可愛いんですが、飛び抜けて可愛かったです。
酔っ払ってるとことか。
頑張ってフェラしてるとことか。
攻めが羨ましいッス。
攻めはこの受けのことが付き合う前から好きだったわけだけど、付き合ってからさらにメロメロにされたことでしょう。
くそー、いい年上嫁を捕まえやがって!大事にしろよ~!

2

モフモフ

町屋さん作品って読んでてほんわかしてくる温かい魅力がありますね。
登場人物は基本的に実直、そしてコマに書かれた小さい手書き文字がいちいち可愛さを盛り上げてくれます。

表題作の「また あした」はタイトル通りその言葉の持つ意味が作品中でその存在感を増して来る、その持って行き方が上手い。
丁寧な感情描写と世界観、温かいのにエロはしっかりエロい!
しかしアンダーヘアーが濃いんだけどなんかモフモフしてて可愛く見えるから不思議ー!

「 やっかいな恋と君 / やっかいな境界線」はメガネリーマンがもうどうしようって位に可愛い。
最初クールビューティかと思わせて、実はちょっと天然だったり生真面目過ぎたりと実にかわうい。

収録作全部おもしろ&可愛くて萌え萌えしました。

2

また、あした

あっれ~・・この作品、読んだはずなのにな~
なままの未レビューだったので読み返してみました。
こないだ読んだ榎田さんとのコラボ漫画に感動したのだよ(*゚▽゚*)ノ
ん、まずまずという感想かな~。
■また あした
きっかけは小さな事故。
気になり始めてから徐々に距離は近くなり~なお話。
そわそわ、ドキドキ、もじもじ。
受の小さな行動が、ちくいち可愛かったw
なんていうか、こぉ、イメージ的にはもっとしっかりしてそうなのに、ダメポイところがいいんでしょうかねぇ。
おちんぽ舐めたいとかwwwちょww
引越し~は、台詞無しの1作でした。
これ、台詞なくても雰囲気がよく出てて感動した。
こういうの好きです。

他2作。
なんていうのかな~。この素朴な感じが皆さんにウケてるのかな
と、思いました。
ほよっとした感じがなんかいい。
たとえそれがナニを咥えているシーンだとしても(爆

1

やっかいな受がかわいすぎる件。

「またあした」「あしたのつづき」「引っ越し」
出入りの運送業者の作業員×会社員
アクシデントをきっかけに何故だか作業員が気になって仕方ない会社員。
お見舞いを理由に会うようになって。
どんどん2人の距離は縮まって。
やがて、恋人になって。
けれど、恋人のなったからと言って幸せな日々が続くわけではなくて…。

「ア・ロット・オブ」「愛は降り積もる」
同僚同士
アタックする攻とそんな趣味はないとかわそうとする受。
そうはいいつつも、そういうふうに言われていれば意識しないわけもなく。
そして、切り札のように攻が言った言葉に受は自分の想いをはっきりと自覚して傷ついて。

「やっかいな恋と君」「やっかいな境界線」
若手社員×部長が好きな社員
受が好きだという攻。
けれど、受は部長が好きで。
そんな受を見てますよーな攻。
そのせいで、意識しすぎて部長のことさえまともに見れなくなってしまう受。
けれど、本当に意識しているのは部長というよりも攻のことで。
とりあえず、酔っ払った受が攻を誘うキスシーンのとこのボケ具合?がかわいすぎた。
「ずれた…」「むずかしい続き…」って何!?
「~境界線」の方は更にがっつり受の方から誘ってるし。
その辺のギャップも面白かったです。

1

やっぱり、好き。

この作家さんの描くカラダ好きなんです。
脱いだらもっと好きです。
どこをどーしてるのか(されてるのか)リアルでいーんだもん。
絡み合ってるのとかとってもキレイ。

攻めの間中くん配送業者だからたくましい体で、Tシャツでフライパン振ってるのとかホレボレー。
新居へのお引越しの話は、セリフ一切なし。
でもそれが逆にすごくいい。
2人の関係がほんわかーって伝わってきて、表情だけで演技できるいい役者さんみたい。

《ア・ロット・オブ》
恋愛に臆病なノンケくんをゲイが口説き落とす。
《愛は降り積もる》
ア・ロット・オブで恋人になった2人のある日の会社帰りの風景。
静かなのに強く求め合ってる感がステキ。

《やっかいな恋と君》
ぴっちり横分けメガネくん、かわいい顔してんだからその髪型似合わんよ。
でもそれは回りへの虚勢?だからそれでいいいのか、うん。
キスがずれた時の上目遣いがかわいい。
《やっかいな境界線》
その後の2人。
メガネくんの誘い受けはとってもかわいい。
「いやだ、中に・・入れてくれ」って。オイ!
我慢してんのにそんなこと言われたら入れち続きゃいますとも。
結合部分がキレイなんだなー、これが。

1

引越し屋にやられた!!

引越し屋にやられてしまった!! かっこいいvvv
普段の仕事がら体力ありvvをしっかりみせて かるく男性を抱く姿がイイvvv
でも決して乱暴ではなく愛情もって 時に激しい!! う~~~たまらんvv  
町田はとこさんの独特のトーン(影)エロが艶かしい描写になり 心をワシ掴みしてくれます!!  

1

町屋さんのデビュー作☆えっちの描写のなまめかしさはデビューから健在だったのかー!

突然ですが、モノクロのコマの世界観で
ち●こにトーンを貼って立体感や色味を出すのって
すごく好きです(〃▽〃)ポッ

町屋さんの作品は2作目コミックス「ねかせないで」から入り
このデビュー作を手に入れようと思ったんですよ。
絵、ずいぶん巧くなられたんだなぁと読みながらしみじみ思いましたw
えっちのシーンは、デビュー作から濃厚だったんですね。
なんかこの一見淡白そうに見えてえっちの描写には
力入れてます!ってところ好きです。
大事な部分ですから☆
なんかそこをお綺麗にフェードアウトなのは
最近あんまり好きじゃないんで、町屋さんの描写は
すごく私好みv

ちゃんと描きたい体位を描いてるようなところが好きだ。

1

つい、やっちゃうの

時々やらかすんだけど、前に買って読んだことのある本を、すっかり忘れてもう一度買ってしまうことってないですか?

この本、2回買いました

この「またあした」 みたいな、
表紙の絵が好み(つい手にとりたくなる)で、
タイトルにインパクトがなく(記憶に残らない)て、
他にあんまりコミックスの出ていない作者さんの本にありがち。

後は、逆に作品数が多くて、読んだことがあるのにまた買ってしまったり、読んだと思いこんで、実はずっと見逃していたりってこともある。(こっちの代表は、愁堂れなと崎谷はるひ)

で、この本、

表紙のほのぼの上品な絵とタイトルにだまされて、うっかり開くと、そこにはカラーで全裸の二人
気を取り直して読み始めると、繊細で、淡泊な絵柄の、リーマンさんと逞しい運送屋のお兄ちゃんの、じれったいような、いつの時代の少女マンガですか!ってな、仄かなラブ、
と思いきや、このリーマンさんが、なかなか大胆な天然誘い受けさんで(なんせ、自分のアパートのドアの前の廊下でいきなり「俺の後ろの孔に…」とか伏し目で顔を赤らめながら言い出すんだぜ)、運送屋のお兄ちゃ続きんも、その気になるや、年下のくせに、ガッツリ野獣攻め
ひょえぇーー
って、思わずドン引きするくらいな、筋肉やら、アレや、コレやの実にリアルで細密な
「ガチムチ年下男に攻められる色白リーマン 」
的な惹句のゲイポルノかいなって描写が延々と、、、、

なんか、この落差がメチャメチャエロかった。

2

天然系誘い受の魅力に開眼しました

「またあした」「あしたのつづき」「引っ越し」⇒配送業者(ガテン)×会社員(超天然・乙女)
「ア・ロット・オブ」「愛は降り積もる」⇒会社員(ゲイ)×会社員(天然・乙女)
「やっかいな恋と君」「やっかいな境界線」⇒部下(ワンコ)×上司(超天然・乙女)

派手なシチュエーションや出来事がない、日常系BLです。(…といっても受けキャラの性格設定は『可愛い過ぎるやろ~!』と思わず突っ込みたくなるような、ちょっとあり得ない程の天然乙女ちゃんなのですが)

どのシリーズもお気に入りなのですが、私は表題作の「またあした」のシリーズが特に好きです。可愛いらしいのにエロはしっかり!なところが大変良いです。かなり萌えツボにはまりました。

天然系(自覚なしの)誘い受や乙女ちゃん受が好きな方は、とても楽しめる作品なのでは!?ちなみに私はこの作品を読んで天然系の魅力に開眼いたしました。

何度も読み返しているお気に入り作品の1つです。

3

また あした

やばいよ~久々に悶えた!!!!
ファンレター書こうかなって思うくらいにきた!!!!(うわあ)
登場人物がみんな魅力的だし、話もすっごいうまいし、すごいよ町屋はとこさん~
そしてみんな誘い受け!
だから余計好みなんだよねきっと!
とにかくオススメです。
あー萌えた。
お腹いっぱいでございます(*´Д`*)

1

お花ちゃんだらけ

引越屋×リーマン。
町屋さんのデビューコミックスになる。
初めて掲載誌で読んだ時から好みだった。
たぶん受けリーマン・木下の乙女っぷりがツボったんだと思う。
引越業者にケガをさせたからと言って、普通家まで押しかけるか?など、多少唐突な展開はあるものの、その辺りはBLァンタジーなので無問題。
そしてこの人の武器は、ほんわか画風の裏に隠れた意外とリアルな絡み描写。
筋肉の流れとかきれいで、なかなかチカラ入ってるなあといった印象。

ちなみに最近の町屋さんだが、登場キャラの馬面化が激しいので、個人的にはそろそろストップしてほしいところ。
裸なシーンは相変わらずお上手。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ