こいつだけは譲れない!

Love or Pride

Love or Pride
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
17
評価数
5件
平均
3.4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784861341632

あらすじ

ヤクザの息子である大樹は、調査のために出向いた店で副店長相手にフェラしている男を目撃する。翌日その男・雪也と再会するが、必死な様子でその事を口止めしてくる雪也に、戯れで身体を要求した大樹。だが、雪也は意外にも初めてで、何故自分と寝たのかと聞くと、最初のオトコくらい自分で選びたいと言う。打算と純粋が入り混じる雪也に大樹は強く惹かれ……。大人になった二人の描き下ろし付き!

表題作Love or Pride

ヤクザの息子・相模大樹(高校生)
桂木雪也(高校生)

その他の収録作品

  • Pride or Kiss?

評価・レビューする

レビュー投稿数3

苦労人にして高校生、すれっからしにして純情

これは…極甘BL「ビタースイートカフェ」のスピンオフ作品、
恵さんの綺麗でコワーいお兄さんのお話です。
…って、ホントにコレ…あのフワフワ可愛いお話の系列なの?
…と驚くほどの殺伐ぶり。
殺伐というより、スレてる…そう、世間の風に…苦労がすっかり染み込んだようなお二人。
だいたいねぇ…攻様・大樹さん自体が、ヤクザ家業の跡目で親分肌、でも若干高校生。
「人生何でもアリだなんて…とっくに知ってる」男、世間の泥水、しっかり飲んます。
そして受様・雪也さんだって、高校生にして子育て真っ最中(驚)
可愛い甥っ子を育てあげるためになら、体を売ることも厭いませぬ!
主役を張るお二人共に苦労人、人生は辛い男達なんであります。まだ若いのに…。
だから大樹さんは、高校生にしてすでに心は(Hな)オヤジ思考(苦笑)
雪也さんだって負けちゃいません、打算と純情が入り混じってるすれっからしぶり。
ここまで苦労して恵さんを育てあげて、(前作で)他の男に攫われちゃうんだから、
浮かばれないわよねぇ…このお二人(同情…)
でもねぇ…前作カップルとどちらがラブラブかといえば、これ微妙。
苦労続き人兄カップルは、苦労人ゆえに早く大人になり、
高校生にしてなんかもう…嫁に行った的な生涯の伴侶ゲットしてますし~
(↑このあたり…早く老けた男にしかできない恋のタイプよね。)
対する甥っ子(前作)カップルは、大人になってもどこかフワフワ…。
店を構えても、一流パティシエとなっても、大人のくせに初々しい。
(↑周囲に見守られながら、穏やかに愛を育める…ある意味楽な恋路よねぇ。)
だから…研ぎ澄まされた絶対的な絆ってのは、苦労人カップルのほうが格段に上!
…と言いたいところだけど、リアルでこういう恋は、
(よほど気丈じゃないと)かなり辛い…と思う(苦笑)
でもでもご安心ください、スピンオフ作品の更にスピンオフ「ブラインド ラブ」では、
更なる苦労人カップルが登場いたしまする。
さて…お楽しみのアノ場面のあのセリフ↓
「あんたのオンナになっとくのもいいかと思って」事後の雪也さんの名セリフです(あっぱれ)

1

ん~・・・

あれ?思ったのと違うぞ。というのが第一印象。
ビタースート~な作品の受である、桂木恵の育ての親。
雪兄ちゃんが主役なお話。
現代を描かれるのかと思いきや、今のパートナーとの馴れ初めもろもろ。
現在はヤクザ屋さんをしているという攻の情報があったために
もう少しハードボイルドな感じを思い描いていたんですが
普通に甘いお話でした。
高校生の青春の青い一ページwwwwな印象。

出会いのきっかけが、雪がほかの男を咥えているから始まり
実は身体は清いままだったwww
けれど、だけども~な展開は萌えました。
あれよあれよで両思い。

かんべサンの作品ってわりと、サラっと読めてかわいい印象。
これぞ!って決め手があるともう少しいいなと思わなくも無い。

巻末、ビターな二人のお話の続編ありw

0

一応ヤクザものです。

『ビタースイートカフェ』のスピンオフです。
前回登場した、大樹(攻め)と雪也(受け)の出会った頃のお話です。

ロッカールームで、副店長のモノをくわえつつも、大樹の存在に気づき微笑む雪也。
大樹の通う学校へ転校生がやってきた。
雪也だった。
副店長との事を黙っている代わりに、雪也は慣れてそうだからヤらせろと言う大樹。
だが実際、大樹の愛撫に感じつつも本当は初めての事だった。
大樹もそれに気づいており、それ以来二人の関係は続く…。


大樹と雪也の高校生の姿はかなり新鮮だった。
大樹、どうみてもオヤジだ…。
最初雪也の事を、「誘い受けかぁ…(´A`)」と、私の苦手な受けだと思っていたのだが、実は初めての雪也に喜んだ私。
初々しさはないものの、色っぺぇ雪也でした。
そして、前作で主人公だった恵の子どもの頃はめちゃめちゃ可愛かった!
描き下ろしでは大人になってからの大樹と雪也、そして本田と恵も登場しますよ。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ