半熟オレンジ

Hanjuku Orange

半熟オレンジ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
19
評価数
7件
平均
3 / 5
神率
14.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
心交社
シリーズ
Chocolat comics (ショコラコミックス・心交社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784778103187

あらすじ

両親の離婚により渡米して10年。父親の墓参りのため昴は久しぶりに日本を訪れた。幼い頃引き取られて今は昴の父親の空手道場を継いだ従兄弟の隆成と顔を合わせるのも10年ぶりだったが、隆成は相変わらず融通のきかない堅物で、昴と衝突してばかり。だがある日、言い争いの末に隆成に突然キスされ―!?

表題作半熟オレンジ

隆成(空手の先生)
昴(アメリカで活躍するモデル)

評価・レビューする

レビュー投稿数3

美味しいんだけれど、追熟を希望

挿絵では拝見していたあじみね朔生さん、初読み。

キャラも雰囲気も面白かったけれど、ちょっと消化不良気味。

日本人の父とアメリカ人の母との間に生まれたモデルの昴(コウ)。
両親の離婚後渡米したが、父の死をきっかけに10年ぶりに帰国、
実家には幼くして両親を亡くして引き取られた従兄弟の隆成が、
父の空手道場を継いで、古いアパートを管理しながら暮している。

寡黙で堅物な日本男児の隆成と、美形で天然な昴。
昔から昴が好きだった隆盛と、彼にコンプレックスを感じていた昴。
強く見えて実は寂しさを抱えて小さな子どものような隆盛と、
喜怒哀楽を素直に出す昴。

久しぶりの同居生活に、ギクシャクしたり衝突したりする二人に
昴のモデル仲間の美女アンジェラや、幼なじみが絡みながら
物語は進む。

初Hは、強姦。しかも神聖なる道場で。
もう一回は、同意だけれど、やっぱり神聖な道場で(笑)

キャラも悪くないし、ストーリーも悪くし、絵も綺麗。
だけれど、なんだか微妙に物足りない感じがする読後感でした。
もう一息!って感じ。

1

隆成いい!!

攻めの隆成がモロ好みでした。
ムッツリ硬派で受け一筋。も~すごい萌えます。
しかも、年季が入っているのでなお更です。
普段言いたいことも言えなくて溜まった気持ちが、ふとしたことで一気に爆発する!(それが間違った方向に行くこともあるんですが・・・)
だんまり硬派の魅力のひとつですね(笑)。
昴は昴でモデルらしくかっこいいし(扉絵で胸にズキュンときました)。

こういう攻めは他には大和名瀬さんの「野獣で初恋」があると思うんですが、もっともっとこういう作品が読みたいです。

2

あじみね先生にハマったのがこの作品きっかけなんです

昴は、アメリカ人の母とのハーフで、超美人さんです。モデルヤッテルのさ。で、従兄弟の隆成は、幼い頃に両親を事故で亡くし昴の家に引き取られてたのね。
で、何故に合うのに躊躇があるのか。
それは、そもそも空手の道場をしていた父がいつも褒めるのは隆成。
何かしらにつけて比べられていた。とね。
結局、両親の離婚で自分は母とアメリカに移住。日本で隆成は父と~な流れで分かれたきりだった二人が再会という話です。

ぎこちない再会~⇒いろいろあって⇒両想い~な話。

とりあえずこの作品の一番私がツボな所。
それは、攻側(黒髪)が予想外に“お子様系甘えんぼ症候群男子”だったということですよ!!
変なネーミングするんじゃない!というツッコミは必要ないですが、
「寂しかった」「もぅ一人になりたくない」
っていう甘えた仕草にキュン♪

ぎこちない~と言っても、そう思っていたのは昴だけです。
隆成は小さいころから昴が好きで好きでたまらなかったわけです。
一緒に居たくて仕方なかったわけです。
木陰で寝ているまだ少年の昴にチューしちゃうくらい好きなわけです。再会して、何も言わずに唇を続き奪っちゃうくらいです。
昴に煽られて、かってに悩み、犯しちゃうくらい思いつめてるんです!
いわゆるこれはレイプじゃないの!?
いいえ!愛はあるんです!(あってもレイプはいかんよ・・・?
ただ不器用なだけなんだよ!!
そこが、誤解を生み、人間関係をギクシャクさせる原因にもなってるんだけどさww
少しぐらい感情を口に出しなさいよ!とか、
その顔でお子様ですか!?とか、色々言いたいことは色々あるわけですが、それが逆に味かな~と、最後は思いました。

だってさ、逆に、昴は感情を表にオープンな人間なのね、だから、てれたり、むくれたり、期待したりな表現が豊かなわけ。
隆成に「話がある」って言われて「お。告白か?♪」。
これは好き。
何だかんだ言っても、徐々に隆成への気持ちに気付き始めた昴は可愛い。
レイプされても嫌いになれないなんて、そういうことだろ・・みたいな。あ~もぅ可愛い(>□<)ノ
何だかんだ言っても、主導権を受が持ってるていうのはモユります。
攻めを甘やかす受・・・・いいな☆
不器用で暴走した攻の被害に合いながらも、それを寛容に受け入れてあげる昴の心意気に惚れました!

「こんな狭い部屋にお前といっしょかよ!!」なんていっていた昴が、
最後は
「なんで別々の部屋なんだよ!!」って怒ってるのが凄いいいな~と思ったり。
怒られてシュンとしてる隆成も好き

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ