欲望の犬

yokubou no inu

欲望の犬
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×25
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
95
評価数
24件
平均
4 / 5
神率
45.8%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
ラピス文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784829654576

あらすじ

地方検事の水上は、雨の中拾ってきた哲哉と獣じみたセックスをしてしまい、そのまま家に居着かれてしまう。愛されていると錯覚するほど水上を欲しがって抱くくせに、いくら躰を繋げても哲哉は素性を明かそうとしなくて、水上は自分だけが振り回されている気がしてならない。以前会ったことがあると仄めかされても、詳しくなるの躰のことばかり。偶然哲哉が人気上昇中のモデルだとわかり、水上は行きずりの関係を思い知らされて―。

表題作欲望の犬

大貫哲也,居候の男
水上護,地方検事

評価・レビューする

レビュー投稿数5

職業モデル?

まず初めに、表紙のイラストに、萌!!
なんて素敵なのでしょう、水上検事の色ぽさ、大貫のセクシーな所、
ツボにはまってしまいました。
題名の犬、本文の中で(大貫は塔屋の上にいた。そこに、犬のようにしゃがみ込んでいる。そ姿をみていると、今にも足で耳の後ろを掻いて ワン と、吠えそうだ思った。)ウーーーン。なんともカワイイ、そのイラストも、ばっちりそれに合っている。

モデル事務所の、マネージャーに反対されて、一度別れることをきめたけれど
大貫の意思でないと分かり、そして事件のときの恨みをかって、殺されそうになった時、大貫の起点で助けられ、本心と偶然でない出会いの工作がわかり、
心が通じ合って、よかった。
最後、大貫が無事、司法試験に受かり一人前になり、ハッピーエンド!!
とても気に入った作品だったので、これを書くためまた読み返しました。

0

わんこ好きにはたまりませんっ。

検事の水上は、自分の担当した被疑者が自殺未遂をおこし
自分の取調べに無理がなかったか・・・自問しながら
雨の夜、どうしようもない気分で帰宅していたところ
ずぶ濡れの“わんこ”を拾うんです。

水上は、ゲイだけども検事という仕事柄
道端で行きずりの男を拾ったりしないのに
やりきれない気持ちの晩、人肌が恋しかったのか
拾っちゃうんですよw

この年下の“わんこ”が、なんともワイルドで
ガツガツと与えられた食事と水上を喰らってしまうw
“わんこ”=哲哉は、自分のことを語らずふらっと現れては
とてつもなく激しいセックスをしてゆく・・・

最後のほうまで哲哉の正体や、目的がわからないので
ワクワクしました。
年下わんこといってもいろいろあるけど
哲哉は、拾ってきた“わんこ”はドーベルマンのような
美しく鍛えられた身体で、すごくワイルドなんですよv
とはいえ“わんこ”は、“わんこ”なので
とってもかわいいですよぅv

拾ってきた“わんこ”に依存して
“わんこ”に捨てられちゃうかも・・・って悩む水上もかわいいv
奈良千春さんの挿絵も、ぴったりで大興奮続きして読みました。

はぁーvたまらんかった。

ドラマCDだと哲哉が三宅健太さんで
あて馬の幸田が子安武人さんなんですね・・・・
うーんCDで聴いたら幸田になびく自信あり☆

1

大型の黒いドーベルマン犬登場

おやじの中原さんの、20代の男たちのお話です。
主人公が検事という固い職業なんですが、割とポジティブなゲイが欲望に溺れて、、などというお話なのでガッツリエロです。
奈良絵と併せてとても楽しめました。

検事の水上は今まで年上の男性と、しかも渇望を満たすといっても、あくまでもお上品なSEXしかしてこなかった人です。
そんな彼が雨の日拾った男に、欲情している目に誘われたといって犯られちゃうのですが、気の滅入る事件で人肌が欲しいと思っていた時だったので、思い切り乱れたSEXをしてしまうのです。
犬のように(決してワンコ・ヘタレではない)食・性・睡眠の欲に忠実に水上の元へ通ってくるのを拒めずズルズルと関係しています。
その青年・大貫は自分の事を全く語らないので信頼とか信用は今一つおけないのですが、体に魅力を感じ、初めて体験した昼間の恋人らしいデートというものに感動したり、来なければ寂しく思ったりと、完全に気にはなっているようです。
そこへ、昔のセフレの幸田が離婚して戻ってきて水上とやり直したいと言ってくる。
大貫との体だけの関係、身の上を語ってくれない不信感に、水上の心は揺れ続きるのですが、彼とのSEXの魅力は抗いがたく、どうしたいのか決められない。

体から始まり、その関係に溺れていく主人公ですが、ちゃんと、きちんと仕事はしており敏腕検事として冷静に仕事をしているところが暗さを感じさせません。
また、性に関してマイノリティであることから後ろ向きではないようなので、欲望に忠実な面が全面に出ていてエロさが際立ちます。
しかしながら、最後の最後まで大貫という青年の正体が明かされないのは読者もじれったかったですね。
モデルをバイトでやっていて、しかも大型注目新人ということで、事務所の横やりが水上に入ったりとするほどの実力なのに、いともあっさりと水上の為に辞めてしまう。
拾われたのも意図的に、実は以前から好きだったという、最後のタネ明かしまで引っ張るこのしぶとさ。
でも、この引っ張りがあるから、ただのエロ小説だでけは終わらなかった気がします。
こんな二人が検事になった将来の姿も見てみたい気も・・・

それにしても奈良さんの”地味メガネ”キャラって皆顔が似ているのですよね。

4

ワンコというか犬

ある雨の日、水上は視線を感じて見ると、傘もささず自分を見つめてくる男が。
気になって話しかけ、水上は男・大貫を部屋にあげてしまう。
もともとゲイな水上は大貫の引き締まった体に見入ってしまい、抱かれてしまう。
しかしそれから大貫は水上の家に来るように。

大貫は年下攻めだったんですが、ワンコというか犬でしたねw
よく食べるしイタズラ好きだしwでも可愛いというわけではないんですよね~
水上は今まで大人の男としか付き合ったことないので、年下で子供っぽい大貫は新鮮だったんでしょうね~
でも別に大貫を奴隷にする、というわけではありませんでした。
むしろ大貫のが迫ってる感じw

最初ほんとに大貫は謎の男でした。
職業も隠すし、てか隠してた意味はあまりなかったような…。
あと水上の元彼の幸田はちょっと可哀想でしたねwでも彼がいい人でよかったです。
エロは多め。水上の職場の資料室でのエチは人に見つからないかハラハラしましたw

ストーリーがあまりごちゃごちゃしてないので読みやすかったと思います*

1

普段真面目な人が乱れるのって凄くそそられる

さて、中身の話ですが、中身はねぇ・・・なんというか・・・・タイトルと表紙で膨らみすぎた妄想とは・・まるで違った内容でしたね。
モチロン面白かったですよ?
面白かったんですが・・・・・タイトル。。欲望?!犬!?みたいな。
若干タイトルを見直したくなるような内容でした。


ある雨の夜、珍しく心も身体も疲れ果て、家路に着こうとしていた検事の水上。彼はね、男しか愛せない身体なわけ。で、こういう疲れた日には、男に抱かれて、男の肌に癒されたい。そう思いながら雨の道を歩いていた。
そんなところに現れたのは、(現れたというより立っていた)一人の若い男。雨宿りするでもなく、雨に打たれていた。
で、フラフラあるいていると、急にその男に腕をひっぱられる。そのまま歩いていれば、車に跳ねられるところだった。軽く礼をいい、去ろうとしたものの、彼の視線が自分を追っていることに気付く。そして、ぬれた服を乾かさないかと、家に誘うわけですな。

で、ご飯をだすと、まるで犬がシッポを振るように喜び、ガツガツと食べる。んで、「欲しそうな顔をしてる」と、強引に身体を繋げる~という流れの話。
そこからは、続きたびたび家に来るようになり、何度も身体を重ね、今では、ほとんどの日をウチですごす・・・日を追うごとに溺れていく自分にも気付き始めていた。
でも、俺はアイツのことを何にも知らない。ヤツは何も言いたがらない。なんで隠すのか・・・・隠してた理由とは!?

こんな感じかな。
最後の、隠している理由を読んで、まぁ・・・納得かな~という感じなんですが、個人的に言えば、攻のことが何にも語られなさ過ぎて・・・妙に違和感というか・・。
もう少し・・・・読者にはわかってもいいような・・・むしろ、受の水上さんが「何で隠す!?」に執拗に言い過ぎて疲れたというか・・(笑

ただ、全体を通してみると、何だかんだ言っても、ホノボノなラブというか、私みたいなよこしまな妄想をいれずに読めばコレはコレでいい作品ではないかとおもうのです。
年下攻のワンコは可愛いし。最後まで可愛かったし。
あ、こうやって思い出すと良いな・:*:・(●´Д`●)・:*:・

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ