Empress of Sirius -2nd Sword-

Empress of Sirius -2nd Sword-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
シリーズ
クロスノベルス(小説・笠倉出版社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784773003369

あらすじ

幼少時から続いた、義兄・カーティスの溺愛と束縛から逃げ出し、惑星ミナヅキで特殊な兵器―ヴァンガードの戦士となっていた狼の元に、一通の訃報が届く。
その母の死の知らせに、捨てたはずの郷里・惑星ティティスに戻ると、母の墓前には二度と会わないと決めた兄の姿があった。
わだかまりを残し堅い態度を取る狼とは反対に、穏やかに装う兄の策略にはまり、囚われてしまうのだったが…。

表題作Empress of Sirius -2nd Sword-

医療班チーフ グレイ
ヴァンガード・ウォリアー 白嶺狼

評価・レビューする

レビュー投稿数1

主人公の性格が

幼少時は義兄に、士官学校に入ってからは友人のジリアンの行きすぎた束縛にあってきた白嶺狼。
それらはヴァンガードの戦士となった今は捨て去った過去のはずだった。
時が過ぎて、狼が受け取った母親の訃報。
誰にも言わずひっそりと訪れた母の墓前には義兄カーティスの姿があった。
態度を硬化させる狼に反して、穏やかに振る舞う兄を振り払い切れない狼は、気づけばその策略にはまり囚われてしまうが……

いまいち主人公である狼の性格が好きになれずのめりこめませんでした。

物語は狼が帰郷するところから始まります。
その後捕まってからはお兄ちゃんとジリアン視点で過去の回想。
そこに狼の視点が入らないのがちょっと新鮮な感じがしました。
が、そのためになんで彼が二人の行きすぎた?愛情を受け入れるでもなく耐えてしまったのかにちょっと疑問が残ったかも。
ちょっと流されすぎなんじゃないかなーと。拒めよ!!
その受け入れるでもなく拒絶するでもない狼に、歪んでいく二人の愛情?が怖かったです。

ウォリアーになって二人から離れることが出来た狼が感じるのが自由でなくて寂しさっていうのもわからなくは続きないんですが、微妙に納得がいかない。
狼はたぶん、強い子じゃないんですよね。だけど決して弱すぎないから逆に余計にややこしいことになっていく。

今の時点ではあんまり好きなタイプではないので、今後幸せになった彼がどう変わるかに期待、かな。

それにしても蔵王さんの描く黒髪キャラは美人です。
あ、そうそうイラストの幼少時の狼のショタっぷりが半端なくてほんとびっくりしました。
そりゃお兄ちゃんも犯罪に走るよ!!

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ