ピジョン・ブラッド

pigeon blood

ピジョン・ブラッド
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×24
  • 萌9
  • 中立9
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
17
得点
92
評価数
35件
平均
3 / 5
神率
22.9%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784576061979

あらすじ

高校生の緋織は両性具有で、父と兄の異常な執着を受けて暮らしている。しかし、身体検査と称し緋織の性を貪る父も、父の目を盗むように緋織に触れてくる兄も、最後の一線だけは越えようとしない。欲情に火がついた躯を持て余し苦しむ緋織の前に現れたのは、仲間だと名乗る美青年・サフィール。導かれるまま初めて男を迎え入れた緋織は快楽の極み知り、耽溺する。男を惹き寄せる天授の魔性を開花させた緋織は父のもとを逃れ、サフィールとともに仲間たちが暮らすという宮殿へ赴くが......。享楽の陰に秘められた愛と憎しみの真実とは?

表題作ピジョン・ブラッド

サフィール・父・兄
両性具有の少年・緋織

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数17

要素詐欺のエロ本

一言で言えば頭ゆるゆるの中身のないエロ本です。初めて見たときは変な笑いがこみ上げてきました。
真面目に読むような小説じゃないので、そういう見方の評価をしますね。
まず長い。インパクトはすごいんですけど、いちから十までやってるだけなので途中で飽きてきます。しかも内容自体はありきたりなんですよ。BLの商業誌で見たことはなかったってだけです。ふたなり、近親、複数、淫乱受けという要素だけを抜き出すと色々すごそうですが、設定が多い分一つ一つはあっさり流されるので特に印象に残りません。それぞれの萌えも薄いです。
最終的に父と兄の元に落ち着くんですが、モブのような存在感の無い相手と、とってつけたかのようなEDを迎えるので、これならもうちょっと本人やその心情に重きを置くか、もしくは体裁のように被さってるだけの恋愛要素完全に放り投げたほうがよかったんじゃないでしょうか。

0

エロエロだけど

エロエロ小説なんだけどBL要素が少ないのであまり萌えなかった。これは別にBLじゃなくてもよかったんじゃないかな。
両性具有って時点で、私的にはBL感が半分に減っちゃうんだけど、これはほとんどエッチしちゃってるだけ。そこには恋愛感情は全然なくてモブとただただエッチしてるだけ。
本当、男性向けエロ小説の主人公に男性器が、おまけについてるだけな感じがして、読みたくなくなってきました。
もう腐女子はこんな話を望んでない。こんなただ犯ってるだけの小説なんか望んでないって思っちゃいました。
まだこれが両性具有じゃなかったらエロ小説って考えて読めるんだけど、度々、女性器を意味する言葉がでてくるから、その都度にBL感が薄れてきて読むの嫌になってしまいました。
両性具有がすきでエロだけを重視したいって思う人はいいかもしれません。

3

イロイロと凄い

この本は凄いということで、あらすじも読まずに手に取ってしまった。

主人公の緋織は両性具有者で、毎日帰宅すると父に身体検査をされる。
それが耐えられないので、毎日家に帰るのが辛い…と。
確かに、血の繋がった父にそんな事をされて辛いのは当たり前だ。
虐待じゃないか!と思ったら、最後までしてくれないのが辛いと?!
緋織は淫乱ビッチ君だった…
まずはその設定に驚いてしまった。

エロエロ描写が続いて途中飽きてしまうところがあったが、
読み終わってみると清々しいエロエロストーリーだったなと。
それは多分、主人公がやりたいようにやっているからでしょう。

挿絵の方も凄かった。
門地さんの可愛いのにエロエロな挿絵。
今だったら完全に白抜きだろうな。
本当にいろいろ凄い本だった。


1

萌えどころがよくわからない…

淫乱・官能小説みたいなエロ重視…っていう作品は割と好きですが、これは全く萌えられなかったです。
一番の理由としては「恋愛対象」がいない事でしょうか。

主人公が誰を欲しがっても恋人にしたいってわけでなく…。近親相姦ものでも面白いと思う作品はあるのですが、これは普段そういうものに手を出しても滅多に感じることのない「背徳感」とか「薄気味悪さ」といったもやもやしたものを感じてしまいました。
単に相性かなぁと思いますが。

どこをどう楽しんでいいのか、誰をどう楽しませたくて書かれたのか、全く見出せませんでした。私には合わなかったです(^_^;)

でも両性具有×両性具有というのは初めて見ました。
あり得ない身体の使い方をしていてちょっと面白かったです。

0

突き抜けた淫乱受けに拍手

「鬼畜」を読んで、ずいぶん突き抜けたお話書く人だなーと思って、あとがきに名前の挙がっていたこれも読んでみました。

こっちも突き抜けてました(笑)

なんつか。もうBLである必要あるのかな?と思うくらい、中身はほぼ官能小説。でも後味が意外と悪くないのは、主人公の緋織がいろいろ自覚したうえで吹っ切った淫乱ちゃんだからでしょう。これが無理やりだったらさすがに萎えたと思いますが、わずか16歳にして「これぞ淫乱」と言いたくなるほど。緋織、すごい。

その超エロ天使のイメージに門地かおりさんの挿絵がとても合っていました。設定からアリエナイお話なので、これはファンタジー官能小説として読むのがよろしいかと。

でも、それだけじゃないなぁと思うのは意外と緋織が自己分析しているところ。そして、自分の欲求にいつまでもグジグジせずさっさと受け入れてしまうあたり。これを葛藤がないととるか潔いととるかでも印象は変わってくるのだと思います。私は潔いと思いました。エロ主体のファンタジーというこの作品の趣旨を考えれば、方向性がはっきりしていてよいと思います。

繰り返しますが、アリエナイ設定でのか続きなり乱れた不特定多数乱交も近親相姦もありなので、地雷がある方はよくよく確かめてからでないと危険(笑)逆に、そういうものを求めているときにはなかなか良い作品、となるのではないでしょうか。

読み手とそのタイミングを選ぶ作品だと思います。

4

決まった相手がいないBL?!

一言で言うとエロを楽しむ小説!!門地先生のイラストは素敵でした。
(ピンナップカラーが全然関係ない乱交相手の2人?(多分)の小説は始めてかもしれませんww)

近親相姦あり、複数あり、乱交ありなので苦手な方は要注意!!好きか嫌いか完全にわかれる作品です。

最後も決まった相手とラブラブな終わり方ではないので、本当にエロを楽しむ本だと思います。ただ主人公はあれで幸せなのでしょうという終わり方なので悲恋ではありません。むしろ魔性でした!!ごちそうさまでしたww






2

置いてきぼり感が否めない


両性具有の主人公が怪しげな同類に出会うことによって、アブナイ世界に一歩踏み出しちゃうおはなしです。
近親相姦に乱交、マニアックプレイもなんでもありの今までに読んだことのない部類の小説でした。

“しゅみじゃない”と評価をつけさせていただきましたが、それはわたしがエロ百パーセントの展開についていけなかっただけなので、エロ重視小説もどんとこい!な方にはぜひぜひおすすめしたいです~。
本当にそういうシーンしかないんです…BL小説というよりはむしろ官能小説に分類されるのではないでしょうか。

前半は大好きな(!)近親相姦要素が満載だったので激しく萌えたのですが、おはなしが進むにつれて主人公がだんだんと淫乱な受け様になっていってしまうのです。
両性具有なのでプレイ内容も酷く濃厚で、え、え、ちょ、それしちゃうの?え!?と思いながら読むことも多々(笑)

マニアックすぎてついていけない、という方もいらっしゃると思うので、他の方のレビューも参考にされてからのご購入をおすすめします(・ω・´*)

0

両性でなくとも

これは 普通に男でもよかったよ。
2つ合ったほうがいろいろ遊べて楽しいのかも知れませんが。
男を倍に食えるからね。
エロならなんだっていい!って進んで行くのでサラッと読めました。
吉田珠姫先生は とてもたくさんの思いのたけを入れてきました。
近親相姦・乱交・宮殿ハーレムなどなど。
淫乱受けちゃんに仕上がりまして さぞかしご満足な事でしょう。
調教している方も両性ですから 気持ちは分かりますし。
スパーンと突き抜けていて あっぱれ!!

0

も、もうお腹いっぱいッス…!

濃かったです。いろんな意味で濃かったですー!!(笑)
吉田先生の話題作「鬼畜」のあとがきで『~どこの出版社でも断られていたが、二見書房さまが太っ腹に出してくださった』『~同じようなあとがきをピジョン・ブラッドでも書きましたが…』とあり、じゃあその「ピジョン・ブラッド」はどんなすんごい作品なんだ~!?と即行ちるちるで調べ、「両性具有…!」と今まで結構無意識に避けてきたジャンルというか設定ものと知りつつも読みたさが勝ち、「ブラック・オパール」と共に購入した作品です。

設定が設定なので、受け入れ可能な方と不可!な方でがっつり分かれそうですが、
お好きな方はどっぷりハマれる世界観なのではと思います。
数ページ進むたびなんだかんだ始まり、門地先生の雰囲気あるエロティックな挿絵が
またさらにエロさを倍増させ、しかし吉田先生の魅力的な文章力のせいか世界観のせいか
もうゴチですというぐらい濃いのですが、不思議と不快にはならないというか
むしろストレートに来すぎて爽快!なぐらいで(笑)
1冊読み終わって「こ、濃かった…」と一息つくものの何か謎の達成感が生まれました(なんじゃそりゃ!)続き

父の緋織への狂気とも言える病的な執着、獣の自分を内に隠し緋織に健気に恋する兄。
この2人の狂気、そして緋織の自分の体への葛藤や性や欲望への開放というか
正直さ具合がこの作品を面白くしていて、一体緋織は家族はどうなっていくんだと
薄々予想はつきながらも次へ次へとページを進めたくなります。

ラストは堕ちていった、という印象ですが、本人達が幸せなら…というエンディングでした。サフィールの今後も気になるところです。

0

最初は萌えたけど

とにかく凄い!の一言が出てきますね。
ここまで白濁まみれな小説を読んだのは初めてだと思います!
門地かおり先生の絵もプラスされて本当にエロエロ感満載!

近親相姦好きなので購入しました。うーん…思ってたのと大分違ったかなぁ。
最初辺りの父親と兄の絡みまでは良かった、けども開花させてからの数えきれない人数の愛のない乱交っぷりがすご過ぎて私では受けきれなかった(笑)。もともと多人数が好きでなかったので余計に駄目だったかも。
主人公が妙にしたたか冷静、ずっと行為を楽しんでたのが印象的でした。

一般的なBL小説にある特定の「攻」がいないのが新鮮でした!
相思相愛が好きな方にはオススメできませんが、
超がっつりエロい小説読みたいなんて時にオススメ!

1

普通のBLではありません。

 緋織は両性具有で、父と兄の異常な執着を受けている。
 父は、「身体検査」と称し、毎日、学校から帰ってきた緋織の性を貪る。
 また、父の目を盗むようにして緋織に触れてくる兄。
 そのどちらも、緋織には手を出してくるのに「挿入」という最後の一線だけは越えてくれようとはしない。
 幼いから触られ、性的快感を覚えるようになっていた緋織は、その行為を憎みはするものの、欲情に火がついた自分の身体を持て余していた。
 そんな時、目の前に現れたのは、緋織に対して「仲間だ」と名乗る美青年・サフィール。
 彼は、緋織と同じ魔性の身体を持ち、男を引き寄せ、尚且つ、自分も楽しむ術を持ち合わせていた。
 そして、緋織は彼に導かれるまま、初めて男を迎え入れる。
 緋織は初めて得られた快感に耽溺し、男を引き寄せる魔性を開花させた。そうして男なしでいられなくなってしまった緋織は、最後の一線を越えようとしない父と兄を見捨て、サフィールと共に仲間たちが暮らすという宮殿へ赴くが……

 という話。
 個人的に、三つ巴はあまり好きではないので、敬遠して読まずにおいてあったんですが、読んでびっくり。
続き これ、三つ巴がどうこうという話ではありませんでした。

 緋織は男を引き寄せずにいられない身体をしていて、まず最初に緋織の父が犠牲になって狂い始め、緋織にあらぬ悪戯を仕掛けてくる。
 そして、兄もまた、緋織の魔力に当てられて、緋織の父よりももっと精神的な緋織に「恋」をしている状況になってしまう。
 けれど、最後の一線は越えてくれなくて、緋織は欲求不満になって。
 越えたら越えたで今度は、男なしではいられない身体に緋織はなってしまっていて、さまざまな男の人と一夜限りの関係を持つのだけれど、結局のところ緋織は自分の父と兄を憎むと同時に愛してしまっていて、最後の最後で満たされない想いを感じる……と。
 最後には、父と兄の下に緋織は帰るんですが、父と兄では満足できない緋織はクラスメイトも徐々に毒牙にかけていく……というところで終わります。

 まさに、どこかのギャルゲっぽい世界観ですよね。嫌いじゃないですけど。
 ただ、こういう設定なので、完全に好き嫌いは別れると思います。
 普通のハッピーエンドなBLを読みたい人にはまったく向かないと思いますので、お勧めしません。
 最後も、救いがあったのかなかったのかわからない状況で終わってしまいますので。

2

官能小説

父親からの病的な執着と性的なイタズラ、兄には平静を装いながらいやらしい目を向けられる、異常な環境の中で過ごす緋織。
そこに仲間と名乗る謎の美青年が現れます。

両性具有、近親相姦、乱交・・等少々過激な設定が盛り沢山。
実際読んでみてもとにかく淫語のオンパレードですwBL小説というより官能小説に近い感じ。
面白いと思ったのは、受けが翻弄される話かと思いきや、そうでもないところ。受け自身相当な淫乱です。
ぶっ飛んだ話なのに、受けの途中の葛藤など「あ~・・わかるわ~」と思わせるのは作者さんの力量でしょう。

ラストも優等生的なハッピーエンドではないかも知れませんが、好きな結末です。
それでいいんだよなぁ。本質は常識や世間体なんて超越したところにあるというか。

設定に抵抗がない、エッロエロの描写が平気、な方には是非おすすめしたい作品です。

3

近親好きにはたまらない

作者の文章力と淫猥な設定、そして私の嗜好――それら全てがカチリとはまりました。
大変面白かったです。
読み終わって本を閉じた時、興奮を抑えきれずにうひゃーーーっと叫んでしまいました。

何の気なしに手に取ったにも関わらず、こんなに楽しめるなんて、人生はステキな偶然に満ち満ちている!と思えた程。

父と兄の緋織に対する歪んだ愛情(執着心)は間然する所がない。
緋織が物心付く前から散々手を出していたくせに、いつまでも挿入だけはしないという設定も最高。理性なんてとっくの昔に崩壊しているのかと思いきや、一線は越えないなんて。
そりゃあ緋織もあんな性格になるわな。

痛いほど勃起させながらも歯を食い縛り我慢する兄の姿は哀れで不憫で、一周どころか三周ぐらい回って可愛く見えてきました。

欲を言えば、他の宝石たち(サフィール含む)の経緯を詳しく知りたかったのと、緋織はもっともっと複数の男に犯されてほしかった。

0

私は好きです!!ただし読者を選ぶ。

これは好きな人と嫌いな人がキッパリ別れそうですが…私は好きです!
もう、本当にエッチシーンが多いんですけど(っていうかほぼエロのみと言って良い)、エロ過ぎて逆にそれが問題にならない…。
私がこの作品のどこが好きかというと、無理やりエロを物語に入れてないところです。設定が設定なのでエッチシーンが多くても特に驚かない。
最近の作品で「このまま純愛のストーリーで良いのにどうしてここでエッチするの!?」「この作品にエッチシーン必要なの??」と感じることが多々あります。(この現象は作家さんの実力や、読者がエッチシーンを期待してるから必要なくても描くように作家さんが促されるなどの理由があります。)
この作品は無理にメッセージをはめ込んでない。潔い耽美だと思いました。
物語にどうしてもメッセージを求める人にとっては受け入れがたい作品になると思います。
門地さんのイラスト目当てで買いましたが、どのページもとてもきれいでした^^

1

ふたなりは好きですが

ふたなりは好きなんですけど、これはフェロモンなのかなんなのか、妄執とか偏執といった執着がメインのような?

書いている人も、イラストの人も、それはそれでノリノリでやっているんだと思うんですが、わたしの萌えとはずれていて残念。イラストでは、ここ、もしかしたら笑うところ? みたいなトンチキな絵があって脱力。

ふたなり物自体がBLの中ではキワモノ、トンチキに入ってしまうので、そういった意味では、まさにキワモノ、トンチキらしい作品かもしれません。わたしにはイマイチだったけど。

0

超ぶっとびエロス

両性具有(ふたなり)、近親相姦、乱交、が飛び交う本作品。
2作目の『ブラックオパール』を読んでから、この1作目に戻って読んだのですが、こちらは飛びぬけてエロでした!!
絵が門地さんなのがやはり効果絶大ですよね♪
ちょっとショタっぽい色気に水気多目の表現は、2作目のあっさりしたみなみ恵夢さんの絵に比べても本作にぴったり☆

ふたなりにも男性優勢タイプと女性優勢タイプがあるのですが、この主人公緋織は女性優勢タイプだと思われます。
ク○トリス発達型ペ○スで、陰のうナシ(その割に絵のイチモツは立派だったぞ!)
生物学的疑問なんですが~陰のうがないってことは表面にでてないだけで内臓型なんでしょうかね?ちゃんと、射精してらっしゃる!?
精巣は内側にあるのかな?とか・・・
ちなみに、世界の特殊ふたなりを探して回っているサフィールは陰のう有タイプのようです。

身体のことは置いておきまして、、
その体の秘密の為に籠の鳥として父に育てられた緋織が、サフィールによって「宝石」として覚醒し、本当に欲しいものを得るという、ざっとお話としてはそんな物語になっております。

散々緋織の続き体をいじくりまわすのに、燃やすだけ燃やして挿入してくれない父に不満を抱き、
散々緋織を見ていて、さわりたくてしようがないのに、父に怒られるのが怖くて緋織をだいてくれない兄。
欲しいものが与えられずに、サフィールの元を訪れる緋織は見事開花して、その本領を発揮する、超!淫乱ぶりを見せつけますので、それがこの見どころでしょう。
設定やら展開やら、陳腐でちゃんちゃらおかしいやい!なものではありますが、皆が狂っている様を見るのは快感です。
ふたなりだけに様々なプレイが見られます。
ゲップが出るほどゴチソウサマです。

たった16歳の少年にしては、緋織はしたたかでした。
その結末が小気味イイのです。
一見、一時、彼も狂ったように見えますが、一番冷静だった。
そんな彼に萌えを捧げます。

3

ここまで来ると最早。

これは…見た時あまりにも異常性愛過ぎて吐きそうになったかなぁ…。
激しいってもんじゃありません、怒涛猛烈のエロの嵐嵐嵐…!!
まぁ設定が設定なので、ぶっ飛び過ぎると引くか笑うかどちらかなんだろうと思った…。
両性具有の主人公は、父と兄に触られ弄られまくられるけど挿入なしで満足出来ず、出会った妖し過ぎる外人に手練手管に開発されまくり、ついには父と兄を捨てて外人と恐ろし過ぎるハーレムで快楽にひた走るけど全然満足出来ないようで…。
これ小説の文章9割どころじゃなく、10割全部エロです。
マシに過ごしてる部分一つもないよ!探す方が難しいってどういうことだ!;
オチを見て、「へー」と思いつつ…「主人公のバカ…;」と目の前がクラクラしましたよ。
おまっ…どんだけ回り道!!!!!!←
これはBLと言うより男性向けのカオス系になるんじゃ…ギャルゲーみたい。
門地先生の素敵カラー表紙に惹かれて中身見てショックを受けた女子何人もいるんじゃ…。古本屋転売率高そうだ…。ピンナップイラストが凄いよ。っはっははは…。兄でも兄でも外人でもなく、どうでもいい人二人…。
中村春菊先生やこうじま奈月先続き生など可愛い相思相愛BLスキな人は一生見るな!!!

ただここまでやっちゃうと神だと思うしかないので、評価は「神」で。
ただし、「ある意味で神」ですけど…。
これを発売した所がシャレードってのも衝撃的だったので、そこだけでも「神」評価です。
すげぇのが見たいと思ったら心の奥底で覚えておいて下さい…。
BLが大嫌いになるかもしれませんのでご注意を…。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ