恋は、突然嵐のように

恋は、突然嵐のように
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
5
評価数
3件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
プリズム文庫(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784775508619

あらすじ

木枯らしの吹く街で、突然、目に激痛が走った長瀬は、往来で身動きがとれなくなってしまう。
立ち止まる長瀬に救いの手を差し伸べてくれたのは、眼科医の深見だ。
勤務する病院まで長瀬を誘導し、てきぱき治療してくれた深見。
この出会いが、のちに長瀬を天国と地獄の両方へ突き落とすことになろうとは、この時の彼は思いもしなかった。
そして、運命は二人を再会させ…。

表題作恋は、突然嵐のように

長瀬峻也,老舗眼鏡店の眼鏡士,27歳
深見順穂,眼科医,29歳

その他の収録作品

  • 永遠の片思い(受け攻め同じです)

評価・レビューする

レビュー投稿数3

ベタで読みやすい話。

 木枯らしの吹くある日、長瀬は突然、目に激痛が走った。
 交差点の真ん中だというのに動くこともできず、痛みに耐えることしかできない長瀬。
 そんな長瀬に救いの手を差し伸べてくれた人がいた。
 突然、有無を言わせず連れ込まれた先は病院の診察室。彼・深見は、眼科医だったのだ。
 けれど長瀬は、治療を終えてからその病院の名前を聞くと真っ青になって飛び出して行った。

 実は長瀬は眼鏡士という資格を持ち、眼鏡店に勤めているのだが、長瀬の職場には破ってはいけない絶対の掟があり、「プライベートでも眼鏡着用必須」というものであった。
 それを破ってしまうと、最悪クビになることもあるその掟を破り、コンタクトレンズで街を歩いていたことがばれてしまうと一大事。
 いくら専門資格とはいえ、国家資格でもなく、また必須でもない資格であるため、眼鏡士の就職口は少ない。
 おまけに間の悪いことに、深見につれてこられた病院は長瀬の勤める眼鏡店の取引先であった。

 自分の身元がばれて、眼鏡をかけずにいたことが職場に知られてしまってはまずいと思った長瀬は早々に病院を後にする。
 ところが運の悪い続きことは重なるもので、長瀬の職場の上司が急遽入院することになり、長瀬が深見の病院を担当することになった。
 長瀬が職を失う覚悟で病院を訪ねると、そこにはやはり深見の姿はあったものの、深見は長瀬のことなど覚えていないようであった。
 それはそれで、容姿に絶対の自信を持っていた長瀬はひどく落ち込むのだが、自分の容姿に気を留めなかったものはいなかったため、そんな深見に長瀬は興味を覚える。

 実は深見には、幼少期の出来事から「人の顔が覚えられない」という欠点があって――

 という感じの話でした。

 実はこれ話が二つあって。
 雑誌に掲載した表題作と、そうではないその後の話「永遠の片思い」が入っています。
 個人的には、一つ目の話よりも、二つ目の話の方が好きで。
 それは、魅力的なライバルが現れて二人の仲を引っ掻き回すから――という要素がとても大きいです。

 本当だったら、一つ目の話のくっつく前に彼に出てきていただいて、思う存分引っ掻き回してくれた方がより私好みの話になるような気がしましたが、多分、雑誌に載せた分なので、ページ数の都合とかいろいろあったんじゃないかなー……という大人の勘繰りをしながら。

 割とベタで読みやすい話なので、すっきりベタがお好きな方にはオススメします。

0

美人受けさん、好きですが・・・


イケメン眼鏡士と超美人の眼科医のお話です。

眼鏡士、長瀬は自分を助けてくれた中性的でおっとりとした口調で話す
優しい深見と恋人になりますが柾木という脳外科医が現われ
自分の顔を認識できない深見が柾木の顔を覚えていることにショックを受けます。


物語の構成やキャラの性格、眼科と眼鏡屋の関係など詳しく
書かれていますし、萌えどころもたくさんあります。
ですが私はいまひとつ、萌えませんでした。
それは深見に感情移入出来なかったからです。
萌え要素は深見にもあるのですがどうも彼の話言葉に萌え度が
低下していくのです。おっとり、優しい彼ですが言葉はもう少し
男子らしく、と思ってしまいます。

長瀬、深見よりも柾木に興味を持ちました。
深見に振られ、病院も退職し去っていく彼が赴任先で新しい出会い
があればと思わずにはいられません。

1

アルマシー

乱暴すぎる言葉遣いよりも、優しくて丁寧な方が良いですが、攻めキャラがそうだと物足りなさを感じますね。恋人に対してだけでも多少は男らしい言葉遣いになってくれたら……萌えるなぁ(笑)。

メガネ好きさんは是非!

眼鏡士×眼科医!イイッ!眼鏡も白衣も無理なく出せる!
と思った私みたいな方におすすめです。

出会いはあらすじにある通りです。
その後、外回りで再会することになるのですが、深見は長瀬のことを覚えていないようで……?
長瀬の職場に職員一同勤務時プライベート問わず眼鏡装着という鉄の掟があって、深見に助けられたときはたまたま眼鏡をしていなかったので、職場にバラされては困ると長瀬は恐る恐るビジネスをするのですが……。

構成がしっかり計算されているし、キャラクターの設定が(主にエロシーンに)活かされています。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ